« 2007年新春浅草歌舞伎 | トップページ | あしたから11月 »

2006年10月28日

三響會夜の部

三響會夜の部行ってきました。実は、その前に、先月末からのバタバタで「出口のない海」を見ていなくて、今日、やっとのことで滑り込みで見てきました。今月2度目のハシゴ。両方ともしかたなくのハシゴでしたが、あまり良いものではないですね。楽しむために見に行くものですから、スケジュールをこなすような感じになっては本末転倒かなと...。ちょっと反省。

さて、夜の部は6時開演なので、5時半過ぎ頃に到着したら劇場の前はごった返していました。昼の部が終わるのが遅かったようで、ちょうど昼の部のお客さんが出てくるところでした。

  1. 囃子競演  
  2. 藤娘
  3. 歌舞伎 安達原
  4. 能 安達原

藤娘は半落ち、歌舞伎の安達原の前半は完落ちで、ちゃんと見たのは、囃子競演と能の安達原だけなので、あまり書くことはなかったりします。(^^;

囃子競演では、印象に残ったのは、尺八の藤原道山さん。先月見た「敦~山月記・名人伝」でも道山さんの尺八の音色がとても素敵で印象に残ったのですが、今日も、素敵な音色を聞かせて頂きました。普通の尺八の倍ぐらいの長さのものから短いものまで、とっかえひっかえ演奏されていました。どれも良い音色。特に福原友裕さんの笛との合奏部分は、二人だけの演奏をもうちょっと聞いていたかったです。最後の「獅子」は、囃子競演に出演された方々も加わったのですが、あまり多くの楽器を入れるよりも、シンプルに鼓と太鼓と笛くらいの方が聴き応えがあるように感じました。

歌舞伎の安達原は、お弁当を食べてお腹がいっぱいになったことに加えて舞台が暗かったためか、完全に意識を失ってしまいました。気が付いたときには、演者が舞台から去り長唄と囃子方だけが舞台にいるという状態でした。(^^;

お能の安達原は、前にたっぷり睡眠をとったせいか目はパッチリ。お能の方が筋がうまくできているし、シンプル。みなさん声が良いので聞いていて気持ちが良いのです。とりわけ、シテの方の声がとても良い声。席は2階だったのですが、すぐ側で聞いているような感じ。ワキの方がでてきたときに、「ん、なんか同じ?」と思ったら先日見た船弁慶で弁慶をされていた方で、声と扮装がほぼ同じでした。

ロビーで、三兄弟のご両親をお見かけしました。お二人とも今日はすっかりお母様とお父様のお顔をされていたようにお見受けしました。亀井忠雄さんは、佐太郎さんのお隣に所在なさげで立っていらっしゃって、失礼ながらとても可愛らしく感じました。

先日、船弁慶を見て、お能って面白いものだということに気が付いたのですが、今日さらに、わたしってお能が好きみたいだということに気が付きました。このところ、お能の公演を色々と漁ってます。

|

« 2007年新春浅草歌舞伎 | トップページ | あしたから11月 »

「伝統芸能」カテゴリの記事

コメント

kirigirisu さま
いやーん。今日も御一緒でしたのね。
私は1階でした。花外でしたが、花道の使用度が高かったのでお得な気分でした。
尺八は藤原道山さんでしたのね。そうかあ。
三響會からも目がはなせませんね。

投稿: かいちょ | 2006年10月28日 01:30

昨日もご一緒のようでしたね。
ホント、まじになにか目印を考えようかしら。
ちなみに、11月は、今のところ1日、3日、17日、24日に演舞場,10日国立に出没予定です。歌舞伎座は出たとこ勝負。(^^)

投稿: kirigirisu | 2006年10月28日 11:06

あらあら、安達原は歌舞伎でお休み、能をばっちりでしたか ^^
近頃はちょい能寄りなkirigirisuさまですかね?
あれこれお楽しみのご様子で良いですね♪
>11月は、今のところ1日、3日、17日、24日に演舞場
横から失礼します!17日は夜ですか?私はお昼にまいりますのに~残念??
入替の時にでもお目にかかれれば嬉しいわ♪え~と目印は・・・。

