« 残り物に福あり? | トップページ | 5月演舞場大歌舞伎 »

2006年1月23日

第3回浪花花形歌舞伎

すでに松竹座にポスターが張られているらしいし、愛之助の公式サイトにも発表されているが、第3回浪花花形歌舞伎(4月4日~4月11日)の公演のちらしが松竹のサイトにアップされていた。第一部の伊勢音頭、第二部の土屋主税、お染の五役までは、それぞれに配役が書かれているが、第三部の大塩平八郎は新作とのことで、大塩平八郎以外はまだ役名が書かれていない。ということは、まだ書いている最中ってことなのでしょう。(それともこれから書くのかな?)

藤十郎が、口上や襲名のインタビュー記事などで、江戸歌舞伎と上方歌舞伎の両方が栄えてこそ、歌舞伎の発展につながると語っているが、浪花花形歌舞伎が1週間の興行というのはちとさみしい。もう少し長い期間公演が打てるようになることを願ってやまない。

|

« 残り物に福あり? | トップページ | 5月演舞場大歌舞伎 »

「歌舞伎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21013/8299640

この記事へのトラックバック一覧です: 第3回浪花花形歌舞伎:

« 残り物に福あり? | トップページ | 5月演舞場大歌舞伎 »