« 素朴な疑問 | トップページ | 偐紫田舎源氏 »

2007年7月27日

12月はやっぱり忠臣蔵?

早々と国立劇場のサイトに12月の公演の案内が掲載されました。
はや~い!(@@)

「-それぞれの忠臣蔵-討つ者・討たれる者・見守る者、吉良邸討入の陰には、さまざまな人間ドラマがあった!」というテーマで、演目は、「堀部弥兵衛」「清水一角」「松浦の太鼓」。主な出演者は、吉右衛門さん、芝雀さん、染五郎さん、歌昇さん、歌六さん。

またぁ忠臣蔵ぁ~?という気もしないでもないですが、忠臣蔵に関わった人達一人一人にドラマがありますもんね。

ここからは単なる独り言です(^^;

国立劇場の11月は、坂田藤十郎さんで「合邦」の通し。うぅ~ん微妙だなぁ...(--; 実は、先日読んだ『菊五郎の色気』の中で、菊五郎さんが合邦の通しについて『段四郎さんに合邦をやっていただければ...』と興味を示されている記述があったので、近々菊五郎さんの玉手御前が見られたらいいなぁと思っていたところ。11月に国立で通しがかかってしまうと、次に東京で再演される機会はしばらくなさそうなので、正直なところ個人的にはちょっと残念な気持ち(坂田藤十郎さんのご贔屓の方々すみません。m(. .)m)

|

« 素朴な疑問 | トップページ | 偐紫田舎源氏 »

「歌舞伎」カテゴリの記事

コメント

わぁおー
早いですね。
歌昇さん、歌六さんのお名前が並んでいるところが、妙に気になる。
あんなに歌六さんに魅せられたのだから、もう見分けがつくかも。
楽しみですね。
歌舞伎座と、南座が気になるぅ~

投稿: かいちょ | 2007年7月28日 01:17

かいちょさん、こんにちは。

そうなのですわん。気になる気になる~♪12月の南座と歌舞伎座。

個人的には通いやすいので、できれば成田屋さんちは歌舞伎座に出ていただきたいのですが、もしかしたら南座ということもあるやもしれないので、顔見世貯金始めてます。(^^)

投稿: kirigirisu | 2007年7月28日 15:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21013/15918263

この記事へのトラックバック一覧です: 12月はやっぱり忠臣蔵?:

« 素朴な疑問 | トップページ | 偐紫田舎源氏 »