« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月

2007年2月28日

2007年2月観劇メモ

2月のまとめです。せっかくの仮名手本忠臣蔵の通しなのに、結局、後半に時間が取れずに、昼の部行き損なってしまいました。シクシク。

忠臣蔵を通しで見ることができなかったのは残念でしたけれど、わたしとしては若さ溢れる博多座を堪能したのと安宅で亀井忠雄さんの大鼓の気合いたっぷりの演奏を聞くことができたので満足度はかなり高い月でした。

  • 2月9日   歌舞伎座夜の部<仮名手本忠臣蔵>
  • 2月16日(金)博多座花形歌舞伎夜の部<おちくぼ物語、船弁慶、彦一物語>
  • 2月17日(土)博多座花形歌舞伎昼の部<高時、鏡獅子、蘭平物狂>
  • 2月18日(日)山階襲名<安宅、道成寺他>

今月は、ベスト1を決めるのはむずかしいのでパス。(^^) 強いて挙げるとすると亀井忠雄さんの安宅の大鼓(特に後半)かな。

3月は、今のところ、固定スケジュールは1つだけ。これに後歌舞伎座の昼夜が加わる予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月27日

安宅と道成寺

やっと仕事が一段落。すでに1週間以上経ってしまってかなり記憶があやしいのですが、先週の日曜日の18日に「安宅」と「道成寺」(観世能楽堂)を見てきました。「勧進帳」の元である「安宅」は前々から見たかったのですが、お能超初心者なので番組を見つけるのが遅くて機会を逃していました。最近は、少し慣れてきて、結構、早く見つけることができるようなりました。(^^)v

この日は、観世芳宏さん(観世宗家の観世清和さんの弟さん)の十二世山階彌右衛門襲名披露公演ということで、「安宅」と「道成寺」の豪華二本立てに各観世流のお家の方(という言い方で良いのかな?)の仕舞という豪華版。一回で色々なものが見られるというお能超初心者の闇雲で思いっきり勘違いな発想で、おめでたい会の端っこに座らせていただきました。(^^;

番組は、「安宅」の前に連吟、舞囃子、狂言「牛盗人」がありました。

「安宅」勧進帳 延年之舞 貝立貝付

     シテ:観世清和 子方:観世三郎太 ワキ:宝生閑
     ツレ:武田宗和、武田尚浩、上田公威、藤波重彦、角幸二郎、
                  大西礼久、観世芳伸、浅見重好、坂口貴信
           アイ:山本則孝、山本則俊
             笛:一噌仙幸 小鼓:大倉源次郎 大鼓:亀井忠雄 

仕舞    「老松」梅若万三郎、「笠之段」梅若六郎、「弱法師」観世喜之、
         「梅」片山九郎右衛門、「船弁慶」観世銕之丞

「道成寺」赤頭、中之段数拍子(足へんに間という字)、無拍子之崩、五段之舞

    シテ:山階彌右衛門(観世芳宏改メ)
    ワキ:村瀬純 アイ:山本東次郎、山本泰太郎
     笛:一噌隆之 小鼓:噌和正博 大鼓:柿原弘和 
           太鼓:金春国和
  

続きを読む "安宅と道成寺"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

團十郎さんインタビュー@首都圏ネットワーク

明日、28日のNHK『首都圏ネットワーク』(18:10~18:59 )で團十郎さんのインタビューが放映されるそうです。(成田屋サイトより)

3月23日からのパリ・オペラ座公演についてのお話とのこと。録画予約しなくっちゃ。

パリ・オペラザ公演の本番は、3月25日(日)午後7時からNHKのハイビジョンの「パリ・オペラ座の弁慶」という番組でメイキングやインタビューを交えて放映されるそうです。うちのテレビは、かなりローテクなものでハイビジョンが見られないのです。この際、ケーブルTVに入っちゃおうかな。でも、普段あまりTV見ないからなぁ...。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月25日

