« 「獅子虎傳阿吽堂vol.3」出演者決定! | トップページ | スリリングな8月 »

2006年7月31日

7月歌舞伎座千穐楽

今日が千穐楽の歌舞伎座。夜の部の「天守物語」だけ見てきました。完成度の高い舞台ということもあってか、全体的には、初日に見たときの方が物語を追っていく楽しさを感じました。

個々には、春猿さんがとても柔らかい味を出されるようになっていて、富姫さまとのやりとりがとても面白くなっていました。小田原修理役薪車さんは、初日には、覚えたことを忘れないうちにとにかく言っちゃおうという感じでしたけれど、台詞を自分のものにされてきたようで、役どころがハッキリでていたように思いました。ただ、ちょっとお声がざらついているような気がしました。門之助さんの舌長姥が絶好調。玉三郎さんが後ろで本当に笑いをこらえていらしたようでした。

薄役の吉弥さん、図書之助が家宝の兜を持って下界に戻った後に殿様の不興を買って追われてくるまでの実況放送さながらの語りは、相変わらず素晴らしかったです。が、夜叉ヶ池のなんとも言えない存在感のある万年姥の方が強く印象に残っています。

海老蔵さんの図書は、後半の目が見えなくなったあたりからが魅せられます。最後目が見えるようになったときに見せる富姫さまへの優しいまなざしがとても素敵。富姫さまもなんだかうっとりされていたような。最後に二人で寄り添うように立つ姿がとても美しいシルエットでした。

海老蔵さんと玉三郎さんは、昼夜で、それぞれ人間界と異界の者を演じられていましたが、お二人とも異界の存在を演じた方がより魅力的だったように思います。吉弥さんと門之助さんも魔界系がお似合いのようです。

ということで、7月の演目を聞いてから、鏡花ばっかりじゃんと散々文句タラタラだったにもかかわらず、見た後も鏡花の作品そのものが好きになったわけでもないのに、結局、初日の7日に海神別荘+夜の部、24日に海神別荘、28日に昼の部、31日に天守物語とどっぷりと浸かってしまっていました。自分でも矛盾しているとは思いますが、舞台そのものはとても堪能しました。特に「海神別荘」にハマっちゃったのはわれながらビックリ。とはいえ、わたしには、鏡花ものは1日に1演目が限度のようです。

本日は千穐楽ということもあってか、カーテンコールに出演者全員が舞台に出てらっしゃいました。御簾に薬玉の打掛をお召しの玉三郎さんへの拍手がひときわ大きかったことは言うまでもありません。二度目のカーテンコールの後、観客のみなさんが大人しく帰ろうと席を立ったところで思いがけずに、また幕があがり、なんとなくスタンディングオベーション状態になってしまいました。(^^) 楽しい7月でした。

席:16列目中央

|

« 「獅子虎傳阿吽堂vol.3」出演者決定! | トップページ | スリリングな8月 »

「歌舞伎」カテゴリの記事

コメント

もういっちょ、お邪魔します。
泉鏡花にジャックされた歌舞伎座のトドメは…そうでしたか。
私はkirigirisu様とは逆で、「鏡花ワールドにクラクラくるぞい!」と覚悟していたのに、あんまり…
日々の生活にゆとりがないのかしらん…反省しました(苦笑)。

投稿: かしまし娘 | 2006年8月 2日 10:58

大好きな作品で思い入れのあるものほど自分の中でイメージができあがっているので、映画や舞台で見たときに、そのギャップが大きくて「あれ?」と思うことがよくあります。

映画館でちゃぶ台をひっくりかえしたくなったことが何度あるか...(笑)

投稿: kirigirisu | 2006年8月 2日 11:58

私も千穐楽、天守物語だけ鑑賞して参りました。
海老蔵さんと玉三郎さんが、昼夜で人間と異界とを逆に演じているのが興味深かったです。
異界の存在の自信に満ちた姿が、本当に魅力的でした。並の人いは出すことのできないパワーだわとしみじみ思いました。異界の世界を選ばざるを得ない人間の方もよかった。とにかくよかった1ヶ月でした!?
kirigirisuさまが、久々に演劇界購入というのを読んで、私も買っちゃおうかなあなんて真似しそうになっているところです。

投稿: かいちょ | 2006年8月 2日 23:40

楽日は、かいちょさまとご一緒だったんですね。(^^)

>海老蔵さんと玉三郎さんが、昼夜で人間と異界とを逆に演じているのが興味深かったです。

これは、玉三郎さんが今回なさりたかったことの一つかもしれませんね。(^^)そういう意味でも非常に興味深い月だったと言えるかもしれません。

海老蔵さんは、歌舞伎でも人間離れしたお役がより魅力的ですよね。わたしは、襲名のときの権五郎で見せたあの超人的なパワーにすっかりやられたのでした。

今月の演劇界は海老蔵さんの写真が気に入ったのが多かったので買っちゃいました。(^^;

投稿: kirigirisu | 2006年8月 3日 00:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21013/11172820

この記事へのトラックバック一覧です: 7月歌舞伎座千穐楽 :

» GyaO「訪欧歌舞伎公演inロンドン」を配信 [演劇ニュース | シアターレビュー]
動画配信サイトGyaoで、今日から歌舞伎公演の配信が行われます。... [続きを読む]

受信: 2006年8月 1日 04:41

» 7月 歌舞伎座 天守物語 [バリバリかしまし娘〜まいど!]
七月大歌舞伎 昼の部  21(金)  泉鏡花作品4連発上演〜ラストを飾るのはこれ! 作:T6(1917)年 雑誌「新小説」初演:S26(1951)年 新派 新橋演舞場玉三郎初演:S52(1977)年 日生劇場 発表されたのは、ロシア革命の前夜。戦前日の目を見なかった理由は、作品中の台詞にある。上演されるその時代によって、人々の受け止め方は変わる。今ここにいる私は何を思い、何を見るのか…。 き、き、... [続きを読む]

受信: 2006年8月 2日 10:55

« 「獅子虎傳阿吽堂vol.3」出演者決定! | トップページ | スリリングな8月 »