« 三響會夜の部 | トップページ | 花形歌舞伎@演舞場 »

2006年10月31日

あしたから11月

今年も残すところ、あと2ヵ月となってしまいました。年を重ねるごとに月日の経つのが早く感じるのは、「年をとるとそれだけ動きが鈍くなるため同じことをやるにもそれだけ費やす時間が多いからだ」という説があるそうですが、「確かにそうかも」と感じる今日この頃。若かりし頃、朝起きてから家を出るまでに最短20分平均30分(食事+化粧含めて)くらいでしたのに、最近は、気が付くと1時間以上経っていることも多々。まぁ、これは勤め人でなくなったせいもあるかもしれませんが、動作が鈍くなっているのも確か。

さて、今月は色々とあって、ゆっくりと観劇する時間があまり取れませんでした。特に、歌舞伎座は、とりあえず見たいものだけ見たという感じで、結局、昼の部の「寿曽我」と夜の部の「五段目・六段目」だけ。でも、結構満足。(^^) 

「寿曽我」は、錦絵を見るようと称された五郎(海老蔵)と十郎(菊之助)の美しさにうっとり。五郎が海老蔵で十郎が菊之助だからこその絶妙なバランスとゴージャスな世界に引き込まれて、あっと言う間の1時間。欲を言えば、やっぱりお正月に見たかったかな。11月の勧進帳も楽しみ。この二人の組み合わせは、もちろん大好き。いっぱい見たいとも思う。でも、二人があまりにもぴったり合い過ぎるから、若いときはあまり一緒に組まない方が良いのかなと老婆心で思うこともある。

「五段目・六段目」は、折角、仁左衛門さんと海老蔵さんの共演なのに、二人が並んだ姿を見られないのはホントに残念でした。定九郎は、かなり悪そうな山賊風。先月見た文楽の定九郎に近いのかな?破れ傘の見得は、なんとも凄みがありました。すぐに鉄砲で撃たれちゃっいましたが、3Fで見ていましたので、しばしの間、立派なおみ足をおがませて頂きました。眼福眼福。(笑) 10日くらい前に見たのに、すっかり忘却のかなた。覚えているのは、

  • 千崎弥五郎が勘平の家を尋ねたときにメモを取らなかった
  • おかやがかなり強いお婆さん
  • 猟人の先頭の人が3人分の鉄砲をてぬぐいで結わえて担いできた(金丸座で見たときは、1人分忘れてきていましたっけ(^^;)
  • 勘平さんを訪ねてきたのは千崎弥五郎と不破数衛門。(今年の浅草と金丸座は、千崎弥五郎と原郷右衛門だったように記憶していたのであれ?と思いました)
  • 仁左衛門さんの水浅葱の紋服姿がそれはそれは美しいこと。30ちょっと前の勘平さんのはかなさがヒシヒシと伝わってきました。
  • 菊之助さんのお軽は可愛らしかったですが、勘平とラブラブな感じがあまりしませんでした。仁左衛門さんの勘平でそこまで望むのは難しいかもしれませんね。もう少しキャリアの近い役者だと、もっとしっくりくるのかもしれません。

観劇日:「寿曽我」は、10月15日(3F1列中央やや下手)、「五段目・六段目」は、10月20日(3F1列中央)

|

« 三響會夜の部 | トップページ | 花形歌舞伎@演舞場 »

「つぶやき」カテゴリの記事

コメント

kirigirisu様、こんばんは。
もう11月になってしまいましたね~。
私も今日、ようやく来年の手帳を買いました。

そういえば五段目では、海老蔵さんと仁左衛門さんが並んでいるわけではないですよね。
(一方は倒れてる。笑)
それでも私はあの広い空間にいるのは見目麗しいあのお二方だけ、というだけで
何とも贅沢な気分になりました。

勘平とお軽がラブラブに見えなかったというのは同感です。


11月の新橋、実はまだチケットが取れていないんですよ(涙)
この週末はこまめにHPをチェックしてみようと思います。

投稿: よんたん | 2006年11月 2日 22:59

よんたんさん

せっかくのツーショット。でも一人は倒れているので、これは3階で見るしかないと。一列目で思いっきり前のめり(ゴメンナサイ。後ろに座っていた方々m(..)m)

わたしが見た日は勘平さんが定九郎の足を上げたときに勢いがついてしまったようで、定九郎さんのさがりが横に思いっきりめくれてしまいかなりお得な気分(*^^*) あっ、いえそちらばかり見ていたわけではございません。(ホントか?>ぢぶん(^^;;)今度、共演する機会があったら、少なくとも並んで立って頂きたいと思いますです。(^^)

演舞場は、若さが満ちあふれています。なんとかチケットが取れるとよいですね。わたしも時間があったら見てみますね。

投稿: kirigirisu | 2006年11月 2日 23:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21013/12505188

この記事へのトラックバック一覧です: あしたから11月:

« 三響會夜の部 | トップページ | 花形歌舞伎@演舞場 »