« 鈍いヤツ | トップページ | 納涼歌舞伎の出演者 »

2006年7月 8日

7月歌舞伎座昼夜

本日は、歌舞伎座の初日でした。泉鏡花ばっかりと最初はかなりぶーたれてましたけれど、海老蔵さんが「海神別荘」と「天守物語」に出演するのでいそいそと初日行ってきました。仕事柄前もって確定した予定を入れにくいので、最悪「天守物語」からは見ることができる夜の部だけは確保していました。昨日の午後に海神別荘からならば見られそうな気配になったので昼の部のチケットをゲットしようとWeb松竹をのぞいたのですが、チケットの戻りが全然出ずにあせってしまいました。が、なんとか確保。

1時ちょっと過ぎに地下鉄の出口から出てチケット発券機に向かって歩いていたときに、歌舞伎座の出入口からちょうど團十郎さんが出てくるのと遭遇。そして、夜の部の休憩時間のときに携帯の留守電を確認するために出入口の側にいたら、またもや團十郎さんが外から入ってくるのに遭遇。ラッキー(^^)v 

ということで、海神別荘+夜の部のいつもながらの簡単な感想

『海神別荘』

日生劇場のは見ていないので今回が初見。海老蔵さんの公子は、以前写真で見た衣装とほぼ同じだと思われます。体にぴったりとした全身黒ずくめの衣装にマント。マントは途中で戦闘用の裾に金色の模様の入った黒と最後に美女とおそろいの白に変わります。わたしは黒のが一番好きかな。公子様の声は光の君系でちょっと高め。最初の頃は、初日で緊張しているせいもあるのか上ずり気味で台詞が少しすべっているような感じがして、あらららら大丈夫かしらと思うところもありましたけれど、美女がやってきて二人のやり取りくらいからは声のトーンも落ち着いてきたようです。この辺から話に引きずり込まれていきました。

わたし自身海が好きで、素潜りしているときに(昔ダイバー今大婆(^^;)、エラ呼吸ができたらさぞかし楽しいだろうと何度思ったことか。海の世界のお話は楽しいし共感できるところも多い。もう1~2回、できれば次は1階で見たいと思っていますが、チケットが取れるかどうか...。頑張ろう!

ハープの音色が美しく海の世界を表現するのに効果的でしたが、演奏者がタキシード姿でしたのでそこだけ少し別の空間になっていたので、できれば衣装を着ていただいた方がより舞台の統一感がでたのではないでしょうか。

最近、あまりおかしくない場面なのに笑う方が増えてきたように思いますが、今日も公子様の椅子が出てきたときに笑い声が聞こえたのはちょっと???でした。

席:3F2列目中央より

『山吹』 これは原作読んでパスするつもりでいたのですが、歌六さんが人形遣いをどう演じられるのか興味があって見ることにしました。さすが歌六さんとは思いましたが、やはりわたし好みの話ではないので、一回見たらいいかなという感じです。

『天守物語』

富姫の台詞の中に夜叉ケ池の雪姫がでてくるので、続けて見たら面白いのかもしれませんね。図書之助も若さを出すためか光の君系のやや高めの声。声がもうちょっと低くてもピュアさを表すことができるのではないかなぁと思うのですが、どうなんでしょうか。これは単にわたしが低めの声が好きなだけなんですが...。富姫と亀姫のくったくなく交わされる会話の妙は、なかなかでしたが、亀姫さま、もうちょっと頑張れ!というところでしょうか。

玉三郎さんの天守物語のために新調したという「御簾の薬玉」の打掛は、濃い紫と金糸に薬玉の模様が映えてとても綺麗でした。

三本続けて見ると、作者が同じなので台詞まわしが似ているので、三本目くらいになると、「あなた」「...ねぇ」などが少し耳に残る感じがしました。

席:1F16列目下手寄り

ところで、今月は大向こうの会の方々には声を掛けないようにというお達しが出ていたそうですが、『海神別荘』では、2回ほど同じ声で「大和屋」がかかりました。たしかに掛け声が合うお芝居だとは思いませんが、かかっても悪くはないタイミングと声だったと思いました。天守物語でも、何人かの声がしましたが、あまり目立たなかったように思います。

|

« 鈍いヤツ | トップページ | 納涼歌舞伎の出演者 »

「歌舞伎」カテゴリの記事

コメント

初日からご見物とは、うらやましい限りです。
私は新作系を初日から観るほど度胸(笑)がありませんが、
某板では夥しいBKN(♪笑)感想。ど~して自分が選んで観に行って(そんな自分を)徹底否定できちゃうのか?不思議ですよん。
でも大丈夫!世論は世論です。私はとっても楽しみにしています♪
kirigirisuさんのこっそり情報♪もワクワクのタネです。
ありがとうございました!!

