« 出雲阿国座 | トップページ | 初午祭 »

2006年2月11日

2月歌舞伎座夜の部

やっと、今日がわたしの観劇初日。仕事がオセオセ状態だけど、美容院にも行きたいし気分転換もしたいしと思い切って一日お休み。美容院の後に時間があったら表参道ヒルズを見てこようと思っていたら、なんと、グランドオープンは明日とのこと。残念。アンデルセンでお弁当用のサンドイッチを買って銀座へ向かった。

今月はお誕生日月なので、席は、お気に入りの16列(中央寄り)を奮発。

『梶原平三誉石切』

この演目のお目当ては、俣野五郎の愛之助。原形をとどめないほどの赤面ぶりに、一瞬およよよよ...。でも、思いっきりの敵役ぶりで、舞台では大きく見えてなかな良かった。筋書のインタビューの中で幸四郎が、この話の「本当の主役は六郎太夫と梢だと思う」と語っているが、歌六と芝雀の二人がなんとも良い味を出している。まだそんな年でもないのに老役は気の毒だが、歌六の老役はいつも本当に安心して見ていられる。梢が戻ってきて懸命に父親の命乞いをする場面で、思わず見ているこちらも、「そこに並んでいる人達なんとかしなさいよ」と言いたくなるほど梢の言葉にいたく共感した。上手と下手に多く目がいった演目だった。

『京鹿子娘二人道成寺』

今日一番というか、今月一番のお目当て。噂に違わず、舞台の二人に目が釘付け。踊りのときはいつも退屈してしまうことが多いのだが、1時間強の時間があっと言う間。踊りを見ながら、もう一度見に来たいと思った。どうやりくりしても、楽日近くにしか時間がとれない。でも、なんとかしたい。帰りの電車の中でふと思ったのだが、二人が、別々に踊る場面、一人が踊っているところにもう一人が登場するタイミング、二人がシンクロするところなど、踊りの構成がなんとなくバレエっぽい感じがした。

本日の舞づくし担当:亀蔵

『人情噺小判一両』

この話のテーマというか言いたいことは分かるような気はするけれど、面白いか?と聞かれたら首をかしげるしかない。好きかどうかと聞かれたら首を振ることになるだろう。この話を落語でやるとどうなるのかは聞いてみたいとは思う。

と今日を振り返ってみれば、頭の外(髪の毛)も中もリフレッシュ。明日からまたがんばれそうだ。

|

« 出雲阿国座 | トップページ | 初午祭 »

「歌舞伎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21013/8600596

この記事へのトラックバック一覧です: 2月歌舞伎座夜の部:

« 出雲阿国座 | トップページ | 初午祭 »