« 第23回こんぴら歌舞伎 第1報 | トップページ | タイムラグその後の顛末 »

2006年12月13日

お正月の松竹座

お正月の松竹座の配役がなにげに追加されていました。勧進帳の四天王は、ほぼ予想どおりでしたが、右之助さんではなくて門之助さんが入っているのは予想外でした。市蔵さんは、まだ、お若いのにちょっとお気の毒ですが常陸坊が定着しつつあるようです。門之助さんは、今月の紅葉狩で田毎役で海老蔵さんとご一緒ですが、毛抜でも小野春風でご出演です。そう言えば海神別荘でも共演されていましたね。

わたし的には昼の部の「封印切」がかなり期待大です。(^^) 

亀屋忠兵衛...坂田藤十郎
傾城梅川...片岡秀太郎
槌屋治右衛門...坂東竹三郎
井筒屋おえん...上村吉弥
丹羽屋八右衛門 ...片岡我當

|

« 第23回こんぴら歌舞伎 第1報 | トップページ | タイムラグその後の顛末 »

「つぶやき」カテゴリの記事

「歌舞伎」カテゴリの記事

コメント

>わたし的には昼の部の「封印切」がかなり期待大です。(^^)
藤十郎さんvs我當さんですね♪え~感じです♪
そこにまた輪をかける吉弥さん♪めっちゃえ~感じです♪
私は「毛抜」もツボです。
海老さんが吉弥さんにちょっかい出す・・・思いっきり笑って観ちゃいそうです(笑)やばい。

投稿: 恵美 | 2006年12月13日 20:04

普段は、断然江戸歌舞伎贔屓なんですが、封印切のようなお芝居は、やっぱり上方の役者さんで見たい。いくら上手な役者さんがでていても、上方の役者さんじゃなければ出せない雰囲気ってありますよね。
今回みたいに、主なお役の5人が揃って上方の役者さんで見られるのがとても楽しみです。(^^)

投稿: kirigirisu | 2006年12月14日 02:05

kirigirisuさん、こんにちは。

おえんが吉弥さんだとわかった時には、
「あれ?竹三郎さんは~?」と思ったのですが、
まさか治右衛門だとは・・・・・。
私的にはすごく意外ですごく嬉しい。
今回の「封印切」は観ておかないと・・・・と思っています。

投稿: rika | 2006年12月14日 10:46

#rikaさん

治右衛門が竹三郎さんというのは、わたしも意外で嬉しかったです。(^^)
竹三郎さんはどんなお役でも品があるし、決して出しゃばらないけれど、存在感のある役者さんですよね。

投稿: kirigirisu | 2006年12月14日 14:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21013/13057458

この記事へのトラックバック一覧です: お正月の松竹座:

« 第23回こんぴら歌舞伎 第1報 | トップページ | タイムラグその後の顛末 »