投稿: 恵美 | 2006年7月 8日 11:54

新作系でも初日に見に行かれるのは、それはきっと愛があるからでしょう(笑)。「○○さんちの坊や、だいじょうぶかしらねぇ。こうしてても落ち着かないから、ちょっと様子を見てこようかしら」という近所のおばさんモードでございます。(^^; 


投稿: kirigirisu | 2006年7月 8日 13:38

はじめておじゃま致します。かいちょと申します。
團さまとの遭遇、うらやましい。 「歌舞伎を沢山みている人には、歌舞伎の神様からの御褒美があるのよ」と言う友人がおります。 これは、その御褒美ですね。しかも2度も。いいなあ。
わたしも、笑いどころでないところの笑い声は気になりました。うーん。いいと思ったら拍手をし、面白いと思ったら笑っていいと思うけれども・・・ ソコおかしいのかしら?と何回か思いました。
あの天守物語の打ち掛けは、新調なさったのですね。
大向こうは、あまりかかりませんでしたな。今月に限ってはムリにいれなくてもいいかなという気がしました。(あってはいけないということえはありませんが)
もう、ひとつひとつに そうそうと反応したくなっちゃいます。またお邪魔させていただきます。

投稿: かいちょ | 2006年7月 9日 01:29

かいちょさま、こちらへのコメントありがとうございました。
公子様のまるで体の一部のようなマントの動きの美しさにホレボレしながら見ておりました。

こちらこそ、どうぞよろしくお願いします。

投稿: kirigirisu | 2006年7月 9日 11:10

團十郎さんと二度も遭遇とはうらやましい。寿命が伸びますね♪
土曜日の夜の部に行ってきました。
大向こうさんには掛け声なしのお達しでしたか。泉鏡花の世界なので、なんとなくわかります。
でも最後に「ご両人!」って声がかかってて、それはちょっと違うだろうと思いました。私も変に笑いが起こるのが微妙でした。原作を読んでない人だとわりと笑うのかも。(別に読む必要はないですけど)

投稿: urasimaru | 2006年7月 9日 12:05

「わ~い團十郎さん」だと認識する前にあの大きな目が一番最初に目に留りました。あの目で睨んでいただければ邪気などどこかに飛んでいきそうですね。(^^)とてもお元気そうでした。

笑いのツボは人それぞれなのでしょうけれどねぇ...。ちょっと気になりました。

投稿: kirigirisu | 2006年7月 9日 15:26

こんにちわ。早々にご覧になられたのですね♪
亀姫様がんばれ~、ですか(^^;;前が菊之助さんですからね~、プレッシャーかもしれませんね、そういうわたしも心のそこで春猿さんにプレッシャーかけてるお客の一人?大期待していきますよ(笑)
「ヘンな笑いどころ」ですが、わたしも東京へ行くたびに違和感を感じていて、「東京の人って笑いのツボが違うのかしら?」と思ってましたが、kirigirisuさんもそうお感じになる、としたら、土地柄のせいではなさそうですね。なんなんでしょうね??(-_-
團十郎さんに2度もお会いできたなんてステキですね。ほんと手をあわせて拝みたいくらいです。

投稿: 夕凪 | 2006年7月 9日 18:32

天守物語も今回初めて見たので、前回の方々と比べるというよりも、初日ということもあってか亀姫様はちょっと硬い感じがしました。なんていうか...人間離れしきっていないという感じでしょうか(^^; もう少し日が経てば感じも変わってくるのではないかと思います。

「ヘンな笑いどころ」...ホントなんなんでしょうね?

投稿: kirigirisu | 2006年7月 9日 20:12

>kirigirisuさま
初日昼夜とはうらやましい。初日大好きです。期待感と緊張感がいいですね。
笑いのツボの不可思議?
お江戸独特の役者さんとご贔屓さんのインティメイトな関係かなと思っています。

投稿: とみ | 2006年7月14日 17:47

>お江戸独特の役者さんとご贔屓さんのインティメイトな関係
う~~ん、どうなんでしょうねぇ。歌舞伎座だけでなく地方の劇場でも「ここで笑うか?」と感じたこともありますので、時代的なものなのかなという気もします。「勧進帳」でもかなり緊迫したところなのに笑う方がいてびっくりしたことがあります。

投稿: kirigirisu | 2006年7月14日 20:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21013/10839352

この記事へのトラックバック一覧です: 7月歌舞伎座昼夜:

» 恋には我身の生命も要らぬ(白雪) [風知草]
7月9日(日),七月大歌舞伎(in歌舞伎座)を昼夜通しで拝見したので少しずつまと [続きを読む]

受信: 2006年7月13日 20:37

« 鈍いヤツ | トップページ | 納涼歌舞伎の出演者 »