« スマステ5 | トップページ | 朧の盛りに棲む鬼のあらまし »

2006年9月15日

紅葉狩(幕見)

紅葉狩を幕見してきました。噂どおり信二郎さん、かっちょいぃ~。前シテの薄紫色の狩衣も素敵ですけれど、後シテがさらに凛々しい。久々に二枚目のお役を見たような気がしますが、単なる二枚目ではなくて風格がでてきたような気がします。(贔屓目?)

お子ちゃまたちが出てきたときに「男山八幡、た~っぷり」という大向こう。さらに、一人一人の台詞の後にも明石屋、萬屋とかかっていました。こういうのは嬉しいですね。隼人くんがまたまた背が伸びたようですね。来年あたりはお父さんを追い越してしまうのでは?廣松くんは、玉太郎くんのお母さんといってもいいくらいの落ち着き(褒めてます)と独特の存在感を見せていましたね。玉太郎くんの可愛い見得に観客席から大拍手。

舞台正面に囃子方、下手常磐津、上手義太夫、さらに上から大薩摩と華やか。鬼さんたちの隈取りがすごかったけど、とても楽しい舞台でした。

実は、今日、「魔界転生」を見に演舞場に行ったのですが...が...1部で、あえなくリタイア。山田風太郎の原作をどう舞台化されるのか興味があったのですが...。幕開きからなんとなぁ~く居心地が悪かったのですが、話がある程度進めばこの舞台の雰囲気に慣れてくるかなと思って見ていたのですが...。どうも、今日は、最後まで見る勇気と気力を持ち合わせていないようなので、潔く演舞場を後にしました。テイストが合わないのはしかたがないことですものね。

ということで、このまま家に帰るのもなんなので、お口直しに紅葉狩を幕見したという次第でございます。チャンチャン!

|

« スマステ5 | トップページ | 朧の盛りに棲む鬼のあらまし »

「つぶやき」カテゴリの記事

コメント

>kirigirisuさま
興味ある役者さんの年代が止めどなく下がり続けてます。
男山の山神たちほほえましかったですね。巫女さんの廣松丈はしっかりしておられますし,初舞台踏んだばかりの玉太郎くんが意外に危なげない。
信二郎丈のあまりの端正さにお写真買いまして早速飾っております。隼人さんのお写真売り切れありました。
それはそうと,涎くりの松江丈というのが謎。

投稿: とみ | 2006年9月23日 00:51

確かに、最近、興味ある役者さんの年代がドンドン下がりつつあります。おじさま方が若い女性を好ましく思う気持ちが良く分かります。(笑)今日は、うっかりしていて写真を見損なってしまいました。もう行く時間がないので、筋書の小さい写真で我慢することにします。(ガックリ)

投稿: kirigirisu | 2006年9月23日 02:26

え~?魔界、最後まで見ずに帰ったんですかぁ??(@o@)
実は急用でお江戸にいっておりまして、合間を縫って(どっちが合間か(^^;;?)舞台を見ました。最初は確かに「ん~(ーー;)」なカンジでしたが、最後の最後が良かったですよ~~!!感想まとめたいけど、手がつけられなくて(;^_^A
鬼揃もよかったですね~!綺麗でしたし、音楽も見て聞いて楽しかったです!(^-^)

投稿: 夕凪 | 2006年9月23日 09:13

夕凪さん、こんにちは。
この日は、最後まで見ていられる気力がありませんでした。(^^; お話自体は面白いので、次回は橋之助さんにぜひ歌舞伎でやっていただければいいなと思っています。

投稿: kirigirisu | 2006年9月23日 11:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21013/11911765

この記事へのトラックバック一覧です: 紅葉狩(幕見):

« スマステ5 | トップページ | 朧の盛りに棲む鬼のあらまし »