« 柝の会セミナー | トップページ | うっかり忘れるところ »

2006年11月 3日

花形歌舞伎@演舞場昼の部

今日、昼の部行ってきました。いやぁ~これぞ花形歌舞伎っていう感じでしょうか。堪能しました。楽しかったです。帰り道、銀座を闊歩するわたしの顔はきっとニマニマしてキモかったことでしょう。(笑)う~ん、もう1回、いやもう2回は見たいぞ!

「番町皿屋敷」は、どうも苦手で、ここ2回くらい歌舞伎座の朝一でかかっていたのもパスしていました。一応食わず嫌いはいけないと思って見たのですが、役者さんがどうこうという前にこの手のお話はダメみたいです。見ながら、ここんちは、なんでも井戸に放り込んじゃうけど、井戸浚いしないのかしら?(^^;と余計なことばかりが気になってしまいます。松緑さん良かったですけれど、南郷力丸を見たら青山播磨はどっかにすっとんでしまいました。

「勧進帳」 いやぁ~よかったです。若さ溢れる弁慶でした。弁慶が揚幕に引っ込んだ後、後ジワきていました。富樫との問答が割合と淡々としているような感じがしていたのですが、その後段々と盛り上がっていきました。富樫の菊之助さんは落ち着いてはいますが、初役ですし、初日からまだ日にちも浅いせいか、やはりちょっと気合い負けしているような気がします。弁慶の海老蔵さん、飛び六方に入る前の気迫はすごかったです。

海老蔵さんの弁慶を見たのは襲名のときの松竹座と今度で2回目。松竹座のときは、義経、富樫は言うまでもなく四天王も番卒もすべて揃っていたせいか、最初に弁慶と富樫が舞台で並んだときにあまりにも幼く見えてちょっとびっくりした記憶があります。今思いかえすと、あのときの仁左衛門さんの富樫はかなり熱かったんじゃないでしょうか。今回は、以前よりも大人っぽい弁慶だったように思います。海老蔵さんはやっぱり荒事がいいですね。2週間後にもう一度見に行く予定にしていますが、それとは別にもう1回くらい行っちゃおうかな。

意外と言っては失礼ですが、静かなたたずまいの中に凛として座っている亀井六郎の男女蔵さんがとても素敵でした。團蔵さんや亡くなった松助さんなどに通じるものを感じました。今月の男女蔵さんすっごくいいかも。

ところで、素朴な疑問なんですが、勧進帳の太刀持ちって、いつも刀持って座っていなかったでしたっけ?今回、太刀持ちの前に刀を置いてあったので、あれ?と思ったのですが...。

「弁天娘女男白浪」いやぁ~理屈抜きにおもしろかったです。観客の目からも見ても「可愛らしい娘」が太々しい盗賊に変わるところなんぞ、今の菊之助さんだからこその、その変わりっぷりが小気味良い。「とわやぁっ!」 男とバレてからの開き直り方が菊五郎さんとそっくり。でも、少年ぽくって可愛らしいのです。菊五郎さんの開き直り方がとても好きなので、見ていて自分でも頬がゆるんでくるのが分かります。

これぞ南郷力丸という感じの松緑さんとの息もぴったり。松緑さん、背中に汗をびっしょりの大熱演。今月、このお役が一番いいかな。願わくば、これで海老蔵さんの日本駄右衛門だったら言うことなしなんですが。でも、それは、きっと、何年後かにかなうことでしょう。

例の「知らざぁ言ってきかせやしょう...」の台詞のところ、菊之助さんは、「ここやかしこの寺島で、小耳に聞いたとっつぁんの...」とおっしゃっていましたね。

これで、昼の部と夜の部を見ましたけれど、わたしは昼の部の方が好きかな。先日、夜の部の「四の切」は音羽型の方が好きと書きましたが、好みは好みとして、全部見た今は、最後の四の切が澤瀉屋型であった方が演目の構成としては断然おもしろいと思っています。海老蔵さんが澤瀉屋型の四の切が合う合わないは別として、この試みは非常に興味深いものだと改めて思いました。花形時代だからこその挑戦ですね。(^^) 今月の演舞場はキラキラと輝いています。

三連休ということもあって、今日もロビーは大勢の人。上村以和於さんや利根川裕さんのお姿もありました。

席:3階2列目中央

|

« 柝の会セミナー | トップページ | うっかり忘れるところ »

「歌舞伎」カテゴリの記事

コメント

kirigirisuさんの感想では、海老蔵さんの弁慶よかったんですね(飛び六方の前の気迫は確かに凄かったです。いい六方でした)。私は1日前に見たのですが、ちょっと…。でも、あのままでは悔しいから、もう一度見たい。されど日程が超キビシイ…。
柝の会セミナーの情報、ありがとうございます。TBさせていただきました。

投稿: SwingingFujisan | 2006年11月 4日 13:53

SwingFujisanさん、こんにちは。

よかったというのは、前回の松竹座の弁慶に比べてということです。あくまでも当社比。(^^) 前回は周囲がすべて整っていた上で演じた弁慶。今回は、自分が引っ張っていく立場での弁慶。初日はかなり突っ走っていたというお話を聞きましたが昨日はあれ?と思うほど淡々としていたようなところもありました。日々変化していくことと思います。

現在、勧進帳の弁慶をなさるのは大看板の役者さんばかり。その方々と比べるべくもありませんが、20代後半の花形役者としては十分に頑張っていたと思います。贔屓目かもしれませんが(^^;

