« 團十郎さんTV出演 | トップページ | 旧聞 »

2007年1月 5日

初芝居

Photo_6 本日、国立劇場に行って来ました。とりあえず携帯から枠だけ作りました。後で追記します。

ということで、今年の初芝居は「梅初春五十三驛」とあいなりました。166年ぶりの復活ということですが、新作と言ってもいいのでしょう。最初、筋書を見ながら筋を追っていったのですが、去年もそうでしたが、結局どっちつかずになってしまったので途中で筋を追うのをやめました。どこかで見たようなお芝居や聞いたような台詞が盛りだくさん。その場その場のお芝居を楽しむのがよろしいようです。

新作同然ということもあるし、幕を開けて3日目というこもあって練りが足りないように感じるところもありますけれど、みなさんのびのびと演じているように感じました。特に梅枝くんが、この1年で自信がついたのでしょうかイキイキと演じていたのが印象的でした。菊五郎さんの七変化(実際は四役)は、見た目にはサラっと変えているようにお見受けしました。実際に演じられるのはかなり大変なんでしょうが、さりげなく役どころが変わっているところが菊五郎さんらしいですね。「菊五郎オンステージ」という感じでした。(^^)

岡崎の化け猫は、想像したよりもオドロオドロしくなかったでした。というよりも可愛らしかったです。(^^; この場で化け猫になぶられ操られる娘のアクロバット的な立ち回りも見せ場の一つ。以前にNHKのアーカイブ番組で立師の坂東八重之助さんを取り上げたドキュメンタリーで八重之助がなさっているのを見たことがあります。今回はかなり体が柔らかい方(横顔がちらっと見えただけなんですが辰巳さんかな?)がなさっているようです。中国雑伎団的な動きも少々入っているような...。

橘太郎さんと三津之助さんのあだな姿も珍しいのでは。筋書を見たときは「えぇ~!!」と思いましたけれど、お二人とも意外とというか結構可愛らしかったですよ。菊市郎さんもご活躍でうれしい限り。最初の役は、出番は短いですがかなり目立つお役。「音羽屋!」って声がかかりました。

今回の舞台では「大道具」というよりも「舞台装置」という感じがする場がいくつかありました。大詰の御殿山の装置自体は、よく考えられているし、とても素敵なんですが、ちょっと違和感を感じてしまいました。こういうと語弊があるかもしれませんが、歌舞伎の大道具や背景は、もうちょっとシンプルで大雑把でダサイ方が舞台全体が映えるように思いました。大津三井寺の場の前半の阿闍梨と次郎吉の二人の場面の舞台演出はちょっと?でした。もう少し歌舞伎っぽい方がよいのではないでしょうか。

場所だけでなく黒御簾の音も上方系から江戸系へと変化させているそうですが、わたしは東京っ子なので弥次喜多のように江戸から西に向かうのは分かりやすいのですが、音だけでなく場所の変化も京都から江戸へ向かう感覚がどうもイマイチつかみにくかったです。(^^; ともあれ、理屈なく楽しめるお正月らしい出し物でした。

今日はアンケートが実施されていて、アンケートに答えたら粗品を頂きました。ちなみにウエットティッシュではありませんでした。(笑) 

|

« 團十郎さんTV出演 | トップページ | 旧聞 »

「歌舞伎」カテゴリの記事

コメント

ハローkirigirisuさま
筋がよくわかんなくて、ストーリーに関しては終始「???」だったワタシですが、
>その場その場のお芝居を楽しむのがよろしいようです
を読んで、にゃるほどその通りね&じゃああれでいいんだわと思った次第です。
橘太郎さんと三津之助さんは案外かわゆらしかったですね!
写真の凧?は国立劇場の中にあったものですか?
うーん全然気付かなかった...
とにかく一年の始まりに菊を観られて、それだけで満足☆な菊バカでした。


投稿: noppy | 2007年1月13日 05:07

noppyさん

パロディ満載ですし、筋追って見ちゃうと頭がこんがらかっちゃうような気がします。その場のお芝居を堪能すればいいように作られているんじゃないかと...。思うことにしました。(^^;

凧はロビーの左右の階段の上の天井近くに飾られていました。写真のは舞台に向かって右側です。左は女の人だったような。あれ、誰でしょね?

投稿: kirigirisu | 2007年1月14日 15:46

拝見しました。今月は日生劇場にいます。橘太郎君と一緒に踊っています。来月は演舞場にいます。歌舞伎座が無いと何か落ち着きません。

投稿: 坂東三津之助 | 2010年12月 3日 14:25

三津之助さんから直々のコメントを頂き感激しております。ありがとうございました。

うわぁ~ お二人とも今月は日生劇場でご一緒なんですね。(^^)v 来週の後半に行く予定です。「達陀」は、二代目松緑さんのも拝見しており、大好きな演目の一つです。あの迫力ある群舞にいつも圧倒されています。もしかしたら、橘太郎さんグループ対三津之助さんグループの踊りの対決なんかがあるのでしょうか?どんな舞台になるのか、今からワクワクしています。お二人が出ているなら、後半にも見に行かなくては(^^)

やっぱりお正月に歌舞伎座で公演がないのはちょっと寂しいですよね。演舞場にもおじゃまする予定です。こんぴら歌舞伎で拝見した大和屋さんの「浮世柄比翼稲妻」楽しみにしています。

「達陀」はかなりハードだと聞いております。時節柄、くれぐれもご自愛くださいませ。


投稿: kirigirisu | 2010年12月 3日 18:00

今、日生劇場の楽が終わりました。正月は演舞場の第一声が僕です。見に来てくださいね!

投稿: 坂東三津之助 | 2010年12月25日 22:07

三津之助さん、コメントありがとうございました。
千龝楽おめでとうございます。

「合邦」で橘太郎さんと仲良く?!踊られているところ拝見しました(^^) 

お正月の演舞場の第一声が三津之助さんとのこと。今年の歌舞伎初めは、演舞場の昼の部なので、今年の観劇は三津之助さんの第一声からスタートです。楽しみにしております。

お休みする間もなく、お稽古がはじまることと存じます。時節柄、お風邪などめしませんようご自愛くださいませ。

投稿: kirigirisu | 2010年12月26日 12:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21013/13344151

この記事へのトラックバック一覧です: 初芝居:

« 團十郎さんTV出演 | トップページ | 旧聞 »