« 初日の舞台挨拶情報 | トップページ | 風神雷神 »

2006年9月10日

敦~山月記・名人伝

中島敦のことは全く知識なく、去年の公演がとても評判が良かったという情報と野村萬斎、亀井広忠、藤原道山という名前に惹かれて観に行くことにしました。どうせならばとポストトークのある日を選んだのですが、今日(9日)は、土曜日ということもあってさらに人気。取れた席は3階の中央下手寄り。

上から見ると漆黒の床に三日月形の廻り舞台。この舞台はとてもシンプルではあるのだけれど、シャープな三日月の形にとても感性の鋭さを感じました。道山さんの尺八の音色と広忠さんの掛け声と鼓の音がさらにこの漆黒の舞台と三日月を際立てているような感じがしました。

ポストトークのときは、自由席ということなので1階中央の後方の席に座りましたが、3階からみた風景とはかなり違うので、1階で見るとお芝居も違って見えるのかもしれませんね。

さて、肝心のお芝居ですが、山月記は青空文庫で一応読みました。この話自体は面白いと思うのですが、どうも敦たちの存在がわたしの中でざわつく感じがして、なんなんだろうなぁ~この感じはと思いながら最後までお芝居に入り込めませんでした。名人伝の方は、楽しく拝見しましたがちょっと説明的かなと思うところも。

普段、歌舞伎を見ているときに台詞を適当に聞き流していることが多く、かなりアバウトに見ているせいか、久々に台詞が全部耳に入ってくる現代語のお芝居はちょっと疲れました。(^^; その中で萬斎さんの声と台詞が一番、ストーンと伝わってきました。今度は、ぜひ機会を見つけて狂言を拝見したいと思います。

今日、初めてまともに生の尺八を聞きましたが、その音色の豊かさに驚きました。

|

« 初日の舞台挨拶情報 | トップページ | 風神雷神 »

「演劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21013/11827775

この記事へのトラックバック一覧です: 敦~山月記・名人伝:

« 初日の舞台挨拶情報 | トップページ | 風神雷神 »