パリオペラ座公演の記者会見

27日(火)の午後に「パリ・オペラ座 松竹大歌舞伎」の記者会見があるそうです。出席者は、團十郎さん、段四郎さん、海老蔵さん、亀治郎さんとのこと。(今日の芸能界のサイトより)

わたくしめは、ちょっと取り込み中ゆえ、引き続き明日いっぱいまでちょっと深海に沈んでます。んでは。ぶくぶくぶく.。o○

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月20日

蓮絲恋慕曼荼羅の追加公演

国立劇場のサイトに蓮絲恋慕曼荼羅の追加公演のお知らせがでていました。一回だけのようですが買いそびれた方には朗報ですね。でも、平日の午後5時開演とのことで、お勤めの方にはやっぱり厳しい条件かな。

追加公演期日  平成19年3月20日(火)午後5時開演

電話予約開始  平成19年3月 3日(土)
  ※電話予約のみ受付(窓口・インターネット販売はございません)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年2月19日

ローレンスオリビエ賞

去年6月のロンドン公演の「藤娘」と「かさね」がローレンスオリビエ賞の"Best New Dance Production"の候補に上がっていましたが、賞を受賞したのは、ロイヤルバレエ団の"CHROMA"のようです。(→賞のリストはこちら

賞の候補にあがったということは、それだけ現地の方々の印象に残ったということだと思います。これがロンドンでの歌舞伎公演が定期的に行われる礎の一つになれば嬉しいことですね。(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

観劇番外編

初めての博多座遠征。とっつきやすい演目ということもあったし、立ち廻り&群舞好きとしては大満足。東京でもぜひ再演をお願いしたいものばかり。とても楽しい遠征でした。

が、17日の昼の部、ちょっと信じられないことが...

続きを読む "観劇番外編"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年2月18日

2月花形@博多座 昼の部

昨日一日中なんとなぁ~く体が重いなぁ(体重の話ではなくて(^^;)と思っていたら、朝起きたらやっぱり雨。博多座の近くのホテルにしたので朝はゆっくりと起きてのんびり朝食。今回、一泊朝食付きのプランにしたのでホテルで優雅に朝食とあいなりました。いわゆるバイキング形式の朝食と和食とを選択できたので、和食屋さんの朝粥にすることにしました。朝粥に色々な小鉢が付いていて、全部食べたらおなかい~っぱい。でも、美味しかった。(^^)

博多座に10時半頃に到着。荷物をロッカーに入れて席へ。昨日よりも少し後ろの上手寄りの席。なにやら周囲はお着物姿のおばさま方。それぞれにご挨拶をしあっていたようでした。やはり、土曜日の昼間ですので一階は満席。

続きを読む "2月花形@博多座 昼の部"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

太宰府でこんなものみっけ!

Photo_16 太宰府の駅の改札を出たらこんなのれんが目に入ってきました。お蕎麦屋さんです。お店の名前が気に入ったので、ここでお昼を食べることにしました。ただ、太宰府の持ち時間があまりなかったので、まずは行くところに行ってから帰りに食べることにしました。参道の他のお店と比べてちょっとお値段が高いような気がしましたが、帰りの電車の時間調整に便利でした。

Photo_18 で、吉右衛門さんの2軒くらい先の角にある店がなんと萬屋さん。梅ケ枝餅とおみやげを売っていたようです。

Photo_19 向こうから修学旅行の学生さんらしき集団を避けながら参道をドンドン進むと真ん中くらいに、またまた見つけたこんなのれん。

Photo_20 で中村屋さんの真ん前にあるのが松嶋屋さん?!(^^)

| | コメント (8) | トラックバック (1)

2007年2月17日

2月花形@博多座 夜の部

ってなわけで、駆け足で太宰府天満宮とプライスコレクションを見て、ホテルに荷物を置いて博多座へ。博多座は今回が初めて。外観は石作り風でやや無機質な感じのするビルですけれど、噂どおり中に入ると暖かな木のぬくもりが感じる素敵な劇場でした。

