« 元禄忠臣蔵第3部 | トップページ | 二代目 中村錦之助襲名記者会見 »

2006年12月18日

紅葉狩

初日に夜の部を見逃してしまったので、夜の部は来週までおあずけなんですが、待ちきれずに、きのう、紅葉狩だけ見てきました。

初めて紅葉狩を見たのが一昨年の菊五郎さん。海老蔵襲名公演のときでした。なので記憶が鮮明...のはずなんですが...、あのときは、お昼ご飯を食べたあとで、維茂だけでなくわたしも一部の腰元さん(笑)も鬼女の術中の陥ってしまい、みんなで寝れば恐くない状態。席が前の方でしたので、目だけは開いていたのですが...ところどころ意識不明。

きのうは3Fの西側で見たので、かなり舞台が見切れてしまい声はすれども姿は見えず状態で全体を見ることができなかったのですが、一言で言えば、若さ溢れる舞台で面白かったです。人間離れしたお役をさせれば海老蔵さんは天下一品。(笑)

舞台全体が見られないため最初ちょっとストレスを感じていたのですが、更級姫が居眠りを始めた維茂の方を見てから下手の方に顔を向けた瞬間にそそとしたお姫さまの顔から般若面のような顔になったのを見ることができたのは儲けもの。鬼女が正体を現した瞬間を見ることができたためか、ここから何が始まるんだろうという期待感がフツフツと湧いてきました。

いやぁ~鬼の正体を現した後は、海老蔵さんの独壇場。姫の衣装でのあの引っ込みは大変でしたでしょう。立役だからこそできる引っ込みかもしれません。鬼になって登場してからは怪物度全開。観客席はヤンヤの喝采。菊五郎さんは黄色っぽい衣装でしたけれど海老蔵さんのはオレンジ色。その色も見た目の魔物度がアップした感がします。青隈を入れた隈取りの顔で赤い舌を出していましたけれど、昔、6代目梅幸さんなどは、口から火を噴いたそうです。

紅葉狩の初演は明治20年。九代目さんは御年49才。九代目さんの紅葉狩を記録した映画があるそうですが見てみたいですね。九代目さんも色々と新しい試みをされた方で、最初は反発や不評もあったようです。(成田屋のサイトより)

海老蔵さんは、今月の「紅葉狩」、2月の博多座での「高時」、「船弁慶」と新歌舞伎十八番の初役が続きます。これは、團十郎さんが新歌舞伎十八番の方もこれからきちんとしていきたいということを雑誌(雑誌名は失念してしまいました)でおっしゃっていましたことの一歩なのかなという気がします。

女性が歌舞伎の舞台に立つことに対して賛否両論があるようですが、九代目さんもお嬢さんを舞台に出されていますし、昭和30年代~40年代にかけても女優さんが多く出演されています。今回ぼたんさんが紅葉狩に出演されていいますが、市川流の踊りを継承していく一人として舞台に立たれているのだろうと推察しています。きのうは上から見たせいもあるかもしれませんが思ったよりは違和感がありませんでした。踊りのことはよく分かりませんが、きっちりと丁寧に踊られていたように思います。

|

« 元禄忠臣蔵第3部 | トップページ | 二代目 中村錦之助襲名記者会見 »

「歌舞伎」カテゴリの記事

コメント

成田屋「むすめ歌舞伎」をご覧いただければ、さらに他の女流踊りをご覧いただき比べて戴ければ、ぼたんさんがいかに歌舞伎かがお分かり戴けると存じます。
歌舞伎の基本が阿国ならば、女が主流なはずですね。
でも市川流は(見比べれば)男踊りです。が、その家元を女に今もしているあたりに、成田屋の心意気を私は感じております。
>姫の衣装でのあの引っ込みは大変でしたでしょう。
あれが市川=成田屋=歌舞伎と思っております。現・海老さんの「原点」への後ずさり(「海老は後ろに進む」)へのこだわりを嬉しく感じます。

投稿: 恵美 | 2006年12月19日 00:15

#恵美さん

踊りのことは分からないのですが、ぼたんさんが市川流を継承していく一人として覚悟の上舞台に立たれているという気概は感じました。歌舞伎の舞踊は、これまでも、舞台に立たないまでも振り付けなどで女性が支えてきている部分がとても大きいですよね。

市川流も、九代目のお嬢さんが二代目家元としてしっかりと継承してきたからこそ現在まで受け継がれてきているわけですしね。

海老蔵さんと團十郎さんの原点へ戻る旅は始まったばかり。これからも新歌舞伎十八番で色々な試みが見られることでしょうね。楽しみです。(^^)

投稿: kirigirisu | 2006年12月19日 01:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21013/13111435

この記事へのトラックバック一覧です: 紅葉狩:

« 元禄忠臣蔵第3部 | トップページ | 二代目 中村錦之助襲名記者会見 »