« 5月歌舞伎座團菊祭(昼の部) | トップページ | どひゃぁ~ »

2006年5月 6日

5月演舞場 夜の部

5月は、歌舞伎座と演舞場をどういう順番で見ようか散々迷った。結局、歌舞伎座の方が気になるので先になったが、5日の演舞場の夜の部は、仕事のスケジュールがどうであれ、お休みするつもりで一番最初にチケットを押さえておいた。

『石川五右衛門』

石川五右衛門と秀吉が幼なじみという設定はおもしろいものの、此下藤吉役が染五郎なので、いくらなんでも二人並ぶと幼なじみには見えないので二人で昔話に花をさかせる場面がちょっと退屈に感じた。葛籠抜けと大詰めの南禅寺山門は、歌舞伎らしく華やか。思わず「播磨屋!!」と声を掛けたくなるくらい素敵。やっぱり、吉右衛門はこういうお役がいいなぁ。染五郎は前半の衣装よりも浅葱色の巡礼姿の方が断然似合う。

ちょうど一年前のGWに入る4月末に南禅寺の三門(山門)に登った。桜の花はすでに散っていたけれど三門から見る新緑がとても美しい。まさに、「絶景かな 絶景かな」。実は、子供の頃、五右衛門は、てっきり「でっけぇかな、でっけぇかな」と言っているのだと思っていた。三門に猿之助さんが石川五右衛門に扮して三門(本物の)に座っている写真が飾ってあった。実際にやったらすっごく気持ちよかったことでしょうね。

南禅寺の翌日、知恩院に行ったらGW中は三門を公開しているというので、これまた幸いと登った。お寺自体が良い場所に建っていることもあるが三門に登るとより一層気持ちが良いもの。

『京鹿子娘道成寺』

所化は、出演者のお子ちゃま達が勢揃い。隼人くんがぐぅ~~んと背が伸びたのにびっくり。先頭の種太郎くんとあまり変わらない。座っている姿もなかなか凛々しい。若武者姿がよく似合いそうだ。うぅ~んと大人になって敵役やったらすっごくいいんじゃないかと、おばちゃんは思いましたよ。みんなお行儀よく座っていたし踊りも一生懸命で、これからがホント楽しみ。

肝心の踊りは、なんだか集中できなくて、あっちこっちよそ見してしまった。くねくねした感じがあまり好きではないかもしれない。長唄&囃子方さんもいつもよりちょっとまとまっていないような気がした。(自分が集中できなかったせいかもしれないが...)

『松竹梅』

お土砂をかけられると、みんなぐにゃぐにゃになる。舞台の人達はみなぐにゃぐにゃ。本物のツケ打ちさんもぐにゃぐにゃになったらとちょっと期待をしていたのだが、残念!! ツケ打ちさん役の役者さんが勢いあまって後ろの柱に頭を打っていたようだったけれど大丈夫だったのかな?吉右衛門さん楽しそうにやっていたけれど、やっぱり紅屋さんには見えないかな。丁稚役の廣松くん、吉右衛門さんがギャグを言ったり、お七の真似をしているところをちょっと醒めたような目で見ているのがおかしくも可愛らしい。愛嬌があって、なかなかよい味出していた。吉右衛門さんと同じ台詞と動作をしていたところは、もしかしたら、廣松くんの方が思いっきりが良い分面白かったかも?

後半のお七の人形振り。お七、人形遣い、義太夫3人&三味線3人の一体感ある舞台は迫力があって面白かった。人形振りで踊るお七役の亀治郎も大変だろうが、あの人形遣いさん達も相当な重労働にちがいない。昨日、人形の後ろに居たのは又之助さんと段之さんかな。

|

« 5月歌舞伎座團菊祭(昼の部) | トップページ | どひゃぁ~ »

「歌舞伎」カテゴリの記事

コメント

kirigirisuさま

お久しぶりです、スキップです。同じ日に演舞場にいたようです。
あのツケ打ちさんってやっぱり頭打ってたんですよねぇ。
「え?」と思っていたのでこちらを読んでスッキリしました(笑)。
吉右衛門さんの五右衛門、ステキでしたね~。

投稿: スキップ | 2006年5月 7日 01:17

スキップさん、こんにちは。
5日の演舞場、ご一緒だったんですね。(^^)
たぶん演技ではなくて、勢い余って後ろの柱に頭をゴッツンしていたようです。
見ていて痛そうな感じでしたね。(^^;

>『つづらしょったがおかしいかぁ~ ばぁあかめ~』
「はりまやっ!!」 
って、声かけたくなっちゃいました。ホント素敵でしたぁ。

最後の櫓のお七は、技術的なことはよく分かりませんけれど、お七の必死の気持ちがひしひしと伝わってくるようでした。この日も見終わってスッキリした気分でした。(^^) あと、演舞場の昼の部が残っていますが、5月はどれも大満足。

投稿: kirigirisu | 2006年5月 7日 13:06

こんにちは。

>丁稚役の廣松くん、吉右衛門さんがギャグを言ったり、お七の真似をしているところをちょっと醒めたような目で見ているのがおかしくも可愛らしい。

私も丁稚の廣松くんの目線が面白くて仕方ありません(笑)。
こちらが「えぇ~っ」と思うのと同じタイミングで「チロリ」と冷たい目線を送っていたり、苦笑を漏らしたり(^^;、最高でした。

投稿: asari | 2006年5月 8日 21:42

廣松くんの表情が可愛いんですよね。(^^) おおらかで明るい感じがお芝居の雰囲気にぴったり。

投稿: kirigirisu | 2006年5月 8日 23:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21013/9917996

この記事へのトラックバック一覧です: 5月演舞場 夜の部:

» つづら背負ったがおかしいかぁ [地獄ごくらくdiary]
実は「石川五右衛門」を歌舞伎で観るのは初めて。 五右衛門といえば『絶景かな 絶景かな~』だと思っていたのですが、この決めゼリフにヤられた訳です。『つづらしょったがおかしいかぁ~ ばぁあかめ~』 新橋演舞場 五月大歌舞伎 5月5日 夜の部観劇 #63875; 増補双..... [続きを読む]

受信: 2006年5月 7日 01:12

« 5月歌舞伎座團菊祭(昼の部) | トップページ | どひゃぁ~ »