« 「出口のない海」の主題歌 | トップページ | ロンドン公演の評判 »

2006年6月 1日

一心具足千人力

昨日の日経の夕刊に、明日初日の6月歌舞伎座で『荒川の佐吉』を演じる仁左衛門さんの記事が掲載されていた。心に残る佐吉の言葉は、「一心具足千人力」。自らを頼めば自分を救う力が生まれという意味だそうだ。まだ、見に行く日は決めていないが、『荒川の佐吉』は、初めて見るので楽しみにしている。しかし、愛之助さんが兄貴分で、染五郎さんが親友...。歌舞伎の配役の妙って半端じゃないのがすごいといつも思う。

|

« 「出口のない海」の主題歌 | トップページ | ロンドン公演の評判 »

「歌舞伎」カテゴリの記事

コメント

kirigirisuさん、こんにちは。

「え~~っと・・・、お二人がご夫婦ですか??」と配役を見た時点で思うことが歌舞伎には多々あります。
kirigirisuさんに教えていただいたおかげで、仁左衛門佐吉が愛之助清五郎を「兄貴~~。」って呼んでいる場面を勝手に作ってニマニマしてしまいました。・・・・危ない人です・・・(笑)。

投稿: rika | 2006年6月 1日 17:49

>仁左衛門佐吉が愛之助清五郎を「兄貴~~。」って呼んでいる場面
どひゃぁ~ そんな場面あるのかなぁ。ドキドキ。やっぱり、早く見に行こうかな。

恋人同士や夫婦は意外と見れちゃうんですけれど、男同士の逆転って、見た目にきびしいこともありますよね。(^^;

投稿: kirigirisu | 2006年6月 1日 18:34

一昨日見てきましたが、愛之助さんの清五郎と佐吉がからむ場面は残念ながらなかったみたいです。
愛之助さんの清五郎はなかなか苦みばしったいい男でした。
仁左衛門さんの佐吉は最初にヤクザにからまれている親子を助けたすえにボカボカやられてしまうところだけは、
三下にしては老けているなと感じましたが^^;、あとはどんどん親分ぽくなってくることもあって、
まわりの染五郎さんたちとの見た目の年の差というものは感じませんでした。
なんといっても仁左衛門さんの荒川の佐吉は当代一、今月の一押しです。おもいっきり泣けますよ~!(*^^)v

投稿: yuki | 2006年6月 9日 16:45

yukiさん、ありがとうございます。
いつもよりも1場多いということなのでちょっと期待してしまいました。(^^)

>仁左衛門さんの荒川の佐吉は当代一、今月の一押しです。
うわぁ~ できれば、2回見たいので、やっぱり早く行かなくっちゃですね。
幕が開く前にハンカチを忘れずに出しておかなくては。

投稿: kirigirisu | 2006年6月 9日 23:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21013/10345886

この記事へのトラックバック一覧です: 一心具足千人力:

« 「出口のない海」の主題歌 | トップページ | ロンドン公演の評判 »