« ん?インタビュー?(BlogPet) | トップページ | 秀山祭への思い »

2006年8月27日

納涼歌舞伎第3部@千穐楽

本日、納涼歌舞伎の千穐楽。第3部拝見しました。初日に引き続き2度目です。今日は比較的涼しいので、日頃の運動不足解消に東京駅から歌舞伎座まで歩いて行くことにしました。八重洲ブックセンターから歌舞伎座まで15~6分でしたので、東京駅の八重洲南口からだと大体20分くらいでしょうか。

初日の打ち出しは9時40分を回っていましたが、今日の千穐楽は、正確なところは分かりませんが9時17~18分くらい。なんと20分以上も短縮。初日に感じたグダグダ感はほとんど感じませんでした。3週間近く前なので記憶は曖昧ですが、時間短縮されたと感じたところは

  • 場面転換の時間
  • 蟇六の表座敷の場の冗長さがなくなっていた
  • 左母二郎と道節の早変わりがかなり早くなっていた
  • 芳流閣の立ち廻りが簡潔に整理されていた
  • 行徳入江の場で、小文吾が小舟の中の信乃と現八を見つけて、それぞれが持っている玉を確認しあうところまでがかなりテンポアップ

芳流閣の立ち廻りは、初日は屋根からとんぼで降りる回数(人数)が多かったように思いますが、今日は下に降りずに屋根の上で交代している方が多かったように感じました。一つ一つの立ち回りの形を見せるような感じで、初日よりも動きがきれいに見えました。信乃と現八の立ち回りもかなりメリハリがあって、見ごたえがありました。

贔屓目もありますが、特に信二郎さんの現八の魅力度がかなりアップ。「よろずや!」が盛んにかかってました。がんどう返しでも大きな拍手。きょうも僅差で信二郎さんが先にすべっちゃいました。けど、花道の出から芳流閣の立ち廻りまで本当に素敵でした。立ち廻りも大きく迫力がありました。信二郎さんの十手をくわえての見得は腰が入っていて形がきれい。きょうは、見得のときに目もちゃんと日と月になっているのを確認!わたしの好みもあるけれど、いわゆる二枚目よりもこういうお役の方が断然似合っています。

蟇六の表座敷の場で、代官役の亀蔵さんが青いハンカチで汗をぬぐうシーンが加わりました。一部のおばさま方に大ウケ。なぜウケているのか分からない方もいてお隣の方に聞いている方も...。

山下定包の扇雀さんの不気味度もアップ。八犬士が束になって戦わなければならない相手に相応しいおどろおどろしさ。今日は、1階の12列目の中央で見ていたのですが、舞台の真ん中に立ってセリフを言う扇雀さんがちょうど真ん前でマジで恐かったです。(^^; なので、できるだけ現八さんの方を見るようにしていました。最後の衣装はホントよくお似合いです。来月の歌舞伎座は、月の後半に行くつもりでいたのですが、紅葉狩だけは、早めに見に行こうかな。

【余計なひとこと】

芳流閣の立ち廻りでは、若手をリードしている三津之助さんと左十次郎さんの熟年立ち廻りコンビ((*o*)☆\(--メ)の存在感を感じました。今月は二人で組んでいることが多いですね。

|

« ん?インタビュー?(BlogPet) | トップページ | 秀山祭への思い »

「歌舞伎」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。早くも出ましたか、青いハンカチ。きっと来月にはどこの劇場でも真似されることでしょう。イナバウアー以来の大ヒットになるでしょうね!

kirigirisuさんのコメントを読んで逆に、初日近くは随分間延びしていたんだなと思いました。蟇六内の場や行徳入江の場をダラダラやられたら確かに欠伸が出てしまいますね。扇雀さんの山下定包、本当にはまり役でした。最後に全員が揃うところが見事でしたが、あれで特に引き締まったように思います。

投稿: 喜の字 | 2006年8月27日 09:29

喜の字さん、こんにちは。

三津五郎さんが座頭なので、初日からカッチリと決めてこられるだろうという期待感も大きかったこともあって、初日を見た後、かなりぶーたれましたが(笑)、昨日の八犬伝は、面白かったです。歌舞伎のエッセンスがふんだんに取り入れられたお芝居を堪能しました。欲を言えば、初日に昨日くらいだったら、さらに面白くなったのではと...。

投稿: kirigirisu | 2006年8月27日 13:58

>見得のときに目もちゃんと日と月になっているのを確認!
おお?何でしょね?日と月・・・。
>代官役の亀蔵さんが青いハンカチで汗をぬぐうシーンが
か、亀蔵さんですかぁ~!う~ん、佑ちゃんみたいにお上品にできたのかしら?(笑)
>三津之助さんと左十次郎さんの熟年立ち廻りコンビ
いいですよね♪派手なトンボはもう無理(笑)でも、ピリッ!しますよね。良い男は何をやってもやらなくても(笑)良い!

投稿: 恵美 | 2006年8月27日 19:24

何かの本に、「にらみ」は単なる寄り目ではなくて、太陽と月(陰陽)を表しているというようなことが書かれていたのですが、どの本だったか忘れてしまいました。(^^;

遠目だと普通の手ぬぐいにしか見えないので、亀蔵さん、ハンカチだとみなさんが気が付くまで、いえ、気が付いた後もしつこくお上品に汗をぬぐっておいででした。(笑)

>良い男は何をやってもやらなくても(笑)良い!
あはははは。そのとおり!(^^) 1部の丸橋忠弥での与力コンビもカッコ良かったですよん。

投稿: kirigirisu | 2006年8月27日 20:41

私も昨日の千穐楽は、第一部と第三部を観劇しました(いずれも三階席(^_^;)。初日の八犬伝は同じく苦言を呈したクチですが、さすがに楽日はきっちりとレベルを上げていましたね。

kirigirisuさまのようにどの点が初日と違うかは詳しくチェックできませんでしたので、参考になりました。終演時間は間違いなく9時17~18分頃でしたので、初日より20分以上時間短縮していたことが、だいぶ引き締まった印象を与えましたね。たしかに初日からこれくらいの舞台を見せてもらえばもっと充実したものになっていたでしょう。

チャリ場の亀蔵さんのハンカチ王子は、大受けで笑いました。

投稿: 六条亭 | 2006年8月27日 21:46

六条亭さま
終演時間はやはりそのくらいでしたか。ありがとうございました。20分も短縮されているので初日見たときとは随分違った印象でした。初日から2~3日目に見に行くときはそれなりの覚悟はしていくのですが、ここまで短縮されたのも珍しいかもしれませんね。(^^; 

投稿: kirigirisu | 2006年8月28日 12:21

>「にらみ」は単なる寄り目ではなくて
あ!そういうことですね。
片目が寄ってて片目がまっすぐをにらんでますね。
お寺の仁王さんとかもそのようなにらみですし、
名古屋の金シャチも雄と雌では見てる方向が違います。
もうちょっと深く学ばねば・・・。ありがとうございます!

投稿: 恵美 | 2006年8月28日 13:04

#恵美さん
>名古屋の金シャチも雄と雌では見てる方向が違います。
うわぁ~ そうなんですか。知らなかった。(^^;;

立役は、やはり見得の形がバッチリ決まる方が見栄えしますね。(^^)

投稿: kirigirisu | 2006年8月28日 15:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21013/11621751

この記事へのトラックバック一覧です: 納涼歌舞伎第3部@千穐楽:

« ん?インタビュー?(BlogPet) | トップページ | 秀山祭への思い »