« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月

2006年10月31日

あしたから11月

今年も残すところ、あと2ヵ月となってしまいました。年を重ねるごとに月日の経つのが早く感じるのは、「年をとるとそれだけ動きが鈍くなるため同じことをやるにもそれだけ費やす時間が多いからだ」という説があるそうですが、「確かにそうかも」と感じる今日この頃。若かりし頃、朝起きてから家を出るまでに最短20分平均30分(食事+化粧含めて)くらいでしたのに、最近は、気が付くと1時間以上経っていることも多々。まぁ、これは勤め人でなくなったせいもあるかもしれませんが、動作が鈍くなっているのも確か。

さて、今月は色々とあって、ゆっくりと観劇する時間があまり取れませんでした。特に、歌舞伎座は、とりあえず見たいものだけ見たという感じで、結局、昼の部の「寿曽我」と夜の部の「五段目・六段目」だけ。でも、結構満足。(^^) 

続きを読む "あしたから11月"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月28日

三響會夜の部

三響會夜の部行ってきました。実は、その前に、先月末からのバタバタで「出口のない海」を見ていなくて、今日、やっとのことで滑り込みで見てきました。今月2度目のハシゴ。両方ともしかたなくのハシゴでしたが、あまり良いものではないですね。楽しむために見に行くものですから、スケジュールをこなすような感じになっては本末転倒かなと...。ちょっと反省。

さて、夜の部は6時開演なので、5時半過ぎ頃に到着したら劇場の前はごった返していました。昼の部が終わるのが遅かったようで、ちょうど昼の部のお客さんが出てくるところでした。

  1. 囃子競演  
  2. 藤娘
  3. 歌舞伎 安達原
  4. 能 安達原

藤娘は半落ち、歌舞伎の安達原の前半は完落ちで、ちゃんと見たのは、囃子競演と能の安達原だけなので、あまり書くことはなかったりします。(^^;

続きを読む "三響會夜の部"

| | コメント (12) | トラックバック (1)

2006年10月26日

2007年新春浅草歌舞伎

新春浅草歌舞伎の演目と配役が決まりましたね。愛之助さんのいがみの権太は、上方風なんでしょうか?2年くらい前でしたでしょうか仁左衛門さんがなさって大評判だったのを見損なってます。上方版というか仁左衛門版が見てみたいなぁ...。愛之助さんのことですから仁左衛門さんに習いに行きますよね。きっと。(願望)

<第一部>

一、義経千本桜(すし屋)

いがみの権太  片岡愛之助
弥助実は三位中将維盛  中村七之助
若葉の内侍  中村亀鶴  
梶原平三景時  中村獅童  
鮓屋弥左衛門  市川男女蔵

二、身替座禅

山蔭右京  中村勘太郎
太郎冠者  中村七之助  
奥方玉の井  中村獅童

<第2部>

一、義経千本桜 (渡海屋・大物浦)

渡海屋銀平実は新中納言知盛   中村獅童
女房お柳実は典侍の局  中村七之助
源義経  中村勘太郎
相模五郎  中村亀鶴
入江丹蔵  片岡愛之助
武蔵坊弁慶  市川男女蔵

二、身替座禅

山蔭右京  中村勘太郎
太郎冠者  中村亀鶴
奥方玉の井  片岡愛之助

正直言って、第2部の渡海屋・大物浦の銀平(知盛)の配役はなんだかなぁという感じがします。映画やTVで売れているのと、歌舞伎のお役とを一緒にするというのはどうなんでしょうね。このお役をやるだけの下地があるのかというのも疑問です。普段、歌舞伎の舞台を一生懸命勤めていて、力をつけてきている方々にこそ、こういう場でチャンスを与えてもよいのではないかと思う次第です。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年10月21日

お能の効能

今日、生まれて2度目のお能を見に国立能楽堂に行ってきました。演目は狂言「栗焼」と能「船弁慶」(観世流)。先月末からバタバタしていて歌舞伎座も、まだ「寿曽我」を見ただけ。今日を逃すと夜の部というか5段目・6段目を見に行かれそうな日が後1~2日あるかないかという感じになってきたので、「栗焼」は思い切ってパスして、歌舞伎座と能楽堂をハシゴしてきました。

続きを読む "お能の効能"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月19日

お正月松竹座の演目

でましたよ。お正月の松竹座の演目

1月2日(火)初日~1月26日(金)千穐楽

【昼の部】午前11時開演

1. 毛谷村
   六助             翫 雀
  微塵弾正     進之介
  娘お園          扇 雀

2. 勧進帳
   武蔵坊弁慶  團十郎
  富樫左衛門  海老蔵
  源義経         藤十郎

3. 封印切
   忠兵衛        藤十郎
   梅川           秀太郎
   八右衛門     我 當

【夜の部】午後4時30分開演

1. 毛抜
  粂寺弾正  海老蔵 
  腰元巻絹  扇 雀

2.  仮名手本忠臣蔵九段目
  戸無瀬           藤十郎
   加古川本蔵    我 當
   大星力弥        翫 雀
   小浪               扇 雀
  お石               秀太郎
   大星由良之助   團十郎

