« 初春大歌舞伎@大阪松竹座昼の部 | トップページ | メンテナンスのお知らせ »

2007年1月15日

初春大歌舞伎@大阪松竹座 夜の部

1月は、あれこれと見たいものがあったので、大阪遠征を日帰りにしてしまいました。やはり普段よりもかなり早く起きたせいでしょうか、どうもイマイチ頭も体もしゃんとしません。夕方になると、かなり眠い...(^^; 昼の部と夜の部の間が1時間あるので、近所をお散歩しようかと目論んでいたのですが体力温存することにしました。夜の部も2階後方からの観劇。

『毛抜』歌舞伎十八番の一つで、海老蔵さんの粂寺弾正は初役。現在、上演されているものは十一代目團十郎さんが改定されたものだそうです。海老蔵さんの粂寺弾正は、所々の面白さはありましたけれど、弾正の豪放磊落さと愛嬌を出すにはなんといっても年齢的に若い。やはり40代、50代になってからでないとあのつかみどころがない味を出すのは難しいのではないかと思いました。

秀太郎や腰元にちょっかいを出す場面も見た目のおかしさはあっても、「うふふふ、オイタしちゃだめよ」という雰囲気を出すまでには至らなかったと思います。小原の万兵衛とのやりとりも直球過ぎるので、もう少し弾正さんのおとぼけがあると万兵衛さんのトホホホホぶりがハッキリするのではないかと思いました。ここでも海老蔵さんの見得の決まり方は本当にきれいです。わたしが立役でいいなと思う役者さんは大抵見得の形がきれい。というか見得の形がきれいな役者さんが好き。(^^)

『仮名手本忠臣蔵 九段目』 またもや電池切れで、戸無瀬とお石の最初の遣り取りあたりから記憶が飛び飛びに(^^;; 気がつくと小浪が裲襠の上に座って手を合わせていました。加古川本蔵さんが入ってきたあたりからは面白かったです。八右衛門のときはほとんど記憶がないのですが(^^;、我當さんは本蔵の方が断然良かったと思います。情のある本蔵さんでした。

最後の踊りは諸般の事情により失礼しました。昨日書いた昼の部と合わせて読んでみて、なんだか文句ばかり書いているような気がします。(^^; これは、役者さんというよりも私のコンディションがあまり良くなかったせいだと思います。これから見に行かれる方のレポを楽しみにしております。

大阪と言えども日帰りはちょっと厳しかったです。次回からは、やはり一泊することにします。(^^) 

|

« 初春大歌舞伎@大阪松竹座昼の部 | トップページ | メンテナンスのお知らせ »

「歌舞伎」カテゴリの記事

コメント

大阪遠征、お疲れさまです。
「毛抜」には海老蔵さんは若すぎるというのは、わかるような気がします。団十郎さんが倒れられる前に一度見ましたが、大らかなエッチさがとってもステキでした。団十郎さん、テレビで初日の様子を見た限りでは、あまり顔色がよくなく、心配です。
「勧進帳」は東西ともイマイチのようですねえ。藤十郎さんは、出の時に花道で後ろを向いて杖を傾け山を見上げる動作をやらなかったみたいですが(突っ立ったままだったので驚きました)、kirigirisuさんがご覧になったときもそうでしたか?
昼夜ご覧になっての日帰りですから(素晴らしい行動力です)、本当にかなりお疲れのことでしょう。ごゆっくりお休みくださいませ。

投稿: SwingingFujisan | 2007年1月15日 21:54

SwingFujisanさん

藤十郎さんの出のときはどうだったか記憶がありません。(^^;
松竹座の勧進帳は決して出来は悪くはなかったと思います。
ただ、これまでに見た中で一番気に入っているもの以上では
なかったという感じです。

お芝居の印象は、役者さんだけでなく見る方のコンディションも
結構左右されますのであまりアテにはならないと思います。(^^;

投稿: kirigirisu | 2007年1月15日 23:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21013/13505083

この記事へのトラックバック一覧です: 初春大歌舞伎@大阪松竹座 夜の部:

« 初春大歌舞伎@大阪松竹座昼の部 | トップページ | メンテナンスのお知らせ »