« 雷神さまのおでまし | トップページ | 染模様恩愛御書小説版 »

2006年9月13日

文楽仮名手本忠臣蔵第1部

本日、めでたく文楽デビューしました。(^^) これまで、TVでちょこっと見たことがあるだけなので、お人形さんや舞台がもっと小さいような印象があったのですが、想像よりも大きくて見ごたえありました。大序は、できるだけ集中しようと思ったのですが、大夫さんのお声が少し聞きづらいのでちょっと退屈してしまいました。不思議なもので、三段目でしたでしょうか主遣いの方が素で出ていらっしゃってからの方が人形に集中することができました。大序~三段目は、あくびがでたり、ふっと意識を失いそうになることが数回ありましたが落ちることなく見ることができました。

四段目の塩谷判官切腹の段は圧巻でした。まばたきするのを忘れてしまいそうなくらい見入ってしまいました。客席も息を詰めて見守る中、九寸五分を突き立てて苦しい息の下で大石内蔵助が到着するのを待つ塩谷判官。やっと駆けつけた大石内蔵助に無念の思いを告げて息絶えていく姿はお人形とは思えないものでした。息絶えた後人形遣いの方がその場を離れていった後も、塩谷判官のぬくもりがまだそこに残っているような感じさえして、とても不思議な感覚でした。この段の大夫は、豊竹十九大夫さんでした。素晴らしいお声で、とても聞きやすかったこともあって舞台にすっと入り込めました。第1部の中で一番好きな大夫さんでした。

お人形さんの顔がどれも良いお顔でそれだけ見ていてもあきない感じです。四段目の切腹の場で、切腹の場所を準備する諸士の中で深緑色の着物を着たお人形さんの顔がどことなく松緑さんに似ていました。三段目で、鷺坂伴内と加古川本蔵のお人形さんと人形遣いの方の横顔の輪郭がとてもよく似ていているなぁと思って見ていました。もしかして、お人形さんの担当は顔で決めるのかしら?(んなワケないでしょうが...)と、他のお人形さんも見比べて見ましたら、なんとなく、みなさん横顔の輪郭が似ているような気がしますが...。そんなことはないかしらん?

文楽は掛け声がないと思っていたのですが、四段目の花籠の段で、登場してから「団七!」という声と、切腹の段でも廻し床が回ってすぐに「待ってました十九大夫」という声と語りの前に「十九大夫!」と入りました。文楽も声を掛けてよいのですね。今日は、記録用の映像を撮っていたようでした。

初めて生で文楽を見ましたが、思ったよりも何倍も楽しかったです。やっぱり3部も見たくなったので、チケットセンターで3部の空きを確認してもらいました。22日(金)に中央ブロックの前方の席(6列目くらい)が空いていたのですが、生憎その日は歌舞伎座の夜の部を取ってしまったので泣く泣くあきらめ。最終日に下手寄りですが前方の席があったのでゲットしました。

歌舞伎もお能も文楽もと、全部を見ることはなかなか難しいですが、これからも機会があれば、文楽にも足を運びたいなと思っています。

席:4列目下手寄り

|

« 雷神さまのおでまし | トップページ | 染模様恩愛御書小説版 »

「伝統芸能」カテゴリの記事

コメント

文楽デビューおめでとうございます。
いいですよねぇ、十九大夫。圧巻でした。
塩谷判官が切腹したあと、人形遣いの和生さんがいつ去ったのか全然気づきませんでした。確かにぬくもり残ってました。
3部がまたいいんですよ~。戸無瀬が素敵だし、小浪がかわいいし、住大夫と咲大夫の山科閑居の語りはすごいし。
ああ、2部のおかるも見て欲しい~

投稿: まこ | 2006年9月13日 21:16

まこさん、ありがとうございます。
四段目の切腹の段は、本当に素晴らしかったです。十九大夫さんのお声で一気に忠臣蔵の世界に引きずり込まれました。わたしは黒の長羽織から白装束になったくらいから、塩谷判官が気になってずっとそちらばかり見ていました。吉田和生さんはとても淡々としていらっしゃるようでしたが、お人形はまるで生きているように見えました。

