« フランケンシュタインよりもドラキュラ | トップページ | 能楽囃子コンサート(6月22日) »

2007年6月27日

しまらない話

2週間ほど前にパソコンのプチお掃除をしたときにメモリがホコリで真っ白け。あまりひどいので交換することにした。そのついでにメモリをスペック上最大限まで上げようと思って新しいものを買っておいたのだけれど、なかなか時間がとれずにいて、さっき交換。

以前にもやったことがあるのでさほど手間をとらずに交換はできたのだけれど、さぁ、本体のカバーを閉めようとおもったら途中でなにかがひっかかって閉まらない。中はメモリ以外はさわっていないし、カバーは外したときにさかさまにして置いておいただけ。押してもダメならひいてみてもダメ。何回も試してもダメ。あちこちみてもどこも異常はない。うぅ~ん。なんだろうと悪戦苦闘すること約15分。顔に汗、背中に冷や汗...。

メモリ交換してカバーが閉まらなくて使えなくなるなんて、そんなオマヌケな話は聞いたことがない...と半泣きで、ふとマニュアルを見たら「ルーフカバーの先端を下の図の位置に合わせるようにして下におろす」と書いてあった。あれれれれ(^^? スライドさせるんじゃなかったのねん (^^;;;; 前回はどうやってカバーをしたんだろう...ナゾ

家電やパソコンのマニュアル読んでいて、わざわざこんなことまで書かなくても分かるだろうにと思うときがあるけれど、わざわざこんなことまで書かないと分からないヤツがいるということが、今日よく分かった。(;^_^A

|

« フランケンシュタインよりもドラキュラ | トップページ | 能楽囃子コンサート(6月22日) »

「つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21013/15575419

この記事へのトラックバック一覧です: しまらない話:

« フランケンシュタインよりもドラキュラ | トップページ | 能楽囃子コンサート(6月22日) »