投稿: kirigirisu | 2006年11月 4日 14:30

>弁慶の海老蔵さん、飛び六方に入る前の気迫はすごかったです。
そーなんですよね~。今回は花道近くでみたいものが多いんですよね~。
でも花道近くは持っておりませんの vv ガマンガマン。

投稿: 恵美 | 2006年11月 4日 18:30

#恵美さん

わたしも花道からちょっと遠い席しかありませんの。
首が痛くなっちゃうかしらん。でもガマンガマン(笑)

投稿: kirigirisu | 2006年11月 4日 19:47

こんばんは、コメントありがとうございました(^^)
本当に昼の部、爽快な気分で劇場を出られるのが何よりですね!ぜったいみんないい顔になれます!

あぁまだチケットをお持ちなんですね。うらやましいことです。もう一回・・と思った時には後半の土日祝日はソールドアウトになっていたんですが、今日の夕方チケ松に今週末のかなりいい席が戻っていたので、これからも日々チェックしつづけ(執念深い・・(^^;)、なんとか再来週末以降の再見を目指します!

夜の部は今週末に拝見します。感想は色々らしいですが、「花形」ですからなんでも試してやって!と、kirigirisuさんのおっしゃるように「鷹揚に」見物したいと思います。

TBさせていただきたいと思いますのでよろしくお願いします!よろしかったら、拙ブログにもTBしてくださいませね(^^)

投稿: coco | 2006年11月 6日 23:02

#cocoさん

来週、もう一度昼の部を菊之助ファンの母と一緒に見に行きます。今度は前の方の席なのでまた違った角度で見ることができそうで楽しみです。(^^)

わたしもきのうWeb松竹を見に行ったらすっごく良い席がでてきて、その日は都合が悪いのに思わずポチっとしそうになりました。演舞場はたまにポロッと出てくるんですよね。5月はその恩恵にこうむっちゃいました。(^^)

花形は、役を無難にこなすことよりも果敢に挑戦することが大切なんじゃないのかなと思っています。人それぞれに色々な見方があると思いますけれど、わたしは、失敗を恐れずに若者らしく精一杯やっている姿を見るのが好きです。四苦八苦している中にも「おおっ!やるじゃん!」と光るものを発見する。そんなことも楽しみの一つ。長い年月をかけてゆったりと見ていくことができるのも歌舞伎の良さじゃないかなと思っています。

投稿: kirigirisu | 2006年11月 7日 11:44

kirigirisuさん、こんばんは!
演舞場は今週末に拝見します。
kirigirisuさんのご感想で、俄然楽しみになって参りました!

さて・・勧進帳の太刀持ですが、刀は持っていない・・のが通常のパターンだったと思います。
今月は歌舞伎座は『竹の間』の千松を含めると、三人の太刀持がいるのですが、主君がずっと座っていそうな場合は太刀は指定の場所に置き、主君の次の行動が読めない場合はずっとその手に持っている・・という感じでした。あくまで私見ですが・・。

投稿: yae | 2006年11月 7日 22:30

yaeさん、こんにちは。
今週末のご観劇は、「御目まだるき点、また未熟不鍛錬な点も多々あると思いますが、なにとぞ鷹揚のご見物のほどをひとえにお願い申し上げたてりまするぅ」(笑)でも若さ溢れる舞台です。(^^)

勧進帳の太刀持ちについてコメントありがとうございました。よく考えてみれば、長い時間ずっと手に持っているのは大変ですよね。(^^; ただ、いつもは太刀持ちさんと刀が一体となっている感じがしていたのですが、先日拝見したときには、あれ?刀はどこかしら?という感じがちょっとしたものですから...。

ありゃ、今月の歌舞伎座は、三人も太刀持ちがいるんですか。
お子さん達にとっては、じっと姿勢をくずさずに座っているのは
大変ですね。

投稿: kirigirisu | 2006年11月 8日 14:36

おお、kirigirisuさんは松竹座の時よりもかなりハイスコアをつけられたんですね。(*^_^*)
弁慶の花道七三でのツケイリの大見得がきまった時は、ものすごい気の塊が飛んできたようでした。
ところで「小耳に聞いたとっつあんの」は勘三郎さんの場合「小耳に聞いたじいさんの」と言っておられ、そういえば勘三郎さんのお祖父様は六代目菊五郎だったっけと・・・こういうところが歌舞伎って面白いなぁと思います。

投稿: yuki | 2006年11月 9日 12:04

yukiさん、こんにちは。

松竹座の勧進帳は、yukiさんのところにも書きましたが(HNは近いうちどちらかに統一します(^^;)、あの舞台の熱気はすごかったですし印象深い舞台でした。もちろん、お芝居全体のレベルとしては今回の演舞場とは比べるべくもないものだと思います。

ただ、弁慶だけ抜き出してきた場合、松竹座よりも落ち着いていたし、最後の花道での姿や飛び六方の力強さは数段よかったと思います。舞台が大きくなった分余計な表情を作っているのかなと感じる部分もありますが、これも経験を積むうちに変わっていくんだろうと思います。

投稿: kirigirisu | 2006年11月 9日 12:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21013/12542046

この記事へのトラックバック一覧です: 花形歌舞伎@演舞場昼の部:

« 柝の会セミナー | トップページ | うっかり忘れるところ »