3.  上、藤娘
    藤の精  扇 雀
  下、供奴
    奴駒平  翫 雀

のんびりとお正月気分でお芝居が見られそうですね。勧進帳をこの三人の配役で見ることができるのはとても嬉しいのですが、團十郎さんの体調が気になるところです。が、10月14日付の名流に今月はお芝居が終わってから六本木からご自宅まで1時間歩いていらっしゃるというお話書かれています。体力気力ともに充実されていらっしゃるようです。(^^) 海老蔵さんの粂寺弾正は、たぶん初役だと思われます。どんなお茶目な粂寺弾正さんを見せてくれるのでしょうか。

本場で見る鴈治郎版の封印切も楽しみです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年10月18日

四の切のお稽古

海老蔵さんが猿之助さんから11月の演舞場で演じる狐忠信のお稽古をしていただいたそうです。デイリースポーツには、小さいですが写真も掲載されています。猿之助さん、お元気そうですね。(^^) ネットのニュースの内容は、各社ほとんど変わらないですが一応ご紹介まで。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年10月17日

2月花形歌舞伎@博多座配役

主な配役の発表は、23日頃と書かれていましたが博多座のサイトにアップされていました。昼の部と船弁慶は予想どおりでした。(^^)v  

【昼の部】 午前11時開演
一、高時       ◆北条高時  海老蔵 
        
二、春興鏡獅子   ◆小姓弥生/獅子の精 菊之助
 
三、蘭平物狂     ◆奴 蘭平実は伴義雄  松緑
            ◆在原行平  菊之助


【夜の部】 午後4時15分開演
一、おちくぼ物語        ◆おちくぼの君  菊之助
                    ◆左近少将  海老蔵
 
二、船弁慶                       ◆静御前/平知盛の霊  海老蔵
                   ◆舟長三保太夫  松緑

三、彦市ばなし         ◆彦市  松緑

夜の部の開演が4時15分ということは、飛行機や新幹線の最終になんとか間に合うようにという配慮でしょうかしらん。(^^) 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年10月15日

12月歌舞伎座演目

今日、ちょっと時間が空いたので「寿曽我」だけ見てきました。まだ、ちらしはできていませんでしたが入口の上の看板に12月の演目がでていました。ざっと、書き写してきましたが、肝心の日程を見てくるのを忘れてしまいました。(^^; まぁ、一両日中には松竹のサイトにアップされると思いますので書き間違い等も含めて悪しからずご容赦くださいませ。

<追記>メルマガで12月の公演のお知らせが来ましたので日程その他追記します。

12月2日(土)初日~12月26日(火)千穐楽

【昼の部】

1.八重桐廓噺
  八重桐/菊之助

2.将門
  如月・滝夜叉姫/時蔵、光圀/松緑

3. 芝浜
  政五郎/菊五郎、おたつ/魁春、おかね/東蔵、梅吉/彦三郎、
    大家/田之助

4. 勢獅子
 鳶頭/梅玉、松緑、芸者/雀右衛門

【夜の部】

1.神霊矢口渡
 頓兵衛/富十郎、お舟/菊之助

2. 出刃打お玉
 お玉/菊五郎、おろく/時蔵、広円和尚/田之助、増田正蔵/梅玉
 

3. 紅葉狩(新歌舞伎十八番)
  更科姫・鬼女/海老蔵、平維茂/松緑

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年10月14日

むふふふふ...紅葉狩だわ...

舞台衣裳の模様絵師をなさっている方のブログをのぞいてみたら、今回は「紅葉狩」の衣装のお話。見かけによらず刺繍が好きなもので、ふむふむと写真を拝見していたら、あら、「海老蔵さんが12月の公演に着用する」との文字が...うひゃひゃひゃ!!やったね。

12月に歌舞伎座に出演される予定というのは後援会の会報に載っていたのですが、演目までは分からなかったので嬉しい限り。12月の歌舞伎座の演目がそろそろ発表されても良い頃ですね。後はどんなものがかかるのでしょうか。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年3月国立小劇場プチ情報

またまた、昨日書き忘れた国立劇場の記念公演のプチ情報です。忘れついでに別項目にしました。

筋書によりますと、3月の小劇場の歌舞伎公演(3月9日~25日)は、40周年を記念して募集した新作歌舞伎を上演する予定だそうです。出演者等については書かれていませんでした。乞ご期待?!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

元禄忠臣蔵1部

本日(13日)見てきました。国立劇場のサイトに「チケット完売」と書いてありましたが、劇場の入り口にも「満員御礼」の札が立っていました。今日は、どこかの団体さんも入っていたせいかロビーもいつもより混雑気味。

見終わって一番感じたのは、いつもより耳が疲れたということでしょうか。普段は、新歌舞伎でも古典でもボォ~っと聞いている(見ている)ことが多いのですが、元禄忠臣蔵は、ほとんど台詞のみですし、音楽が入らないので耳やすめするときがないことも関係があるのかも。それに、なにせ登場人物が多いし、同じような格好(拵え)なので、ちょっと気を許すと一体この人は誰だっけ?状態。(^^; 多少デフォルメ気味の衣装やお化粧って見る方にはありがたいものですね。

