« ど根性サルビア | トップページ | 謹賀新年 »

2006年12月31日

ゆく年2006年

間もなく新しい年を迎えます。1周年の記事でも書きましたが、今年1年ブログを通じて、皆さまとの出会いややりとりによって様々な新しい発見や体験をすることができました。本当に心から感謝しております。今年初めて文楽やお能を見ることができたのもその一つです。特にお能は波長が合うようで、これから歌舞伎ともども楽しみたいと思っています。

今年1年も色々と見ました。見た時点では、感激したりすっごく面白いと思っても、時間が経つとそんなに記憶に残っていなかったりします。今年見たものの中で、ふと頭に浮かんでくるシーンを選んでみました。

・京鹿子娘二人道成寺 

いつもは退屈してしまう踊りですが、1時間強の時間があっという間でした。いくつかバージョンがあったようですが、わたしが行った日は、謡の部分が輪唱。踊りの構成がバレエのようでとても新鮮でした。

・仮名手本忠臣蔵六段目

金丸座で見た海老蔵さんの六段目の勘平。お芝居の出来そのものは別として、家に入ってからほどなく、「かる」と呼んだ優しくちょっと甘い響きを含めた勘平のあの声は忘れられません。わたしがお軽だったら、あんな風に呼ばれたら、勘平さんのためならなんでもしちゃいます。(^^;

歌舞伎座の仁左衛門さんの勘平。勘平さんが最後に義父を殺したのは自分ではないと分かったときに浮かべた安堵の表情と髪の毛の動きの美しさと水浅葱色が目にやきついています。

・夏祭浪花鑑

歌六さんのドロドロの義平次。これでもかっていう風に団七の足にしがいみついていたあの嫌な爺さんぶりにやられました。この義平次で歌六さんのファンになったといってもいいかもしれない。

・海神別荘

見る前に見るかどうかわからないなど散々ぶ~たれていたし、見た後も泉鏡花が好きになったわけでもないのに、結局3回見てしまいました。なんでこの演目がそんなに気に入ったのかいまだに分からない。公子さまにいたく共感してしまったとしか言えません。

・土屋主税

木に登った其角役の竹三郎さんの後ろ姿、抑え気味ではあるけれど心から喜んでいる殿様の翫雀さんの姿に思わずウルっとしてしまいました。

・勧進帳

11月17日の海老蔵さんの弁慶。最後、富樫の顔をきちんと見て「かたじけない」とばかりに丁寧にお辞儀をして、最後の飛び六方で揚幕に入るまで。非常に男らしい弁慶でした。

・井筒

歌舞伎ではありませんが、先日見た、「井筒」の橋がかりを歩いている前シテの神々しいばかりの美しさはこれまでに見たことのないものでした。お能にさらに嵌まった一瞬かもしれません。

|

« ど根性サルビア | トップページ | 謹賀新年 »

「つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21013/13284182

この記事へのトラックバック一覧です: ゆく年2006年:

« ど根性サルビア | トップページ | 謹賀新年 »