« 12月歌舞伎座昼の部 | トップページ | 海老蔵テレビ出演(1月) »

2005年12月27日

合掌

尾上松助さんの訃報が届いた。いなせな江戸っ子の雰囲気をもった役者さんだった。緑也時代から初代辰之助と一緒に舞台に立つことが多かったので、歌舞伎を見始めてから割と早くに名前と顔を覚えた役者さんの一人だった。と過去形で書くのが悲しい。

先月の児雷也の舞台が最後。マイクを使っていたとはいえその口跡の良さは元気なときとさほど変わらなかったが、病み細った姿が痛々しかった。恐らく、その時点でご自分では覚悟されていたのだろうと思う。舞台を見ていて、そんな気がした。お弟子さんの徳松さんの名題昇進披露の舞台に華を添え、劇団の方々や観客のみなさんにお別れしているんだなって。

心からのご冥福をお祈りします。「音羽屋!!」

|

« 12月歌舞伎座昼の部 | トップページ | 海老蔵テレビ出演(1月) »

「つぶやき」カテゴリの記事

「歌舞伎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21013/7860893

この記事へのトラックバック一覧です: 合掌:

« 12月歌舞伎座昼の部 | トップページ | 海老蔵テレビ出演(1月) »