続きを読む "2月花形@博多座 夜の部"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

仁左さまの梅

Photo_14 昨日アップし損ねた仁左さまの梅の写真です。バックに出店のテントがあるので分かりにくいですね。去年、仁左衛門さんが道明寺で菅丞相を勤められたときに太宰府天満宮に献梅されたものです。まだ若い木でした。小さな赤い花が咲いていました。飛梅は咲いていましたが、太宰府天満宮の梅は、全体的にまだつぼみが固く五分咲きという感じでしょうか。

Photo_15 お花をアップで撮ろうとしたのですが、携帯のカメラなのであまり上手く写せませんでした。(と道具のせいにしておきます。(^^;)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年2月16日

着いたぜ博多!

お寝坊せずに無事に福岡に到着しました。あまり時間はないのですが、一路太宰府へ。これから博多座に向かいます!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年2月13日

うわっ!はやっ!

去年の12月に今年の5月の新橋演舞場の歌舞伎公演のちらしがでてびっくりしましたけど、橋之助さん主演の9月公演「憑神(つきがみ)」のちらしがでました。(@@) 早いのに越したことはないんですが、なんだか煽られているような気がしないでもないですね。10月に大阪松竹座でも公演とのこと。

浅田次郎さん原作だそうですが、読んだことないので今度本屋さんに行ったときにでも見てみよっと。ネットで検索してみたら、妻夫木聡さん主演の映画も7月に公開されるようです。面白しろそうなお話みたい。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

今年も悩ましき4月

歌舞伎も同じ月に見たい演目がよく重なりますけれど、「能よおまえもか!」という感じ。4月は歌舞伎座だけにして、こんぴら歌舞伎や浪花花形@松竹座はすっぱりあきらめたのに、4月の第一週目に見に行きたいお能がダンゴ状態...。

4月1日の道成寺@横浜能楽堂と春の別会@観世能楽堂、4月3日~5日の夜桜能@靖国神社、4月5日~8日の世田谷パブリックシアター開場十周年記念「翁・三番叟」+狂言(4日連続で翁は観世清和さん、梅若六郎さん、観世鐵之丞さん、観世榮夫さんの日替わり、三番叟は、野村万作さんと萬斎さんの日替わり)

4月は、信二郎さんの錦之助襲名公演ですのでいち早く見に行きたいですし。ホント困っちゃいます。とりあえず世田パブは、なんとか一日はゲットしたいと思っていますが、チケット争奪戦がスゴソウ...。これに加えて、コクーンの「写楽考」も気になってます。

5月も歌舞伎座、演舞場、能楽現在形@世田パブと目白押し。そういえば、去年の4月と5月もお芝居見るのに忙しかったなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年2月11日

ちゃぷちゃぷ事始め

今日、やっとプールにたどり着きました。(^^; 何年ぶりだろう...。日曜日の午前中ということで空いているようで1コースに2~3人。とりあえず、往復できるかどうか分からないので片道コースに入りました。よく言われるように自転車と同じで、ある程度間をあけても身体が覚えているので、なんとか前に進みました。(^^)v できてまだ1年も経っていない施設なので、きれいですし泳ぎやすい。

とりあえず、クロールでは往復できたのでヨシとしました。(^^) ただ運動不足なので、ぷかぷかと漂いながら50m泳いだだけで疲れてしまったのは、ちと情けないかも。その後は、ビート板でチョロチョロとキックの練習したり、他の泳ぎができるかどうか試してみたりしました。

まぁ、なんとか前にも進めそうなので、プールのプログラムに参加。フィンを履いて泳いだのですが、やっぱ早くて気持ちいぃ~!!いきなり結構泳いでしまったので、後半ちょっと息切れ。(^^; でも、楽しかった。また、参加しようっと!

