« 海老蔵スタジオパークに出演 | トップページ | 海老蔵インタビュー記事 »

2005年12月13日

停電騒ぎ

今夜10時半頃、ボン!ボン!プシュ~~と音がしたと思ったら、PC、エアコン、TVがいきなり消えて部屋が真っ暗になった。「停電?」と窓の外を見たら近所の家は電気がついている。ってことはブレーカーが落ちたんだと思って下に下りていったら、な、なんと居間の電気はついているし、親はなにごともない様子でTVを見ていた。ひょえぇ~~ポルターガイストかい?!

んなワケはない。ブレーカーを確認したら全部スイッチは上がっている。なんなんだ?今まで2階だけ停電という経験はない。とにかく東京電力に問い合わせるしかないと電話をしようとしたがつながらない。親機が使えないなんちゃらかんちゃらという表示(涙)。親機は2階にあるので使えないらしい。どぉ~すんだよぉ~と一瞬うろたえたが、そうだ携帯があるじゃないかと懐中電灯を持って2階に引き返す。

カスターマーセンターに問い合わせたら、一旦全部ブレーカーのスイッチを切って再度入れ直すようにという指示。やってみたが復旧しない。えぇ~どないしょ。と思ったら、これから係の人が家に来て見てくれるという。まさしく闇夜に提灯だ。ほどなく係の人がやってきて原因を調べてくれた。ブレーカーに使用されていたヒューズの劣化とのこと。今はこういうタイプのものはほとんど使われていないそうだ。古いボロ家の宿命か。そんなこんなで、まもなく修理完了で一件落着。

本日の教訓。停電になったら子機は使えない。一人に一個の懐中電灯。

もし、仕事中だったら髪振り乱しのパニクリ状態だったろうなぁ。仕事してなくて良かった。と半分負け惜しみ...

|

« 海老蔵スタジオパークに出演 | トップページ | 海老蔵インタビュー記事 »

「つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21013/7593876

この記事へのトラックバック一覧です: 停電騒ぎ:

« 海老蔵スタジオパークに出演 | トップページ | 海老蔵インタビュー記事 »