« 團菊祭@歌舞伎座 昼の部 | トップページ | オペラ座の弁慶@地上波 »

2007年5月25日

團菊祭@歌舞伎座 夜の部千穐楽

なんとしても、もう一度夜の部というか「め組の喧嘩」を見たかったので機会を狙っていたのですが、とうとう楽日近くまで来てしまいました。あきらめきれずに深夜にのぞいてみたら、1階前方正面の席が出てきてしまいました。思わずポチ。

ということで、ちょっと寝不足気味ですが行ってきました。楽日ということもあってかなりヒートアップした「め組の喧嘩」の喧嘩の場。舞台の熱気が客席にまで押し寄せてきました。千穐楽ということもあってか、ところどころかなりみなさん張り切っていたようです。いやぁ~でも面白かった。

この演目では菊五郎さんの楽日のお楽しみはないだろうなと思っていたら、勢揃いのときに菊五郎さんに鳶口をもっていった鳶さん(音一郎さんかな?)に水をかけていました。

初日に見ただけなので記憶があやふやなんですが、叩きつけられるように戸板に乗せられてました重傷の鳶さん(みどりさん?)が、きょうは一度戸板から転がり落ちて、もう一度乗せるために叩きつけられていました。初日は一度だけだったような気がしますが、これは出血大サービスという感じなんでしょうか(^^;

屋根に駆け上るのは今日はみなさん気合いが入っていて、全員危なげなく屋根の上に。屋根の上の音吉さんの「さぁ!こい!」とばかりに一人一人に目を合わせて手を差し伸べているお顔がとても素敵でした。

角力組と鳶の喧嘩の場では、角力組の何人かは、楽日特別バージョンに不意打ちをくらったような顔をされていたようでした。(^^)また、最後の鳶組と角力組のハシゴを挟んでの押し合いは、多勢に無勢で角力組が上手の端まで何度か押し切られていました。最後の方は両方ともかなり熱くなっていたようで、ハシゴの前方でコントロールしていた市蔵さんが「早く菊五郎さんがでてこないかな」という顔をされて下手をかなり気にしながら、素に近くなって困ったお顔をされていました。(^^;

今日は、本当に空からでないと間に割って入れないほど双方とも熱くなっていて、梅玉さんの登場がとても効果的でした。

最後の場にいない九竜山さんの安否ですが、藤松さんに後ろから頭をやられていましたが、動けなくなっているスキに後ろからもう一人に脇腹をやられていました。やっぱり重傷なんじゃないでしょか?

|

« 團菊祭@歌舞伎座 昼の部 | トップページ | オペラ座の弁慶@地上波 »

「歌舞伎」カテゴリの記事

コメント

kirigirisuさま
千穐楽、いらしたのですね。いいなぁ。レポうれしいです。
さて、最後の場にいない九竜山・海老蔵さんの安否について。わたくしも考えました。何度かみたところ、間違いなく、藤松・松緑さんのしわざです!後ろからそっとくるなんて、ひどいわ。
鳶に姿を変えて出てくださっても、それはそれでうれしかったりして・・・

投稿: かいちょ | 2007年5月26日 00:46

千穐楽のめ組、やはりヒートアップだったのですね。様子がお聞きできて嬉しいです!今月の歌舞伎座は、昼夜ともに何度でも行きたくなる感じでしたよね。
九竜山さん、重傷だったんですね(笑)私もなぜ最後にいないのかなと気になってましたが、すっきりしました(^^)

投稿: mami | 2007年5月26日 07:04

kirigirisuさん、おはようございます。
私も三階席におりました!楽しかったですね~「め組」!!

重症の鳶・みどりさんは戸板から転げ落ちたのは、昨日はじめて見ました。再度、叩きつけられた時に頭がずれとりましたが・・ラストの場面、仲間の鳶の肩を借りて再登場していました。ちょっと嬉しかったです。
九竜山さんのお姿はラストにもなく、やはり相当の重症のようですね・・。

投稿: yae | 2007年5月26日 08:27

かいちょさん

一番のダメージは、間違いなく藤松さんの後ろからの一撃ですわね。九竜山さんのあのゾクゾクっとする見得をやっている後ろから升一さん(たぶん)が後ろの右脇腹に鳶口を当ててました。あの後4人でよってたかって痛めつけんじゃないでしょかしら。(妄想)

投稿: kirigirisu | 2007年5月26日 17:57

mamiさん

5月は歌舞伎座も演舞場も昼夜ともにホントに楽しかったですね。その中で一番好きなのは「め組の喧嘩」でしょうか。理屈なしに血が騒ぐっていうヤツです。(笑)楽日なのでそれなりに期待はしていましたがイヤハヤすごい熱気でした。最後はどうなるかと思うくらいみなさん熱くなってました。

投稿: kirigirisu | 2007年5月26日 18:04

yaeさん、楽しかったですねぇ~ 一番最後のハシゴの押し合いはすごかったですね。マジで下からは割ってはいれないから空からいくしかないっていう感じがピッタリ(笑)

みどりさんはやっぱり出血大サービスなんですね(笑)三津之助さんがしてやったりというお顔でしたもの。みどりさんが最後に出ていらしたんですね。気が付きませんでした。最後は、市蔵さんの必死な様子やらホッとされた姿にすっかり気を取られていました。市蔵さん、かなり大変だったんじゃないでしょうかしらん。

昨日は、一度近くで見たかったので下で見ましたけれど、立ちまわりはやはり上からの方が見ごたえがありますね。できれば中日あたりにもう一度見たかったです。

投稿: kirigirisu | 2007年5月26日 18:16

楽しかったですね~め組。
九竜山さんもっといっぱい出てほしかったですよね~。
こうゆう明るい楽しい立ち回りは、見ていて気持ちがいいです。
やってる人たちも楽しそうで、わくわくします。
10月の御園座でも、やってくれると嬉しいんですけどね~。

投稿: 恵美 | 2007年5月27日 22:57

千穐楽バージョンのレポを拝見して、その前日(バカですねえ、わざわざ前日を取っちゃったんですから (^-^;)自分が見たシーンと重ね合わせながら、ああ、あそこがこうなったのか、など頭に思い描いております。詳しいレポ、ありがとうございます♪

投稿: SwingingFujisan | 2007年5月28日 09:18

恵美さん、こんにちは。

10月の御園座は、どんな演目になるんでしょうね。(^^) 團菊祭が引っ越したような座組のようですので今からワクワクです。せっかくですので大立ち廻りのある演目がいいですよね。でも、そうなると名古屋に通いたくなっちゃうから、遠征組にとっては嬉し痛しですが(笑)

投稿: kirigirisu | 2007年5月28日 19:48

SwingingFujisanさん、こんにちは。

菊五郎劇団の立ち廻りはやっぱりひと味違いますね。立ち廻り好きにはたまりません。初日に見て以来とにかくもう一度見たかったので、運良く夜中に良席がでたのでついポチしちゃいました。(^^)

投稿: kirigirisu | 2007年5月28日 20:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21013/15200462

この記事へのトラックバック一覧です: 團菊祭@歌舞伎座 夜の部千穐楽:

« 團菊祭@歌舞伎座 昼の部 | トップページ | オペラ座の弁慶@地上波 »