投稿: 恵美 | 2006年10月28日 13:48

kirigirisuさんは夜の部へいらしたんですね。
私は昼の部でしたので、入れちがいでした。
藤原道山さんの尺八、素敵でしたねぇ。
なんていうかセクシーな音色で。^^;
音程もすごく良かったですよね。
和太鼓の林英哲さんも私は気に入りました。
大きい音は苦手な私ですが、音がのびやかで
決してガツンとこないので心地よく聞けました。

投稿: yuki | 2006年10月28日 17:02

#恵美さん
17日は昼の部に行きますですよ。
お会いできそうですね。(^^)

投稿: kirigirisu | 2006年10月28日 18:53

#yukiさん
昨日は、入れ違いだったようです。
道山さんの尺八は素敵ですよね。
機会があればライブなど聞きに行きたいなと思っています。
林英哲さんの大太鼓、一噌幸弘さんの笛、傳次郎さんの太鼓の
競演も面白かったですね。

投稿: kirigirisu | 2006年10月28日 19:00

私もきっと皆さんとどこかですれ違っていますね。ひょっとしてお隣の席にいたこともあったりして。そう考えるとちょっと楽しくなります。時々お席でメモを取っていらっしゃる方をお見かけしますが、もしかして…。

投稿: SwingingFujisan | 2006年10月29日 00:25

kirigirisuさま
わぁ!丸秘情報(←観劇日)ありがとうございます。
ビンゴ!11月1日は演舞場でーす。
だって初日ですもの。ね!ね!ね!
2階におります。おさると一緒に。
3日は歌舞伎座です。
17日・24日 おしい! 一日ずれてる!
こんな感じです。
(ちなみに国立は4日です)
何か凝った目印はないだろうかと熟考中。


投稿: | 2006年10月29日 01:08

#SwingingFujisanさん
知らぬ間にお隣同士で座っていたなんてことありそうですね。(^^)
わたしは観劇中にメモを取ることはありませんが、
たまにメモを書いている方をお見かけすることあります。
そういうときは、ちょっと聞いて見たくなりますね。(笑)

投稿: kirigirisu | 2006年10月29日 11:32

#かいちょさん
1日は備後、いえ、ビンゴでしたか。(^^)v
わたしは、夜の部に行く予定です。
うまくいけば馬盥から、最悪は四の切だけ
になりそうなのですが、目印作戦考えましょうね。

投稿: kirigirisu | 2006年10月29日 11:39

こんばんは(^^)私も夜の部に行っておりました♪
TBさせていただきますので、よろしくお願いいたします(^0^)

来月は同じ劇場の日がないようですが、いずれの折にか私もお目にかかれればうれしく思います。それから、今更、で恐縮なのですがこちらのブログを拙ブログのリンクに登録させていただきました。今後ともどうぞよろしくお願い申します

投稿: coco | 2006年10月30日 00:37

cocoさん、こんにちは。TBありがとうございます。
来月は、ご一緒の日がないとのことですが、これからも
恐らくどこかの劇場ですれ違うことが多々あるかと思います
ので、いずれかの折にお目にかかれますことを楽しみ
にしております。(^^) 1月あたりは、遭遇率が
高そうですね。

こちらこそ、今後ともよろしくお願いいたします。

投稿: kirigirisu | 2006年10月30日 19:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21013/12455305

この記事へのトラックバック一覧です: 三響會夜の部:

» 三響會特別公演-伝説と伝承- 10/27 [楽しい☆おいしい☆うれしい☆Happy]
亀井広忠、田中傳左衛門、田中傳次郎の「能と歌舞伎、双方の芸を受け継いだ奇跡の三兄 [続きを読む]

受信: 2006年10月30日 00:38

« 2007年新春浅草歌舞伎 | トップページ | あしたから11月 »