« 2007年ローレンスオリビエ賞ノミネート | トップページ | 二つの「道成寺」 »

2007年1月20日

大原御幸異聞

今日、新国立劇場(小劇場)での『大原御幸異聞』」という公演を見に行ってきました。お能の「大原御幸」に現代語を話す樵を登場させて、この時代背景や人間関係やお能の筋などを語ります。能と現代劇の融合の試みだそうです。

舞台は能舞台と同じように四角く表面は黒。高さは客席の床から10cmくらい。橋がかりはありません。お能はこの四角の舞台の中で演じられますが、樵は舞台の外に出ることもあって最前列のお客さんと至近距離のところにいるときもありました。

お能の「大原御幸」を見たことがないので、どこまで純粋なお能を取り入れているのかが分からないのですが、まず、樵が出てきて寂光院に住む美しい女院のことを語ります。この樵さんは美しい建礼門院に惹かれて、寂光院の周囲をさまよい見守っているという設定。建礼門院がどういう人物でなぜここに住んでいるのかを現代語で説明します。お能や平家物語などをよくご存じの方にとっては、もしかしたら釈迦に説法だったかもしれませんが、わたしには丁度良い予習&復習になりました。

樵の話を聞きながら、今月の浅草でかかっている「渡海屋・大物浦」は、まさに、これにつながる話じゃん。と遅まきながら気が付いた次第。(^^; これって、ジグゾーパズルのピースがバッチリはまったときのような爽快感。(世間的には今頃気がつくなんてかなりお粗末さまですが...(滝汗))

ひとしきりの説明の後にお能が始まりました。超初心者としては、樵さんの話が頭に残っているので、全く知らずに見るよりも話に入りやすかったですし、言葉もかなり聞き取りやすかったです。今度、お能の「大原御幸」を見るときにもかなり参考になりそうです。シテの梅若晋矢さんは、一昨年の「三響会」の公演をTVで拝見して以来注目。一度生で見たかった方。今回やっと願いがかないました。やはり生でも素敵でした。とても繊細な品のある女性を演じられていました。立ち姿はもちろんですが後ろ姿もはかなげで良かったです。

この公演を見に行く動機として、山口馬木也さんもかなりポイントが高かったりします。(^^; TVで見るとかなり濃いお顔ですけれど、舞台ではそれほどでもなかったです。でも、横から見ると彫刻のような輪郭。顎の線がしっかりしている役者さんが好みなもので眼福でした。(^^) 樵さんの説明があったのは良かったのですが、役がまだこなれていないせいでしょうかちょっと浮いているような感じがしました。たった3回の公演なので試行錯誤されているうちに終わってしまった感じなんだろうと思います。ぜひ、別の舞台も拝見したいと思いました。

蛇足ですが「しば漬け」の説明はいらなかったのではないかと思います。(これは脚本&演出の問題ですが...)

出演:シテ建礼門院/梅若晋矢、ツレ後白河法皇/梅若靖記、ツレ阿波の内侍/角当直隆、ツレ大納言局/梅若慎太郎、樵/山口馬木也

囃子方:笛:藤田次郎、小鼓:大倉源次郎(19日)・曽和正博(20日)大鼓:柿原弘和(19日)・亀井広忠(20日)/太鼓:助川治

能監修:梅若六郎

寂光院は学生時代(大昔)に一度行ったきり。その頃はほとんど興味が無くて一緒に行った友人達の後にくっついて行っただけのですが、三千院と寂光院がごっちゃになっていますが歩いた場所はなんとなく記憶に残っています。(今は全然変わっちゃっているでしょうけれど)機会があったら、また行ってみようかな。

|

« 2007年ローレンスオリビエ賞ノミネート | トップページ | 二つの「道成寺」 »

「伝統芸能」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21013/13591070

この記事へのトラックバック一覧です: 大原御幸異聞:

« 2007年ローレンスオリビエ賞ノミネート | トップページ | 二つの「道成寺」 »