« 新春浅草歌舞伎 第2部 | トップページ | 水浅葱 »

2006年1月14日

寄り道

p1010117 浅草公会堂に行く前に浅草寺にお参りをした後、本堂の裏にある九代目團十郎の権五郎に会ってきた。はとバスなど観光バスが止まっている駐車場の先に銅像がある。後ろはマンションで周りの景色がちょっとさみしい~。私は、なぜか、この権五郎の出立ちが妙に好きである。誰が考えたか知らないが(二代目團十郎?)、江戸時代にあの意匠を考えたのはスゴイとしか言いようがない。私が知らないだけで、もしかしたら江戸時代のデザイン力ってかなりレベルが高いのかも知れない。

一昨年の5月の襲名披露公演で海老蔵の権五郎が大太刀をかかえて「やっとことちゃ、うんとこな」の掛け声と共に六方で花道を引っ込んでいく姿に言葉では言い表せないとてつもないエネルギーを感じ圧倒された。それ以来、海老蔵と権五郎が大のお気に入り。

今回は、時間がなかったので、雷門→仲見世→浅草寺とお定まりのコースしか歩かなかったが、浅草槐の会のサイトに歌舞伎縁の場所を巡るお散歩コースが紹介されているので、もう少し暖かくなったら歩いてみようかな。

|

« 新春浅草歌舞伎 第2部 | トップページ | 水浅葱 »

「つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21013/8159601

この記事へのトラックバック一覧です: 寄り道:

« 新春浅草歌舞伎 第2部 | トップページ | 水浅葱 »