« 望月朴清さん ご逝去 | トップページ | とある1ヶ月 »

2007年9月27日

ドラクル千穐楽(9/26)

昨日、千穐楽のドラクル行ってきました。初日以来の観劇。回数を重ねたことと演出に多少手が加わったことで(と言うもののどう変わったのかは?(^^;)流れがよくなったためか、初日よりも1部の冗長性は少なくなったように感じました。

感想は、初日に見たときとあまり変わらないような気がしますが、今回はやや後方の中央から見たので舞台全体が見渡すことができたので、あらためて照明と舞台装置の素晴らしさを再認識。舞台の内側の不均衡な赤い枠が効いていて、特に、2部のアンバランスな舞台装置との調和の妙が舞台を引き立てているように思いました。

現代劇は初めての海老蔵さん。これからも色々なことに挑戦されていくことでしょう。歌舞伎以外のお芝居だったら、ぜひ、コメディを見てみたいですね(^^)。ともあれ、10月の御園座が待ち遠しい今日この頃です。

|

« 望月朴清さん ご逝去 | トップページ | とある1ヶ月 »

「演劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21013/16590971

この記事へのトラックバック一覧です: ドラクル千穐楽(9/26):

« 望月朴清さん ご逝去 | トップページ | とある1ヶ月 »