« 嬉しい誤算 | トップページ | 犬づくし »

2006年6月10日

国姓爺合戦@国立劇場

昨日、社会人のための歌舞伎鑑賞教室に行ってきました。社会人バージョンは初めて。いつも配布される学生さん用のカラフルな漫画付きのパンフレットとは違って、新書版くらいの大きさで、あらすじに加えて上演台本つき。歌舞伎用語の説明もあって、これはいいですね。これからは社会人バージョンにしようかな。

客席はほぼ満席。団体さんもいくつか入っていて、聞くともなしに聞こえてきた話によると、そのグループは去年も来ているようでした。

最初は、亀三郎さんによる「歌舞伎のみかた」。おきまりの舞台の説明の後、附け打ちのについて、立役と女形の走り方で音の違いを説明。亀三郎さんの女形の熱演に拍手と思わず笑い声が...。わたしもちょっと笑っちゃいました。ゴメンナサイ。

その後、上演される国姓爺合戦の登場人物の相関図を使って粗筋を紹介。その大きなボードを片付けているなぁと見ていたら、左右から扉を閉めるように折りたたむと、あらまぁ、竹林の背景のできあがり。その影から虎さんが登場。虎との立ち回りを披露して今回上演されない前段を簡単に説明。なかなか愛嬌のある虎さん。どなたが入っているのでしょうか?

20分の休憩をはさんで、『国姓爺合戦』の上演

『国姓爺合戦』を見るのは今回が初めて。以前に読んだ鄭成功(和藤内)を主人公に書かれた「怒濤のごとく」(白石一郎著)とは、いささか違うようだ。

第一幕の「楼門」では、お目当ての信二郎さんが登場しないこともあって、途中でちょっと意識を失いそうになってしまった。この日2回目ということもあってか、みなさんお疲れ気味なのか全体的にちょっと散漫な感じがした。(わたしもお疲れ気味なのでそう感じたのかもしれないが...。)

第二幕で甘輝登場。お髭の信二郎さんも素敵。でもやっぱりちょっと元気がなさげ。母渚が再び登場して舞台に活気が戻ったようで、わたしの目もパッチリ。縄に縛られ体の自由がきかないにもかかわらず、身を挺して錦祥女をかばう母の姿にホロリ。

中国が舞台ということで衣装もそれらしい感じにしてある。錦祥女の命をかけての説得に甘輝が和藤内に見方することを約束し、衣装を改めさせて登場するのだが、和藤内(国姓爺)の隈取りにあの衣装はないだろうと思うのだが...。色といい模様といい明の大将軍にしてはなんだか間が抜けて見えるのだが...。そう思うのはわたしだけ?甘輝の方も公演のちらしにあるようにラーメンのどんぶりのような衣装ではあるけれど冠やひげなどで全体的には調和が取れているので、甘輝の方が見栄えが良い。

松緑の見得や六方が良く、お祖父さんを彷彿させるようなところもあっただけに、最後の衣装でしまらないのはなんだか残念な気がした。

座席:2階1列下手寄り

|

« 嬉しい誤算 | トップページ | 犬づくし »

「歌舞伎」カテゴリの記事

コメント

>kirigirisuさん、こんにちは。
>新書版くらいの大きさで、あらすじに加えて上演台本つき。
関西の歌舞伎鑑賞教室(巡業)のプログラムは、
横はA4で縦はA4の3分の2、正方形に近い大きさで、
マンガも台本もついていました。
台本付きは嬉しいですね。評論よりも台本!普通の筋書きにも欲しいです。
>ラーメンのどんぶりのような衣装
(笑)確かに、ラーメンどんぶりです。
亀三郎さんの女形も、きっと男拵えだから笑えちゃうのよね。
衣裳は大切です。

投稿: 恵美 | 2006年6月10日 22:38

一緒だったのですねー。

私も台本好きです。
後で読みながら舞台を思い出すと、何度も自分内アンコールができますよね。文字で読むと、トンでもない勘違いをしていたことに気付いたりもしますし(^^;。

松緑さんの衣装は私はあまり気になりませんでしたねぇ。
…信二郎さんに夢中で、目に入っていなかったのかもしれませんが。。

投稿: asari | 2006年6月11日 00:22

こんにちわ!
社会人バージョンってそんなにいいモノついてるんですか~!
こんど行くのですが、それは子供向けの日は売っていないのでしょうか?ちょっと遅刻する予定ですが、もしよかったらタイムテーブル教えてくださいm(__)m

投稿: 夕凪 | 2006年6月11日 12:17

#恵美さん

>横はA4で縦はA4の3分の2、正方形に近い大きさで、
国立の学生さん用もそのくらいの大きさです。

歌舞伎の衣装(着物)の柄や色はかなり大胆というか「ありえなぁ~い」というのもありますが、衣装として見ればバッチリ決まるものが多いですよね。

投稿: kirigirisu | 2006年6月11日 14:03

#asariさん
金曜日は、ご一緒だったようです。(^^)
薄い小冊子でしたので、最初台本が入っているとは気が付きませんでした。
1時間半の舞台の台本が約20頁というのにビックリでした。

投稿: kirigirisu | 2006年6月11日 14:10

#夕凪さん
パンフレットは無料で、劇場の入り口で配布されます。
販売されているかどうかは未確認ですが、パンフレットには非売品とも書かれていないし、
値段も書いてないので、劇場の方にコソッと聞いてみると良いかもしれません。(^^)

タイムテーブルは↓です。
http://www.ntj.jac.go.jp/updata/861_t.pdf

投稿: kirigirisu | 2006年6月11日 14:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21013/10458154

この記事へのトラックバック一覧です: 国姓爺合戦@国立劇場:

» 国立いくべー [たまてぼっくす]
みなさんのレビューを見て、6月歌舞伎鑑賞教室を見に行くことにした。 演目   解説「歌舞伎のみかた」、国性爺合戦(こくせんやかっせん) 出演:中村芝雀/尾上松緑/中村信二郎/他 最近、松緑は注目!って感じだし、安いし短いし〜 ところで、チケットの有無を調べに色々国立のサイトをいじってたんだけど、なんか分かり辛いよ! あと、eプラスで売り切れてても国立劇場に電話したら、別枠だからまだあるそうです。 教室ってはじめてなのでちょっとどきどき(?) 写真は国立劇場のサイトの... [続きを読む]

受信: 2006年6月15日 12:00

« 嬉しい誤算 | トップページ | 犬づくし »