おかるさん、お人形なのに色っぽかったですね。2部も楽しみにしてます。もちろん、3部もせっかくチケットゲットしたのでなんとしても見にいきます。(^^)

投稿: kirigirisu | 2006年9月13日 22:13

文楽デビュー、おめでとうございます。
私は先日、大正琴デビュー(笑)でした。やっぱり既成概念があってはイケませんね。何事も残っているということは支持者がいるわけで、支持者があるってことは魅力があるってことですよね~。楽しまなくっちゃ~♪です。

投稿: 恵美 | 2006年9月13日 22:45

kirigirisuさん、お久しぶりです。

私も日曜日、一部に行ってきました。満タンで行ったせいか、大序から四段目まであっという間でした。やはり切腹の場面は本当に針を落としても聞こえるかな、っていうくらい皆さん息を詰めてみてらしたし、十九大夫さん素敵でした…。私が行った日は英大夫さんにしか大向うはかからなかったのですが。

歌舞伎はかなり観ているけれど文楽は初めて、という友人は終わるやいなやチケットセンターに行って二部と三部の切符を買い足していました。私も月末までには全段観る予定にしているので、とても楽しみです(特に第三部)。

投稿: ruko | 2006年9月13日 23:05

kirigirisu様、
私もその前の日に第一部見ました。まだこれで5回目くらいの「ほとんど初心者」です。でも、見るたびにどんどんお人形が生き生きとして見えて、太夫さんや人形遣いさんの違いもわかってきて、本当に楽しくなってきました。15列目の真ん中あたりでしたが、ちゃんと見えました。意識を失わなかったのは初めてでした。やっぱり「忠臣蔵」だからかなあ。kirigirisuさんは初めてなのにずっと意識があったなんてすごいですよ。

お人形さんが愛しいです。「忠臣蔵」はいいですね。蓑助さんは最高ですね。第二部と第三部もこれからなので楽しみです!

投稿: 喜の字 | 2006年9月13日 23:07

恵美さん、ありがとうございます。
百分は一見にしかずですね。食わず嫌いしないで色々と見なくっちゃと思いました。それで、何回か見てどーしてもダメなものはダメでいいかなと(笑)

投稿: kirigirisu | 2006年9月13日 23:32

rukoさん、こんにちは。

切腹の場面は、話が進むにつれ劇場内の空気が刻々と変わっていくのが分かるくらいでした。いやぁ~すごかったです。

わたしは、歌舞伎は演目よりも役者さんを見にいくタイプなので、これまでさほど文楽に興味がわきませんでした。一度見てみたいけれど、特に見なくてもいいかなという感じでしょうか。(^^; こんなに面白いものだとは思いませんでした。これからは、機会を見つけて文楽も見にいきたいと思っています。

投稿: kirigirisu | 2006年9月13日 23:52

喜の字さん、こんにちは。

初めてなのに意識がなくならなかったのはたぶん「忠臣蔵」だからだと思います。歌舞伎の演目でも義太夫ものはときどき気を失ってます(笑)文楽デビューは、できるだけ歌舞伎で馴染んでいるもので短いものと考えていたのですが...。通しになっちゃいました。まだ1部だけしか見ていませんが、これだけ人気があるのは、本当によくできたお芝居だからなんだということをあらためて感じました。

投稿: kirigirisu | 2006年9月14日 00:02

kirigirisuさま
いらしたのですね。堪能されたのですね。
見る前から、おきていられるかの心配ばかりして変テコですね。心配したり、ワクワクしたり。とにかく楽しみです。
kirigirisuさまのレポートや、みなさんのコメントを読んで
予習してます?!

