« 文化講演会~市川團十郎の世界~ | トップページ | DRACUL QUARTET »

2007年8月14日

日曜洋画劇場 『出口のない海』

8月19日(日)の日曜洋画劇場で海老蔵さん主演の映画『出口のない海』(21:00-23:09)が放映されるそうです。

この映画は、去年、一応映画館で見たのですが、結局、感想は書かずじまいでした。映画によって「回天特攻隊」の存在を世の中にアピールできたことは有意義なことではあったと思いますが、映画の画面にその当時の緊迫感や回天に関わった方々の切迫した気持ちや複雑な思いが伝わってこない。佐々部監督自身が戦争体験者ではないので仕方がないのかもしれませんが、作品として中途半端な印象を受けました。(わたしも体験していないので偉そうなことは言えませんけど...)

原作を読んだときに、「回天特攻隊」のサイトで実際に回天で出撃した方々の遺書を読んだり写真を見てしまったことも影響しているのかもしれません。出撃された方々の大半は20代前半。もっともっと生きていたかったでしょうに...。残された文章や写真の方が胸に迫るものがありました。

|

« 文化講演会~市川團十郎の世界~ | トップページ | DRACUL QUARTET »

「テレビ」カテゴリの記事

「映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21013/16108130

この記事へのトラックバック一覧です: 日曜洋画劇場 『出口のない海』:

» 出口のない海 [読書と時折の旅 (風と雲の郷本館)]
 かって、お国のためという美名の下に、多くの若者達を無為に死の旅路に送り出していた時代があった。今から僅か60年ちょっと前のことである。空は「神風」、海は「回天」。しかし、神風などは吹きはしなかったし、ましてや、天が回りなどしなかった。 先日、テレビ朝...... [続きを読む]

受信: 2007年8月21日 22:29

» 60年代史上最大の作戦マーチ [60・70年代懐かシネマに乾杯]
先日父親の法要がありまして、映画好きの父親の一番好きだった映画音楽を思い出しました。それは、「史上最大の作戦マーチ」なんです。戦争映画超大作「史上最大の作戦」の勇壮なコーラスは圧巻でしたよね。日本公開は、63年のお正月映画として。公開当時私はまだまだ子供だったので記憶にはありませんが、後年テレビ放映で見て、父親と二人で感動しきりだった事を覚えています。50名のフルスターキャストでした。ヘンリー・フォンダ、ジョン・ウェイン、リチャード・バートン、ロバート・ミッチャムなどなど凄か...... [続きを読む]

受信: 2007年8月28日 14:04

« 文化講演会~市川團十郎の世界~ | トップページ | DRACUL QUARTET »