« せきとり狂騒曲 | トップページ | 團十郎さんにトキメキっ! »

2007年4月17日

お得な本日の毎日新聞の夕刊

今日の毎日新聞の夕刊に「市川團十郎のフランス公演旅行記上」と題したコラムが紙面の約4割ほどを割いて掲載されていました。内容は、これまでにネットなどで紹介されていたことがほとんどですが、フランス語の口上のこと、花道を作らないことにしたための勧進帳の最後の引っ込みの工夫のこと、照明のことなど。公演をプロジュースし実際に演じた團十郎さんご自身が書かれていますので、日本の劇場とは異なる空間で行う公演のご苦労やぜひとも成功させたいという思いがひしひしと伝わってきます。

勧進帳の弁慶の引っ込みを海老蔵さんの場合は海老蔵さんの希望を入れて客席を花道にしたこと。この設定の場合、舞台から客席へ降りる斜面の花道はかなりの急勾配で幅も60cmと狭いことから團十郎さんは、舞台を上手から下手のお幕へ入る演出を取ったこと。欧米人の光に対する感覚と劇場の雰囲気を考慮して照明を日本で演じるよりも落とすことにしてはいたが、劇場側の責任者であるルフェーブルさんの助言を尊重して、予定されていたものよりもさらに勧進帳も紅葉狩も照明を落としたことなどが書かれています。下は5月1日に掲載されるとのことです。インタラクティブ(毎日新聞のネット版)に載るとよいのですが...。

さらに、今日の夕刊の「食べたい」のページに吉右衛門さんの懐かしい食べ物としてばあやさんが作ってくれたご飯と鰹節と海苔を段々重ねにしたお弁当「のりだんだん」のことを語っています。吉右衛門さんは海苔が好きだそうですが、これはやはり海苔が大好きだったお祖父さまの初代吉右衛門さんの影響かもしれないとのこと。その初代吉右衛門さん、戦争中の食べ物のないときに、「贅沢は言わないけれど、海苔と生卵と白いご飯があればそれだけでよい」とおっしゃったそうです。今でこそ簡単に手に入るものばかりですが、当時は一番手に入りにくいものだったそうです。(^^)

と、歌舞伎関連の記事が2つも載っている今日の毎日新聞の夕刊は、かなりお得感がありました。(^^)

話は変わりますが、先月に引き続き、今月も曜日が段々分からなくなるようなグダグダの貧乏暇なしな生活が続いてしまい気がついたら月半ば過ぎ。自分のブログの更新もさることならがら、他のブロガーさんのところにもなかなか行かれないし、2月に入ったスポーツクラブも、合計して今日までに片手で数えられるほどしか行っていないというなさけなぁ~い状況に陥ってしまいました。(ioi)

こんな理不尽な生活からなんとか早く抜け出したいので、あれこれと原因を考えてみたら、思い当たることが一つあるので、とりあえず改善策をとってみることにしました。来週あたりからは、もうちょっと時間に余裕のある生活に戻どせたらというか、戻さねばと思っています。

|

« せきとり狂騒曲 | トップページ | 團十郎さんにトキメキっ! »

「つぶやき」カテゴリの記事

コメント

わぁ、2つも。お得!朝日新聞読者なのでうらやましい。
お忙しそうですね。でも、チャプチャプの方も 共にはりきりましょう!(先日、世田谷でお目にかかった後に泳ぎに行きましたよ!)

投稿: かいちょ | 2007年4月24日 00:54

かいちょさん

今月は、結局一度もちゃぷちゃぷせずに終わりそうな気がします。(ioi)
そんなに泳がずともお水の中にいるだけでも気持ちが良いので、できれば週2~3回は行きたいのですわん。とりあえず週1でも行かれるようにしなくては。

投稿: kirigirisu | 2007年4月24日 15:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21013/14726275

この記事へのトラックバック一覧です: お得な本日の毎日新聞の夕刊:

« せきとり狂騒曲 | トップページ | 團十郎さんにトキメキっ! »