« パソコンのプチお掃除 | トップページ | カリカリちらし »

2007年6月16日

三人吉三@コクーン

前回の三人吉三@コクーンは見ておらず、今回が初めて。舞台装置や照明が退廃的な感じや江戸時代の闇の暗さを表している割には、お芝居が説明的なせいか全体的にあっさり感じられました。

語弊があるかもしれませんが良い意味でも悪い意味でも歌舞伎らしいというか勘三郎さんらしいクサさが薄かったせいかいつもより舞台での求心力が小さかったように感じました。役者さんの個性がぶつかり合って生まれる何かを感じられなかったのがちょっとさみしかったです。

大川端でのお坊吉三とお嬢吉三の二人のシーンで少しずつ舞台が回っていくところはとても効果的でしたが、後ろで黒衣さんが水をぽちゃぽちゃさせていたのはちょっと?でした。ぽちゃぽちゃがない方が二人の趣のある佇まいがさらに美しく見えるような気がするのですが...。

七之助くんのおとせが、若い娘らしさの中に何も知らずに親の因果を背負ってしまった子供の運命のはかなさが感じられてとても良かったです。実の兄弟が双子を演じているので、その危なげさがより強くでて効果的だったと思います。夜鷹の芝喜松さんもそれらしい雰囲気たっぷりで良かったです。立ち姿、顔の傾け方がお師匠さんの芝翫さんそっくり。(^^)

三人吉三は、3年前の歌舞伎座(團十郎さん、仁左衛門さん、玉三郎さん)の印象が強く残っています。去年でしたでしょうか、獅子虎傳阿吽堂vol.2@世田パブで立ち廻りの演奏を聞いたときに、ふと大詰めの雪の中での立ち廻りの情景、屋根の上の仁左衛門さん、火の見櫓に上る玉三郎さんの姿が脳裏に浮かんできました。今のところ、わたしの中ではこちらの方が優勢のようです。

|

« パソコンのプチお掃除 | トップページ | カリカリちらし »

「歌舞伎」カテゴリの記事

コメント

こんばんは(^^)
がっつりコクーンを楽しんでしまったワタクシでした。まぁちょっと席のせいもあるとは思いますが、知名に馴染があったり、コクーン歌舞伎の舞台装置自体にあのお話が合っていた(暗闇ばかり)ということで、お芝居に入り込んで見てしまいました。

私もその歌舞伎座公演を見ましたが、今回のような暗闇感のはイメージになく、玉三郎さんと仁左衛門さんの美しさのみが記憶にあり・・・ ハコの違いも大きいのかもしれません。

投稿: coco | 2007年6月18日 00:14

あ、知名だって、失礼しました!「地名」です(^^;
昔は、帰宅する時タクシー運転手さんに「割下水の方」とウチの親は告げていたものです。

投稿: coco | 2007年6月18日 00:17

cocoさん、こんばんは。

正座が苦手なもので(^^;コクーンはいつも椅子席です。金曜日は、椅子席の2列目で見ていたのですが、平場と椅子席では若干温度差があったかもしれませんね。今回は勘三郎さんのエネルギーがあまり感じられなかったせいもあるかもしれませんが、舞台が遠く感じました。

うぅ~ん、もしかしたら、それよりも、夏祭のように歌舞伎色が強いものは好きなのですが、串田さん色が強い舞台はどちらかというとあまりテイストに合わないと言った方がよいのかも...四谷怪談も北番よりも南番の方が好きですし...串田ファンの方ごめんなさいです。m(..)m

歌舞伎座の吉祥院の場や大詰めは舞台装置がきれいなだけにかえって、悲惨さやもの悲しさを感じられました。

投稿: kirigirisu | 2007年6月18日 01:16

kirigirisuさま
私もみてきました!平場2列目という席のせいか、水面のゆらゆら(キラキラ)が雰囲気だしてました。
なんでゆれるのかなあと探すと黒衣さんがいたという位置がよかったのでしょうね。(探さないと黒衣さんのがわかりにくかったです。)
場所によって見方が変わりますね。 
自分より後ろを役者さんがウロウロなんて、ところにいたので より入り込めたかもしれません。
いろいろな意見を読むのも楽しいものだなぁ。
今、生きている人が手を混ぜた歌舞伎をみた後、 とことん古典的な手法 歌舞伎での三人吉三がみたくなりました。
團十郎さん、仁左衛門さん、玉三郎さん 見ごたえありましたね。もう3年も前なのですか・・・ 大詰めの雪の中の立ち廻りで、仁左衛門さんが屋根にいる景色 私も思い出しました。

投稿: かいちょ | 2007年6月18日 23:32

かいちょさん、こんにちは。

椅子席からは、平場自体が舞台と一体化しているように見えます。平場の席は、役者さんと一緒に舞台に上がっているような臨場感が味わえそうですね。一度は座ってみようかな。(^^)

投稿: kirigirisu | 2007年6月19日 01:21

こん♪♪は。

私も今回のコクーンの「三人吉三」は、どうしても團十郎さん、玉三郎さん、仁左衛門さんによる3年前の舞台と比べてしまって、今一つ自分の感想を整理できません。串田さんの演出が作り出す江戸の暗闇は評価できるのですが、黙阿弥の目指した頽廃美は、歌舞伎座のほうが軍配が上がると思います。

もっとも、今回は二階席中央で観た関係で、やや距離を置いて観たためかもしれません。平場席はやはりお薦めですよ。ただし、男性の私には長時間座っているのは苦痛でしたが(^_^;。

投稿: 六条亭 | 2007年6月19日 23:08

六条亭さん、こんばんは。

お芝居は生モノですし、演じる側の役者さんのコンディションだけでなく見る側の体調や見た席によっても随分印象は変わってくるんだとは思います。

歌舞伎座の三人吉三は、何かわたしの琴線に触れるものがあったんでしょうか、1回しか見ていないのですが、自分で思っているよりも結構記憶に残っています。(^^)

投稿: kirigirisu | 2007年6月20日 02:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21013/15447701

この記事へのトラックバック一覧です: 三人吉三@コクーン:

« パソコンのプチお掃除 | トップページ | カリカリちらし »