« もう一度見たい! | トップページ | お狂言師歌吉うきよ暦 »

2006年11月19日

近頃面目次第もござりませぬ

「毛抜」で粂寺弾正がちょっかいを出す腰元の巻絹は扇雀さんであることは既に発表されていますが、もう一人の秀太郎はどなただろうと思っていたら、な、なんと上村吉弥さん。(→美吉屋さんのサイト) 秀太郎はたぶん海老蔵さんよりも若い役者さんだろうと勝手に予想していたし、吉弥さんがこういうお役をなさるとは思わなかったのでちょっとびっくりしました。吉弥さんの「ふん!」が見られるのですね。(^^) やっぱり、なんとか日程をやりくりして大阪に行かねば!

来年3月のパリ公演の「紅葉狩」にも吉弥さんは田毎役で出演されます。このところ海老蔵さんは色々なお家の方やこれまであまり一座をしたことがない役者さんと積極的に組もうとされているようです。これも新しい風の一つかなという気がします。

|

« もう一度見たい! | トップページ | お狂言師歌吉うきよ暦 »

「歌舞伎」カテゴリの記事

コメント

kirigirisuさま、お世話になりました。ありがとうございます。
名古屋に帰ってまいりました。

>秀太郎はどなただろうと思っていたら、な、なんと上村吉弥さん。
はい、近頃面目次第もござりませぬ(笑)。
私は吉弥さんの可能性が大好きなんですよ ^^ 。
いつもいつもびっくり!させられて、それが嬉しいのです。
>色々なお家の方やこれまであまり一座をしたことがない役者さんと積極的に
これは本当に嬉しい限りです。
いやぁ~~♪今月の新橋は面白いもの♪素晴らしい!です。
海老ちゃんはこれからもいろいろな可能性、魅力をみせてくれるのでしょうね♪
本当に楽しみですわぁ~~!!

投稿: 恵美 | 2006年11月19日 22:28

恵美さん

お世話なんてとんでもない。こちらこそ気が利かなくって申し訳ありません
でした。(^^; 短い時間でしたけれどお話できて楽しかったです。
またの機会を楽しみにしています。

わたしの中では、吉弥さんは綺麗な女方っていうイメージがあるのですが、
拝見するたびに色々な面を見せてくださって、あれ?これ吉弥さん?
って驚くことが多い昨今です。
毛抜での海老蔵さんとのからみどんなでしょうか?うふふふふ...♪


投稿: kirigirisu | 2006年11月19日 22:59

>kirigirisuさま
拙宅にコメントありがとうございます。
上方におりますと毛抜きを頻繁には見られません。
えーと,勘太郎丈で拝見した記憶が…。

さて,本題です。あまりおえんと秀太郎を同時になさる方は思い当たりません。吉弥丈は,意外性があって素敵です。益々目が離せません。

投稿: とみ | 2006年11月19日 23:12

とみさん、こんにちは。

おえんと秀太郎とガラッと違うお役ですよね。
吉弥さんは意外?と思ったお役でもキッチリこなされて
さらにステップアップされていくっていうところが
本当に素晴らしいと思います。

投稿: kirigirisu | 2006年11月20日 14:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21013/12743830

この記事へのトラックバック一覧です: 近頃面目次第もござりませぬ:

« もう一度見たい! | トップページ | お狂言師歌吉うきよ暦 »