« 第23回こんぴら歌舞伎公式サイト更新 | トップページ | 野毛山~紅葉坂 »

2007年1月11日

1月歌舞伎座夜の部

2007 昨日(10日)、歌舞伎座の夜の部に行ってきました。前日の徹夜の後遺症もあってかなりヨレヨレ状態だったので、舞台全体への集中力がかなり欠けてしまったような気がします。でも、最初の3演目はお正月らしくあでやかな衣装や舞台を堪能しました。

『廓三番叟』舞台上手に黒地に鶴の模様の裲襠。しずしずと登場した千歳太夫さんの白の花模様の裲襠と交換します。これだけでもお正月らしい華やかな感じがします。いつものごとくボォ~っと見ていたらなにやらどっかで聞いたことがある鼓のリズムと笛のメロディが...。そうだった。これ三番叟でした。(爆)

『金閣寺』松永大膳と此下東吉が碁を打つ場面が、某放送局の囲碁の番組を見ているようでなんともビジュアル的に面白くてそちらに気を取られてしまいました。幸四郎さんの松永大膳は、柄も大きいし、動きもゆっくりですし声もちょっと聞き取りにくいところがなんとも悪そうでいいですね。吉右衛門さんのひょうたん柄の裃がとても素敵でした。大柄な方なのでああいう衣装が映えますね。後半、此下東吉が桜の木から二階に登っていきその後に二階が下に下がるところででなぜか観客のどよめきが。(^^;

今回雪姫がしばられる桜の木を下手側にしたために直信と近づきたくても近づけないという思いがより鮮明にはなっていると思いますが、あれだけの桜吹雪ですので、井戸のすぐ側に桜の木があるというのはどうなんだろうという疑問がちょっとよぎってしまいました。(下手にしたといういきさつは1/4の毎日新聞の記事より)雪姫さまはとても美しかったですが、やや技巧的な感じがしないでもなかったです。そのせいでしょうかちょっと情が薄いように感じました。

『鏡獅子』獅子で登場したときに、その姿が国立劇場のロビーにある六代目の鏡獅子にそっくりでびっくりしました。見ている場所が違うせいもあるかもしれませんが、襲名のときの道成寺のイメージが強いせいでしょうか、全体的に思ったよりもあっさりしていたような気がします。胡蝶の二人(鶴松くんと宗生くん)が一生懸命に踊っている姿にオバちゃんはすっかり感動してしまいました。宗生くんは本当に上手になりました。舞台映えもするし将来が楽しみですね。

『切られお富』 切られ与三郎のパロディと福助さんの悪婆ぶりを楽しませていただきました。が、最初の場はどうもお正月には相応しくないというよりも、お正月でなくてもあまり良い気持ちがする場ではないですね。見た目の分かりやすさよりも、お客さんの想像力にまかせるという手をもう少し使っても良いのではないのかなと、悪婆ぶりが良かっただけにちょっと残念に思いました。お富の押したり引いたりのゆすりにお隣に座っていた男性の反応がなかなか面白かったです。(笑)

昨日はわたしのコンディションもあまり良くなかったこともありますが、鏡獅子からやたらに声を掛ける人がいて、集中力が途切れてしまい、折角のよい場面が興ざめになってしまうことも多々。全くないのも寂しいですが、あまり掛け過ぎるというか、掛けどころではないと思われるところで掛け過ぎるのはいかがなもんかと...。正直言ってうるさかったです。(^^;

席:3F1列目中央やや下手寄り

|

« 第23回こんぴら歌舞伎公式サイト更新 | トップページ | 野毛山~紅葉坂 »

「歌舞伎」カテゴリの記事

コメント

激務の後の観劇、おつかれさまでした・・・ それでも、しっかり劇場へ向かわれたのはさすが、でございます。

大向うさんは、いてほしいものですが自己満足(?)で声を掛けまくる方には勘弁して・・・という気持ちになることありますね。掛け声ができないモノからすれば勝手なものの言い方かもしれませんけれど(^^;

鏡獅子の宗生さんは、前の舞台姿を恥ずかしながら記憶していないので比べられないのですが、しっかり成長なさっているんですね。彼らのこれからの10年のさらなる成長、ものすごく濃そうで楽しみですね!

投稿: coco | 2007年1月14日 00:02

cocoさん

お正月にズルズルと遊ぶでもなく仕事するでもなくという時間が結構あったせいでオセオセになってしまったあげくの自業自得だったりします。(^^;

威勢の良い声がたくさんあがるのは好きなんですが、この日は1人の方がやったらめったらかける上に、ただただ大きな声だったので余計に気になってしまいました。小さくても通る声でツボに入ると気持ちがいいし効果も抜群なんでけれどね...。「成田屋」「音羽屋」「松嶋屋」をそれぞれ一生に一度でいいから掛けてみたいです。(^^;

投稿: kirigirisu | 2007年1月14日 16:01

kirigirisuさん、碁もおたしなみになるようでうれしいです。かってですがTBさせていただいてしまいました。歌舞伎座の夜 私も観てきていろいろかいてあります。遊びに来てください

投稿: naojiro | 2007年1月15日 22:57

naojiroさん

TBとコメントありがとうございます。
いえ、あの、碁は全くわかりません。(滝汗)
ただ、父が碁が好きで毎週日曜日に囲碁の番組を見ていますので、居間で食事をしていると見るとはなしに対局の様子が目に入ってくるのです。二人の碁を打っている様子が本当に打っているようで見ていて面白かったです。たぶん、布石は...適当なのではないかと...。

投稿: kirigirisu | 2007年1月15日 23:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21013/13444382

この記事へのトラックバック一覧です: 1月歌舞伎座夜の部:

» 金閣寺(歌舞伎と囲碁) [直隠居の余噺日記]
 歌舞伎座夜の部では「金閣寺」も上演されています。  今回の金閣寺の見どころはなんと言っても幸四郎、吉右衛門、玉三郎の大顔合わせです。それに正清に左團次という贅沢さです。このメンバーで「新薄雪物語」を見てみたいですね。(幸の幸崎、吉の園部、玉の梅の方)... [続きを読む]

受信: 2007年1月15日 22:52

« 第23回こんぴら歌舞伎公式サイト更新 | トップページ | 野毛山~紅葉坂 »