« パリ・オペラ座千秋楽 | トップページ | 二代目中村錦之助襲名 初日 夜の部 »

2007年4月 2日

祝初日 二代目錦之助襲名公演 昼の部

200704021854001 本日、めでたく二代目錦之助誕生です。(^^) 諸般の都合で、昼の部の男女道成寺から拝見。ここ数年の襲名興行よりも大人しめとはいえ、やはり襲名公演。ロビーや劇場内のあちこちで歓談している方々も華やかでうきうきした雰囲気。なぜか、いつもより外国人の方々の姿が目につきました。写真は祝い幕の中央部分です。写真では分かりにくいですが、図柄の周囲に燐粉を思わせる金粉がうっすらとほどこされています。

昼の部は、3時55分くらいに終わりました。

「男女道成寺」 実は、この演目は初めてなので、最初に白拍子姿の仁左衛門さんに(@@) 男とバレて着替えて再登場したときから安心して舞台を拝見しました。(^^; おめでたい公演には、こういう華やかな踊りがいいですね。でも、初日のせいでしょうか、長唄と常磐津がなんとなく合っていなかったような...。立鼓に傳左右衛門さんのお姿がありました。パリ公演を終えられてすぐに戻って来られたんですね。

「菊畑」 三度目の正直。意識を失わずに見終えたのは初めて。(^^ゞ 新錦之助さんの襲名演目ということだけではなくて、お芝居のテンポが良かったんでしょうか、初めてあきずに見ることができました。錦之助さんは吉右衛門さんと相性が良いのかな...とふと思いました。錦之助さんの前髪姿、素敵でした。錦之助さんは、いつも決めの形がきれいですね。「菊畑」は、できればもう一度見たいと思っています。ご本人がこのお役に思い入れがあることもあるかもしれませんが、夜の部よりもこちらのお役の方が良かったと思います。

さて、歌昇さんの笠原湛海が登場した後に劇中で口上がありました。口上を述べたのは富十郎さん、吉右衛門さん、錦之助さんの三人。富十郎さん、なぜか「おのえ...」を連発。ヾ(@@) 客席からのどよめきで気が付いたようで、無事「なかむら」になりました。口上の後、心なしか時蔵さんが感無量といったお顔をなされていたようでした。

席:3階1列目中央

|

« パリ・オペラ座千秋楽 | トップページ | 二代目中村錦之助襲名 初日 夜の部 »

「歌舞伎」カテゴリの記事

コメント

kirigirisu さま
幕見しているときに、絶対にここの建物の中でみていらっしゃるだろうなと思っておりました。
「菊畑」意識なくさずに楽しめそう。ワクワク。3階だけど大丈夫かしら。来週末までお楽しみです。まずは、夜の部から。来週堪能予定です。ワクワク。

投稿: | 2007年4月 4日 23:15

名乗りわすれました。ごめんなさい。先ほどのコメントはかいちょでありました。

投稿: かいちょ | 2007年4月 4日 23:17

かいちょさん

お見通しのとおりでございます。初日に駆けつけました。(^^) 

襲名演目ということもあって、わたしもちょっと緊張していたせいもあるかもしれませんけど、お芝居自体とても面白かったです。初めて、全部見て、こういうお芝居だったのかって分かりました。(笑)
緊張し切っている錦之助さんを吉右衛門さんがほんわかと包み込むようにお芝居をされていたようでした。

投稿: kirigirisu | 2007年4月 4日 23:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21013/14501193

この記事へのトラックバック一覧です: 祝初日 二代目錦之助襲名公演 昼の部:

« パリ・オペラ座千秋楽 | トップページ | 二代目中村錦之助襲名 初日 夜の部 »