« どないしょ | トップページ | 三響會 »

2006年8月 5日

亀治郎の会 夜の部

昨日、亀治郎の会の夜の部行ってきました。いつも義太夫ものは途中で意識を失ったり、よそ見をすることが多いのですが、昨日の「奥州安達原」は、最後まであきることなく見ることができました。4月の金丸座でも義太夫を楽しめたので、もしかしたら、あまり大きくない劇場だと大丈夫なのかもしれません。

竹三郎さんの娘をそして孫を思う浜夕にすっかりやられました。小さな木戸を隔てて見せる複雑な親の気持ちと情に、こんなにウルウルするとは思わなかったので、ティッシュもハンカチもバッグに入れたままで手元に用意していなかったのは不覚でした。お君のお人形さんのような愛らしいしぐさにも涙を誘われましたが、やはり最初に竹三郎さんの浜夕に感情移入してしまったことが大きかったように思います。

愛之助さんの義家は、終始クールな感じがしました。桂中納言を安部貞任と見破り、貞任に勝負は戦場でつけようとクールな感じで言うところがいい。思わず心のなかで「ほぉ~、かっちょえぇ~」とつぶやいちゃいました。亀治郎さんは、前半の袖萩はとても良かったと思いますが、後半の桂中納言から安部貞任とばれた後が、ちょっとお疲れなのか前半に比べて集中力が落ちてしまったように感じました。少し集中力が低下気味?と思いながら見ていたら、亀鶴さん扮する宗任が登場して、場が引き締まったように思います。亀鶴さんは、見るたびにどんどん線が太くなっているようです。お顔も役者顔だし、これから要チェックな役者さんですね。

「天下る傾城」

いつものことながら踊りはよく分らないのと、どちらかというと立役の踊りの方が好きなので、ついついお囃子の方に目と耳が行ってしまいました。久々に、傳左衛門さんの鼓を堪能。鼓は音だけでなく掛け声も鼓の一部だということを改めて実感。傳左衛門さん+八、九、十トリオの息のあったお囃子が聴けると楽しみにしていたのですが、傳十郎さんのお姿がなかったのは残念。

【ひとこと】

筋書が1500円だったので、買おうかどうか迷いましたけれど記念にと思い購入。6月のロンドン公演の写真の中に、「かさね」の出を待っているうちわ片手に集中している海老蔵さんとほんわりと座っている亀治郎さんの珍しいアングルのツーショットがあったのでお買い得だったかも。(ゲンキンなヤツです(^^;)

|

« どないしょ | トップページ | 三響會 »

「歌舞伎」カテゴリの記事

コメント

>kirigirisuさま
東京の亀治郎の会のエントリお待ちしていました。
>竹三郎さんの娘をそして孫を思う浜夕にすっかりやられました。
どのお役もご立派ですが,情愛溢れるご母堂さまが一番です。立役も上品で大好きです。
>後半の桂中納言から安部貞任とばれた後が、ちょっとお疲れなのか
トークで,一日2公演きついかもとおっしゃてました。客観的な方です。そういうところが丈らしいですね。
>亀鶴さんは、見るたびにどんどん線が太くなっているようで
す。
大暴れの場面は胸がすきます。よくぞ客演していただけました。
傾城さんと特別筋書きの情報ありがとうございました(m_m)。

投稿: とみ | 2006年8月 5日 20:03

kirigirisuさん、こんばんは。

>「ほぉ~、かっちょえぇ~」
愛之助さんファンの私が、思わず「うふ」って言ってしまうような感想ありがとうございます(笑)。

以前この作品を見たときは何よりもお君ちゃんだったのですが、今回は竹三郎さんにやられました。本当に情の深いおかあさんで、とても良かったです。
亀鶴さんは舞台で拝見するたびに「いいなぁ~~。」って思います。もっともっといろんなお役を観てみたいです。

投稿: rika | 2006年8月 5日 21:14

#とみさん
竹三郎さんは、どのお役でも本当に品がおありです。去年の10月の河庄でのはじけっぷりには、座席からずり落ちそうになりましたけれど...(笑)素敵な方ですよね。

投稿: kirigirisu | 2006年8月 5日 21:36

rikaさん、こんばんは。

いえいえ、どういたしまして。ホントにそこのところは、「ほぇ~」って思いましたです。(^^)

2~3年前に初めて亀鶴さんを見たときは、なんだか線が細い方だなぁと思ったのですが、最近、舞台で見るたびに、いい役者さんだなぁと思うようになりました。最近では珍しくお顔が長いところが昔の役者さんっぽくっていいんですよね。(褒めてます。(^^;)

投稿: kirigirisu | 2006年8月 5日 21:53

はじめまして、拙ブログにご訪問とコメントをいただきありがとうございました!4日にご覧になったのですね。とてもいい公演だったと思い、また冗長な記事を書いてしまいました。kirigirisuさまのような簡潔なまとまった感想を拝見する度に、こんな風に書けたら・・・と思うのですがダメみたいです。

というような記事ですが、TBさせていただきたく、よろしくお願いいたします。

投稿: coco | 2006年8月 6日 01:56

cocoさん、コメントとTBありがとうございました。
亀治郎の会は、今回初めて拝見しました。役者さんの自主公演での試みが、本公演につながっていくといいですね。(^^)

今後ともよろしくお願いします。

投稿: kirigirisu | 2006年8月 6日 09:57

私も海老蔵さんと亀治郎さんのツーショット写真、素敵だなぁと思いました。
海老蔵さんご贔屓さんなら、「きゃー!」ってなっちゃうような、水も滴るイイ男、炸裂!
亀治郎さんもしっとりとしていて、不思議な雰囲気を醸し出していましたよね。

投稿: 若菜 | 2006年8月 6日 11:20

若菜さん、こんにちは。
かさねの出を待つツーショット写真なんかいいですよね。海老蔵さんは、目の下クマだし、うちわの端がちょっと破れてるけど(笑)この不思議な雰囲気がとても気に入っています。(^^)

投稿: kirigirisu | 2006年8月 6日 12:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21013/11278410

この記事へのトラックバック一覧です: 亀治郎の会 夜の部:

» 瓜生山歌舞伎・市川亀治郎の挑戦(浄書) [風知草]
7月30日(日),ポスト・パフォーマンストーク付きの中日に観劇した。YOMIUR [続きを読む]

受信: 2006年8月 5日 20:04

» 瓜生山歌舞伎@京都芸術劇場(1) [rikaのいろいろ。]
やばい・・・・このままでは感想がお蔵入りになりそうや・・・・・(;^_^A 急いで書かなくちゃ忘れてしまう(笑)。 【奥州安達原】 この演目は映像でだけ見たことがあります。 パンフレットは買って劇場に入ったのですが、配役が書いてあるところまで見る余裕がなく始まりま... [続きを読む]

受信: 2006年8月 5日 21:17

» 亀治郎の会 8/5 夜 [楽しい☆おいしい☆うれしい☆Happy]
国立劇場小劇場での5回だけの公演。522×5回の人数しか見られないこの公演のチケ [続きを読む]

受信: 2006年8月 6日 01:57

« どないしょ | トップページ | 三響會 »