と今日のところはここまで。プールはきれいだし、インストラクターのおにーさんもかわゆいし。結構、ここがポイント高(笑) せっせと通うことにしました。

と気持ちよくプールから上がったのですが...ショックなことが...。ロッカールームにヘルスメータがあったので乗ってみたら...(@@)ええぇ~!!うちのよりも1.5キロ多いじゃん!!☆=>=>=>(+_+)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年2月10日

2月歌舞伎座夜の部

今月は「仮名手本忠臣蔵」の通しなので、せっかくなので大序から見るつもりでいたのですが...。自分の段取りの悪さでここ一週間ほど仕事がオセオセとなってしまって家に籠もって仕事をしていたので、ちょっとばっかりクサクサ気分。これはもぉ、心の命ずるまま本能のおもくままに、仁左さまの平右衛門を見に行くっきゃないと、昨日(9日)、夜の部行ってきました。

しかし、平右衛門さんがでてくるまでが長かったぁ~ この1年で五段目・六段目を4回見たことになるのですが、こんなに長かったでしたっけ?!

続きを読む "2月歌舞伎座夜の部"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年2月 3日

早春の舞

昨日、初日だった博多座の花形歌舞伎。どうだったんだろうと気になっていました。今のところ、西日本新聞の記事だけですが、菊之助さんの鏡獅子の写真付きが嬉しい。(^^) うぅ~早く見たい!!

ついでと言ってはなんですが、西日本新聞のサイトの左サイドの「若冲と江戸絵画」と見出しがでています。東京で見損なった「プライスコレクション」が九州国立博物館で開催されているので、遠征時にそちらも見るのが楽しみ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年2月 1日

アマテラス再演@歌舞伎座

ここ数日、検索ワードの中にアマテラス歌舞伎座再演という文字がちらほら。なんだろうな?と気になっていましたら、8月に3日間(4日~6日)だけですが歌舞伎座での再演が決まったようです。(鼓童サイトより)

できれば、また、見に行きたいのですがチケット手に入るかしら...。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

4月歌舞伎座 二代目 中村錦之助襲名披露

4月の錦之助襲名公演の演目と主な配役がでましたね。(歌舞伎美人

平成19年4月2日(月)~26日(木) <昼の部> 一、當年祝春駒
 曽我五郎・・・獅 童
 曽我十郎・・・勘太郎
 小林舞鶴・・・七之助
 工藤祐経・・・歌 六

二、頼朝の死
 将軍源頼家・・・梅 玉
 畠山重保・・・歌 昇
 小周防・・・福 助
 大江広元・・・歌 六
 中野五郎・・・東 蔵
 尼御台政子・・・芝 翫

三、男女道成寺
  白拍子桜子実は狂言師左近・・・仁左衛門
  白拍子花子・・・勘三郎

四、鬼一法眼三略巻 菊畑(きくばたけ)
     劇中にて襲名口上

  虎蔵実は牛若丸・・・信二郎改め錦之助
 智恵内実は鬼三太・・・吉右衛門
  笠原湛海・・・歌 昇 
  皆鶴姫・・・時 蔵
  吉岡鬼一法眼・・・富十郎

<夜の部>

一、実盛物語
 斎藤実盛・・・仁左衛門
 葵御前・・・魁 春
 太郎吉・・・千之助
 瀬尾十郎・・・彌十郎
 小万・・・秀太郎

二、二代目中村錦之助襲名披露 口上
 信二郎改め錦之助
 雀右衛門
 幹部俳優出演

三、双蝶々曲輪日記 角力場
 放駒長吉/山崎屋与五郎・・・信二郎改め錦之助
 藤屋吾妻・・・福 助
 平岡郷左衛門・・・彌十郎
 三原有右衛門・・・獅 童
 茶屋亭主金平・・・東 蔵
 濡髪長五郎・・・富十郎

四、魚屋宗五郎
 魚屋宗五郎・・・勘三郎
 おはま・・・時 蔵
 三吉・・・勘太郎
 おなぎ・・・七之助
 父太兵衛・・・錦 吾
 磯部主計之助・・・信二郎改め錦之助
 浦戸十左衛門・・・我 當

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »