« 11月花形歌舞伎配役 | トップページ | 文楽仮名手本忠臣蔵第3部 »

2006年9月23日

秀山祭九月歌舞伎座夜の部

本日、秀山祭夜の部行ってきました。菊畑はパスしたので、籠釣瓶と紅葉狩。今月の歌舞伎座は、久しぶりに夜の部1回だけ。(+先週の紅葉狩の幕見) 9日~24日の間に、文楽3部(3日間)と「敦~山月記・名人伝」、「歌舞伎フォーラム」、「獅子虎傳阿吽堂」と「魔界転生」と入ってしまい、2週間続けて1日おきに劇場通い。いささかお疲れ気味です。(苦笑)来月は大人しくしてようっと思いつつ...どうなることやら...(笑)

籠釣瓶は、去年の勘三郎襲名と今回で2回目。前回は、八ッ橋の方に共感したのですが、今回は、佐野次郎左衛門さんの気持ちがヒシヒシと伝わってきました。満座の中での愛想づかし。男の面子丸つぶれ。わたしも「そりゃあんまりそでなかろうぜ」と思いました。最初に、あばた顔だけれど、純朴で男気のある人なんだろうなと佐野次郎左衛門贔屓になってしまって肩入れして見ていたこともありますが、八ッ橋に共感できなかったのは、八ッ橋と栄之丞の関係があまり濃密な関係に思えなかったからなのかもしれません。

今日は、ちょっと気になる掛声がいくつかありました。その一つは、八ッ橋が自分に見とれている次郎左衛門に笑いかけるところで、「成駒屋!おうつくしい!」という掛声がかかりました。これはどうなんでしょうね?確かにそのとおりなのですが、その声を聞いて客席から笑い声があがってしまったのでどうなんだろうとちょっと???でした。最後幕が閉まる前に、八ッ橋と女中を切り捨てた後に刀をじっと見つめる次郎左右衛門に、気の抜けた声で「いい役者!」とかかりました。やはり客席から笑い声があがってしまい、せっかくの緊張した場面がしまらない感じになってしまいました。いい役者に「いい役者!」とかけるのは野暮。愚の骨頂ではないでしょうか?

「鬼揃紅葉狩」は、大満足。相変わらず信二郎さんが素敵でございました。幕見のときはあっちもこっちもと目が行きましたが、今日は、信二郎さんに焦点を当てて見入ってました。音楽も賑やかで楽しかったですが、今日は、銅鑼の音がひときわ大きかったような...あんなに鳴らさなくとも良いのでは...(^^; そう言えば、傳左衛門さん、この1週間の間に床屋さんにいかれたようで、髪の毛が短くなってました。

16日に柝の会のセミナーで振付の藤間勘十郎さんのお話を聞いたのですが、そのときに「鬼揃紅葉狩」についてもちょっと触れられていました。「鬼揃紅葉狩」の再演を染五郎さんに勧めたのは勘十郎さんだそうです。猿之助さんバージョンもあるそうですが、初演の歌右衛門さんがなさったものを下敷きにして、全く新しい振り付け(演出)にしたそうです。竹本葵太夫さんのサイトでも曲の再現のご苦労が紹介されています。

|

« 11月花形歌舞伎配役 | トップページ | 文楽仮名手本忠臣蔵第3部 »

「歌舞伎」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。

「鬼揃紅葉狩」は 見目麗しい方々がたくさん出ていて目の保養になりました。
けど視線があちこちに飛んでしまって大変でしたけれど(汗)

私も後ほど毎度のことながら稚拙な感想文をUPするつもりでいますが
そのときは是非TBさせて下さいませ。
宜しくお願いいたします。

投稿: よんたん | 2006年9月23日 14:42

わたくしめは、歌舞伎を見に行くのはほとんど目の保養が目的でございますです。(^^; 見目麗しい方々はもちろんのことですが、吉右衛門さんの最後の着物を着崩したセクシーなお姿にクラクラ。それだけに、最後のあの間の抜けた大向こうは許せません。(キッパリ)

投稿: kirigirisu | 2006年9月23日 17:18

kirigirisuさま
またですよ!また、一緒の日でした!!
私は3F下手より1列めでした。
そして、ヘンテコリンな大向こうにゲンナリしました。
 
kirigirisuさまのを読んで、そうだなあ私も次郎左衛門さんに肩入れしながらみていたなあと思いました。気持ちがヒシヒシと伝わりよかったですね。

投稿: かいちょ | 2006年9月23日 20:39

kirigirisu様、(かいちょ様も)、

私も同じ時に観劇していました。3階1列目16番だったんですけど…。その掛け声には私もゲンナリでした。ご本人は良いつもりかもしれませんが、「何でもアリ」では決してないですよね。

吉右衛門さんの佐野次郎左衛門は最高でした!今まで見たどの佐野次郎左衛門よりも!福助さんは特に「好み」じゃないんですが、この八ッ橋はとっても良かったと思います。「縁切り」で泣いている八ッ橋は初めて見たような。歌昇さんは下男にしては品がありすぎたかも。でも素朴で一途なのはすごく良かったです。

「紅葉狩」は私は種太郎君が一番でした!傳左衛門さんは見るたびに立派におなりになりますね。

kirigirisuさんに昼の部「寺子屋」の高麗屋のせりふを聞いての感想を伺いたかったです。私はあれも、22日の大向こうと同じくらい変テコだと思ったのですが。

投稿: 喜の字 | 2006年9月23日 22:47

おおっ!かいちょさま。また、ご一緒でしたか。
昨日は、他にもニアミスだった方がいらっしゃいます。
3F1列目の中央で見ておりましたので、どこかですれ違ったかもですね。(^^)

あのヘンテコリンな掛声は、ホントに興ざめもよいところでしたよね。自己満足だけの大向こうはやめて欲しいものです。

投稿: kirigirisu | 2006年9月24日 00:07

喜の字さんも、昨日ご一緒だったのですね。(^^)もしかしたら、かいちょさんとお席が近かったのではないでしょうか?

やっぱりあの大向こうはゲンナリですよね。誰でもが掛けてよいからこそ、大向こうにワザや粋さが求められるのではないかと思うのです。昨日は、TV撮影が入っていたそうなので、それ狙いだとしたらホントとんでもないことですよね。

投稿: kirigirisu | 2006年9月24日 00:31

kirigirisuさま(そして喜の字さま)

私は、花道の上あたりの席でした。ちょっと離れていましたのね。こんど、目印をつけていこうかしら。
肩に手ぬぐいをおくとか。(成田やのにしておきます) 
そうしたら、近寄って手をおいてくださるかしら。

また早々に、ご一緒ってことがありそう。
本当に、目印を検討しちゃおうかしら。

投稿: かいちょ | 2006年9月24日 11:40

22日は、ブログでお知り合いになった色々な方々(でもお顔は知らない)と歌舞伎座ですれ違っていたようです。今までに知らないうちにお隣同士で座っていたりしたこともあるかもしれませんね。(^^; 10月、11月と、またまたご一緒する機会がありそうですね。目印考えてみましょうかしらん。

投稿: kirigirisu | 2006年9月24日 14:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21013/12000902

この記事へのトラックバック一覧です: 秀山祭九月歌舞伎座夜の部:

» 寝た/秀山祭九月大歌舞伎 夜の部 [たまてぼっくす]
秀山祭九月大歌舞伎 夜の部 一、 鬼一法眼三略巻 菊畑(きくばたけ) 智恵内 実は 鬼三太 幸四郎 虎蔵 実は 牛若丸 染五郎 皆鶴姫 芝雀 笠原湛海 歌六 吉岡鬼一法眼 左團次 菊が咲き乱れる兵法学者吉岡鬼一法眼(左團次)の館の庭。鬼一は、源義朝の家臣だった吉岡三兄弟の長兄ですが、今は訳あって平家側。三男の鬼三太(幸四郎)は、その真意を探り、鬼一が秘蔵する兵法の虎の巻を入手するために、主君の牛若丸(染五郎... [続きを読む]

受信: 2006年9月23日 18:10

» 秀山祭九月大歌舞伎 夜の部箇条書き感想 [よんたん 期間限定プー生活日記]
先日昼の部を見て参りました が、実はこれで9月はおしまいにするつもりでいました。 しかし期待していた以上に見ごたえたっぷりでしたので こりゃ夜の部も相当期待出来そうだぞ、と思い改め  昨日再び歌舞伎座へと足を運びました。 以下 毎度のコトながら箇条書き... [続きを読む]

受信: 2006年9月23日 18:38

» 九月歌舞伎夜の部感想と日比谷バー [東京けいと日記]
夜の部のみ今月は鑑賞。お仲間は昼も夜も見たそうで羨ましい限りですわ。 「菊畑」 は続きが気になる・・・。「鬼一法眼三略巻」を全部見たいものです。 「籠釣瓶花街酔醒」 は二時間近い長い幕。私好みの話ですね。 吉右衛門の佐野次郎左衛門は田舎者だけど優しい人柄....... [続きを読む]

受信: 2006年9月25日 01:43

« 11月花形歌舞伎配役 | トップページ | 文楽仮名手本忠臣蔵第3部 »