« 秀山祭九月歌舞伎座夜の部 | トップページ | 2007年お正月の国立劇場 »

2006年9月26日

文楽仮名手本忠臣蔵第3部

24日に3部を拝見し、なんとか完走できました。今回が初めての文楽。10日間あまりで1年分か2年分を見たような濃厚な時間を過ごした気がします。と言いながら、第3部の9段目山科閑居の住大夫さんの語りを楽しみにしていたのに、ところどころ意識が飛んでしまい「豚に真珠」状態でした。おまけに大あくび(口に手をあてていましたが)した瞬間に、玉女さんと目があってしまったようで、ものすごく恥ずかしかったです。目があったような気がしたのはわたしの錯覚かもしれませんが、いずれにしても生あくびの連続でした。(--; 

文楽のいろはも分からずに、無鉄砲にも今回仮名手本忠臣蔵の通しを拝見しましたが、一番印象に残っているのは4段目。面白かったのは7段目。印象に残っている大夫さんは、十九大夫さんと文字久大夫さん。好きな人形遣いは吉田和生さん。判官さまの無念さとお石の凛とした感じがなんとも素敵でした。

今回、文楽で通しを拝見し、このところ忠臣蔵に興味を持ち始めています。忠臣蔵関連の本をあさりたいのですが、本を読み始めると最後まで読まないと気がすまないタチなので、ここ一週間はお仕事優先でちょっと我慢の子です。

|

« 秀山祭九月歌舞伎座夜の部 | トップページ | 2007年お正月の国立劇場 »

「伝統芸能」カテゴリの記事

コメント

kirigirisuさん、こんばんは。

「忠臣蔵」完走おめでとうございます(笑)。
私も文楽にも行きたいと思うのですが、地方在住ではなかなか。
これ以上観たいものを増やしてしまうと収拾がつかなくなりそうなのでぐっと見たい気持ちを抑えています(笑)。

「忠臣蔵」ですが、テレビドラマでも度々やっているし、それを何度か見ているので自分の中ではすっかりわかっているつもりでいたんですけれど、改めて国立の役名やら、若伎会での役名を見ても全然ピンとこなくて、実は知らないことがすごく多かったことに今ごろ気付きました(^^;
私も何か「忠臣蔵」の本を読みたいと思っているのですが、なかなか順番が回ってきそうにありません。
また何か良い本があったら教えてくださいね。

投稿: rika | 2006年9月26日 20:06

rikaさん、こんばんは。

12月になるとTVで「忠臣蔵」のドラマやドキュメンタリー番組をやっているのを「また、忠臣蔵?好きだねぇ~」と冷ややかに見ていたのですが、実際には、知らないことだらけということに今更ながら気がつきました。(^^;

以前に勤めていた会社は泉岳寺に割合近いところにあったのですが、十数年の間に一度も行かずじまい。今度、折を見て行ってみようかなと思っています。

rikaさんも何か面白い本があったら教えてくださいね。(^^)

投稿: kirigirisu | 2006年9月26日 21:39

kirigirisuさま
忠臣蔵文楽マラソン完走おめでとうございます。あー 忠臣蔵歌舞伎マラソンにも挑戦したい。同感です。12月に開催で、どうでしょうか?14日の切符が人気になりそう。想像しただけでいきたくなります。
関容子さんの名著、いいですね。前に、読んだときもへーって思ったのだろうなあと思いつつ、またヘーと思いました。
また同じことを!と思ってうれしくなりました。
先日、風神雷神を見てきました。帰り道に、あー筆箱(ポーチ?)買うの忘れたぁと思いました。まねっこしようと思いましたのに。残念。

投稿: かいちょ | 2006年9月27日 23:26

関容子さんの「芸づくし忠臣蔵」を読み返すとますます見たくなってきました。来年の12月あたりにぜひお願いしたいものですね。(^^) 歌舞伎座にリクエストしてきちゃおうかしらん。

投稿: kirigirisu | 2006年9月28日 00:12

kirigirisu様、まいど!
第3部は、九段目の”雪転がしの段”と”山科閑居”が好きです。
楽しみました~。
「文楽は物語重視、歌舞伎は俳優重視なんだ」ってことをハッキリクッキリ認識しました。
関容子さんの「芸づくし忠臣蔵」今回久し振りに引っ張り出して読みました。文庫になってるんですね!ビックリ~
忠臣蔵関連本で、今私が読んでいるのは「元禄忠臣蔵」(真山青果)です!オススメしま~す。

投稿: かしまし娘 | 2006年10月 4日 15:19

#かしまし娘さん

2部へのコメントのお返事はこちらに一緒に書かせていただきます。

>「文楽は物語重視、歌舞伎は俳優重視なんだ」
本当にそうですね。2部が一番退屈しないかなと思っていたのですが、お人形だと5~6段目は、正直つらかったです。

「元禄忠臣蔵」は、今日初日ですね。(^^) 配役が発表されてから本を読んだのですが、それぞれのお役を想像しながら読んだのでとてもおもしろかったです。どんな舞台になるのかとても楽しみです。

投稿: kirigirisu | 2006年10月 4日 16:42

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。

投稿: 履歴書の見本 | 2012年2月 6日 16:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21013/12046551

この記事へのトラックバック一覧です: 文楽仮名手本忠臣蔵第3部:

» 九月文楽「仮名手本忠臣蔵」第3部/九段目・十一段目 [バリバリかしまし娘〜まいど!]
心と心が釣り合はぬ [続きを読む]

受信: 2006年10月 4日 15:14

« 秀山祭九月歌舞伎座夜の部 | トップページ | 2007年お正月の国立劇場 »