投稿: かいちょ | 2006年9月14日 00:42

かいちょさま

今日は、堪能しました。文楽好きの方から見たら、見る前から起きていられるかどうか心配するなんておかしいと思われるかもしれませんね。(^^; 

投稿: kirigirisu | 2006年9月14日 01:48

こんにちは。
kirigirisu様が文楽初めてとは意外でした。
私も今回デビューしました。
変則的に二部から観ちゃいましたけど明日、一部&三部観にいきます。
本当に思っていた以上に楽しくて、これからもブレーキをかけながら楽しめたら・・と思ってます。

投稿: easyease | 2006年9月14日 09:59

easyeaseさん、こんにちは。

一度は見てみたいとは思いながらも、なかなか足を運ぶことができなくて、今回がデビューとなりました。文楽も思った以上に楽しかったし、お能も気になるし...。もちろん歌舞伎も見たいし...。あれこれと手を出し始めるとえらいことになっちゃいそうです。(^^;

投稿: kirigirisu | 2006年9月14日 11:57

こんにちは。最近、kirigirisuさんと同じ様なところに出没しています。「通さん場」は堪能しました。ほんと、芋蔓式に欲がでて、楽しみと煩悩が倍増です。頭が小さいので、文楽観賞は10列以内の方がいい感じですね。(果たせず)

投稿: urasimaru | 2006年9月15日 17:35

urasimaruさん、こんにちは。

「通さん場」は、感激というのとはちょっと違う感じなのですが、久々にド~ンときました。(^^) 
広く浅く色々なところに首をつっこみたくなるという性格もあるんですが、歌舞伎はさまざまな要素を取り入れているからでしょうか、ホント芋蔓式にあっちもこっちも気になってきます。実は、最近、落語も気になり始めているわたしです(^^;

投稿: kirigirisu | 2006年9月15日 23:03

kirigirisu様、まいど!
文楽のデビューが「仮名手本忠臣蔵」だなんて!偉い!
私ってば、以前観た時は「寝た」という記憶しかなくて…トホホ。
「人形って本当に死ぬんだ。魂抜けるんだ」と強烈に思ったことだけを覚えているだけ~。トホホのホ

投稿: かしまし娘 | 2006年10月 4日 15:04

かしまし娘さん、こんにちは。

文楽は寝てしまう確率が高そうだったので、初めて見るときは歌舞伎で好きな演目かよく知っている演目にしようと思っていました。(^^;

投稿: kirigirisu | 2006年10月 4日 16:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21013/11880203

この記事へのトラックバック一覧です: 文楽仮名手本忠臣蔵第1部:

» 九月文楽公演 仮名手本忠臣蔵第一部(大序〜四段目) [kabuki雑記帳]
歌舞伎を通じて仲良くなったお友だちと文楽を観に出かけました。5月公演は、歌舞伎のほうが歌舞伎座に演舞場に若衆とあって時間を捻出できなかったので二月公演以来2度目。お友だちは歌舞伎歴は5年くらいと言っていたと思うのですがなんと文楽は初めて、とのことでした。 通し狂言 仮名手本忠臣蔵(かなでほんちゅうしんぐら)〈上巻〉五幕七場 国立劇場 →これは歌舞伎バージョンで、劇場開場20年記念のときの記録のようです(Amazonの解説による)。 10時半開演で終演が午後2時と3時間半(途中幕間... [続きを読む]

受信: 2006年9月13日 22:56

» 人形の切腹   [たまてぼっくす]
なぜか「だるまさんがころんだ」と文字数同じだけど、それでやってたら怖いね。   国立劇場に文楽の仮名手本忠臣蔵 第一部を見に行って来ました。 私は文楽は詳しくありません(歌舞伎は詳しいかっていうと答に困るが)。 見ると面白いんだけど、深みにはまると歌舞伎以上にコワそうなので、あまり積極的に見ない感じ。だって、人の名前おぼえられないから、馬名と歌舞伎役者だけでメモリー一杯! …えっと、文楽から歌舞伎に移行した演目は多く(近松とか)、仮名手本忠臣蔵もそう。通しということでめったにやらないと... [続きを読む]

受信: 2006年9月15日 17:29

» 九月文楽「仮名手本忠臣蔵」第1部/四段目 [バリバリかしまし娘〜まいど!]
力弥、力弥。由良助は… [続きを読む]

受信: 2006年10月 4日 14:58

« 雷神さまのおでまし | トップページ | 染模様恩愛御書小説版 »