続きを読む "元禄忠臣蔵1部"

| | コメント (6) | トラックバック (2)

2006年10月13日

元禄忠臣蔵3部の出演者情報

今日、元禄忠臣蔵の一部を見てきました。感想は後ほど書く予定です。その前に3部の出演者情報。すでにちらしに発表されている方々以外に、筋書の3部の出演者欄に歌六さんのお名前が書かれていました。歌六さんの隠れファン(別に隠れなくてもいいんですが(^^;)としては嬉しい次第。信二郎さんは、期待どおり磯貝十郎左衛門をなさるそうです。これで、3部まで無事完走できそうな予感。

ここ2週間余りちょっとばっかり慌ただしい生活を送っていたのでブログを更新する時間と気力が不足。いつもおじゃましているブロガーさんのところにも行かれずじまい。10日間のご無沙汰をしてしまいました。ブログを初めてから約1年弱ですが、10日間も更新しなかったのは初めてのことかもしれませぬ。今月一杯は、省エネ気味になりそうですが、ボチボチと復活の予定ですので、今後ともよろしくお願いします。m(..)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月博多座花形歌舞伎

来年2月の花形歌舞伎の演目が博多座のサイトに掲載されましたね。配役は23日に発表とのこと。

【昼の部】 午前11時開演
 一、新歌舞伎十八番の内 高時
 二、新歌舞伎十八番の内 春興鏡獅子
 三、倭仮名在原系図 蘭平物狂


【夜の部】 午後4時15分開演
 一、おちくぼ物語
 二、新歌舞伎十八番の内 船弁慶
 三、彦市ばなし

単純に考えると、昼の部は、高時は海老蔵さん、鏡獅子は菊之助さん、蘭平物狂は松緑さんでしょうか。そうすると、気になるのが夜の部の船弁慶。三人のうち誰がやってもおかしくないですものね。ただ、鏡獅子もかなり体力いるし、蘭平は立ち廻りが大変なので、もしかしたら?もしかでしょうか?(^^)まぁ、三人のうち誰が何をやるにしても、博多には行くつもりなので配役が出るのをあれこれと妄想しながら楽しみに待っていることにいたしませう。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2006年10月 4日

忠臣蔵関連小説

今日、元禄忠臣蔵@国立劇場の初日ですね。当初、12時開始の部の終了時間が4時20分と出ていましたが、今日現在のタイムテーブルを見ると終了時間が4時40分となっています。見る方も演じる方も体力入りそうですね。

文楽の仮名手本忠臣蔵を見て、元禄忠臣蔵(岩波文庫)を読んでから、忠臣蔵がちょっと気になっています。文献をあさる知力も気力もないので、手っ取り早い小説に手をのばしてみました。この方法は、学生時代の歴史の試験に結構役立ちました。高得点は望めませんが、赤点はまぬがれます...(^^;

とりあえず読んでみたものは、

オンライン書店ビーケーワン:最後の忠臣蔵  オンライン書店ビーケーワン:四十七人の刺客 上  オンライン書店ビーケーワン:異色忠臣蔵大傑作集  オンライン書店ビーケーワン:堀部安兵衛 下巻

池宮彰一郎さんのものは角川文庫、堀部安兵衛は新潮文庫です。「最後の忠臣蔵」は、討ち入りに参加したものの、大石蔵之助の命により泉岳寺に向かう途中に抜けた寺坂吉右衛門のお話。「四十七人の刺客」は、松の廊下の刃傷事件以降討ち入りまでの大石内蔵助と上杉家の知力財力を尽くした攻防戦が面白い。話の筋もさることながら、江戸から赤穂までの約620キロを5日半(実に1日に120キロ)で踏破した早打ちのこと、本所の吉良家が要塞さながらだったこと、赤穂浪士側の討ち入りの装束などの記述もとても面白い。

「異色忠臣蔵大傑作集」は、10人の作家がそれぞれに忠臣蔵を題材にした小説を集めたもの。それぞれ好みはあるでしょうが、池宮彰一郎さんの「千里の馬」、安西篤子さんの「残る言の葉」が読み応えがありました。

「堀部安兵衛」は、この小説はどちらかというと中山安兵衛の時代が主で、あまり討ち入りについては力を入れて書いていないようです。しかし、堀部安兵衛さんの30数年の人生は波瀾万丈という言葉で簡単には片付けられないほど濃いものだったのでしょうね。二人分の人生を生き抜いたように感じます。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年10月 1日

ちょい読み

Amazonなどでも本の中身をサイトでちょっとだけ見ることができるようになりましたが、「染模様恩愛御書」のノベライズ本「紅蓮のくちづけ」も、パレット文庫のサイトでちょっと読みができるようです。(→こちら)この手の本は読んだことがないので、読んでみたい気もしますが...(^^; 

今のところ大阪遠征はペンディング状態。というか、諸般の事情により10月の前半の予定が全く見えなくなってしまいました。明日の歌舞伎座の初日、5段目・6段目に行くつもりでチケットをゲットしていたのですがパスでございます。今週はちょっといじけて過ごすことになりそうです。(イジイジ...)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »