« 国姓爺合戦@国立劇場 | トップページ | ありゃ、こんだけ? »

2006年6月11日

犬づくし

8月納涼歌舞伎の『丸橋忠弥』について、咲十郎さんがブログに「蘭平物狂に次いで立ち廻りがメインで、芯の役者さんが蘭平物狂よりも格段に大変」と書かれている。わぁ~い!! 立ち廻り好きとしては、8月の楽しみがまた一つ増えた。早速、「新版歌舞伎手帖」(あんちょことして重宝)を確認。このお芝居にも犬が登場するようだ。初代左団次のときに犬の役をつとめた市川高助が夜中に犬の鳴き声の練習をしていたら犬がたくさん集まってきたという逸話もあったらしい。

2部の駕屋にも犬(子犬)が登場。3部は八犬伝。もしかしたら、犬づくし?座頭の三津五郎さんって戌年?と思って調べてみたら違う。なんでだろぉ~なんでだろぉ~♪(もう古い?)  

よぉ~~く考えたら今年は戌年でしたね。って、もっと早く気づけよっていう感じですが...(^^;(最近は曜日もアヤシクなっている...) 

ちなみに、三津五郎さんって申年なんですよね?!

|

« 国姓爺合戦@国立劇場 | トップページ | ありゃ、こんだけ? »

「歌舞伎」カテゴリの記事

コメント

咲十郎さんのブログみました。燃えてますね~!
>蘭平物狂に次いで立ち廻りがメイン
私も立ち回り大好きです!芯が大変・・・橋之助さんですか?
あまり拝見する機会がないので、立ち回りのイメージが湧かないのですが。(笑)
8月納涼観たいっ!!・・・でもたぶん・・・。
犬づくしですか。
どうも干支って年末年始だけ騒がれて、あとは知らん顔されますから、
夏にまた干支もの出してくれるのも、いいですよね。

投稿: 恵美 | 2006年6月11日 23:53

芯は橋之助さんですねぇ。運動神経良さそうですから大丈夫じゃないでしょうか?

>8月納涼観たいっ!!・・・でもたぶん・・・。
たぶん、観る?(笑)三津五郎さんのところは、三津之助さん、八大さん、大和さんと立ち廻りには欠かせない方々が揃っているし、劇団系の若い役者さん達がここぞとばかりに暴れまくるのではないでしょうか。

投稿: kirigirisu | 2006年6月12日 01:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21013/10478255

この記事へのトラックバック一覧です: 犬づくし:

« 国姓爺合戦@国立劇場 | トップページ | ありゃ、こんだけ? »