« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月

2007年10月26日

10月歌舞伎座 夜の部(10/25)

昨日、2度目の夜の部に行ってきました。今月の後半どうにも都合がつかずに昼の部を断念したのですが、昨日の夜の部のチケットは早々に取っていたこともあるし一階席(2等席)でしたので、諸々の用事を強行突破(^^; 

続きを読む "10月歌舞伎座 夜の部(10/25)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年10月24日

ほえ?イリュージョン歌舞伎とな

来年のお正月の演舞場は、海老蔵さん主演で「雷神不動北山桜」の通しということですが、な、なんと大詰めでイリュージョンテクニックを取り入れた「空中浮遊」をするとのこと(@@) 現在、ラスベガスのイリュージョンデザイナーと交渉中だそうです。中日スポーツの記事によると、粂寺弾正、鳴神上人、不動明王に加えて、早雲王子、安部清行の5役を演じるとのこと。(中日スポーツ

いやぁ~そうきましたか。わたしは、単純に平成8年に国立劇場で團十郎さんがなさったバージョンだと思っていたので、早雲王子、安部清行はどなたがなさるんだろうと色々と脳内妄想をしていたところなので、びっくり。初代團十郎さんもびっくりされているかしらん?!

通しで見たことがないのですがイリュージョン版どんな舞台になるんでしょうか?ワクワクドキドキ(^^; ちなみに、雲の絶間姫は芝雀さん。

☆補足☆
歌舞伎美人のサイトに
ちらしが掲載されました。ぴあによると曜日によって、1回公演と2回公演の日があるようです。(貸切日や多少の例外もあるようです)

【日程】
2008年1月2日(月)~27(日)
(月)(木)(金)11:00AM (火)(水)(土)(日)11:00AM/4:30PM
※1/2(水)・8(火)・27(日)11:00PM。1/25(金)11:00AM/4:30PM。
※貸切=1/14(月)・23(水)11:00PM。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年10月23日

月遅れ

三響会blogの(なぜか)月遅れの広忠さんの日記がおもしろい。特に、自分が見に行った公演について、演者側の言葉を聞ける(読む)のはとても興味深い。今日は、先月18日に行われた一噌幸政三回忌追善「一噌幸弘笛づくし」について書かれている。

見ている側にとっては素晴らしい演奏に酔いしれた一夜でしたけれど、演じている方々も「ガチンコ勝負」の三番叟、人間国宝と中堅との意地とプライド炸裂していた「融 十三段」に気分を高揚されたようだ。

最初は、なぜゆえに1ヶ月遅れなの?とも思ったけれど、日が経ってから、こうやって自分が見に行った公演について書かれているのを読むのは、その時の気分が甦ってきてなかなか楽しい。三番叟についての話も以前にも聞いたことがあるけれど、あらためて文章で読むとさらにその特別な思いを感じる。

能の方々も小さいときから知っているせいか大人になっても互いに「ちゃん」づけで呼ぶことが多いようだ。広忠さんも、幸弘さんや萬斎さんから「ヒロちゃん」と呼ばれているし、広忠さんも幸弘さんのことを「ユキちゃん」と呼んでいる。でも、萬斎さんのことは「萬斎さん」で「タケちゃん」とは呼ばないようだ(^^;

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年10月19日

錦秋演舞場祭り 昼の部

一番最初の「俊寛」には間に合わず。「連獅子」と「文七元結」を拝見。どこかは確認していませんが、撮影クルーが入っていました。

中村屋親子の「連獅子」は、テレビ番組で紹介されているのを見たことがあるだけで生を見るのは初めて。親獅子も子獅子も元気一杯。3人揃っての毛振りは、最初はきれいに揃っていましたけれど、途中から勘三郎さんと七之助くんが直線的に毛を前に持ってくるように変えたようでした。勘太郎くんだけが最後まで円を描くように毛を回していました。長唄もお囃子もバッチリで大満足の一幕でした。今回は、他にもあちこちと物いりのため3階席にしましたが、次の機会には、ぜひとも1階から見たいと思います。

続きを読む "錦秋演舞場祭り 昼の部"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年10月18日

あら、いつのまに?

歌舞伎美人のサイトにお正月の松竹座のちらしが載っています。あら、お正月らしいちらしだわと見ながら、ふと、その上の12月の歌舞伎座のちらしをクリックしてみたら、なにげに出演者が増えていました。(^^) 

3.ふるあめりかに袖はぬらさじ
  お園・・・玉三郎
  藤吉・・・獅童
  亀遊・・・七之助
  マリア・・・福助
    浪人客佐藤・・・海老蔵
  イリウス・・・彌十郎
   浪人客堂前・・・右 近
    幇間和中・・・猿 弥
    芸者奴・・笑三郎
    芸者太郎・・・春 猿
  多賀谷・・・段治郎
    飯塚・・・勘太郎
  松本・・・門之助
  小山・・・橋之助
  岡田・・・三津五郎
  岩亀楼主人・・・勘三郎

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月17日

顔見世@御園座 夜の部(10/11)

3年ぶりの名古屋御園座遠征。念願の地元でひつまぶしをいただいたところまでは元気だったのですが、その後徐々に下降。翌日も席があれば夜の部を見てから帰るつもりでいたのですが、段々体調があやしくなってきたので、チケットを確保していた昼の部を見て帰ることに。結局、この週末は完全にダウンしてしまいました。

ということで、体調不良もあって、イマイチ気分が乗り切れなかった感もあった遠征となってしまいました。

続きを読む "顔見世@御園座 夜の部(10/11)"

| | コメント (12) | トラックバック (1)

2007年10月16日

三響會公演のスペシャルゲスト

今月27日(土)に行われる三響會の公演の「月見座頭」に特別ゲストが出演されるそうです。(三響會ブログより)「月見座頭」だけ昼夜とも同じ演者なんだわと思っていましたら、こういう趣向でしたのね。(^^) 

・【昼の部】 片岡愛之助さん

・【夜の部】 野村萬斎さん

萬斎さんは、同じ日にお能の会(実は、こちらの会にも行きたかったのですが...)にご出演のようで、今回の公演にお名前がないのはちと寂しい気がしておりましたが嬉しいお知らせです。両方拝見する予定でおりますので、それぞれのお味の違いが楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月12日

御園座の公演時間(10/12現在)

今日現在、御園座のサイトに掲載されている時間よりも、昼夜ともに終演時間が10分ほど早くなっています。ご参考まで。

【昼の部】

1.毛抜     11:00~11:55

  休憩 30分

2.かさね    12:25~13:15

   休憩 25分

3.権三と助十 13:40~15:00

【夜の部】

1.鳴神     16:15~17:30

   休憩  30分

2.達陀     18:00~18:45

   休憩 25分

3.四の切    19:10~20:20

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年10月11日

ひまつぶしに

ひまつぶしに
いただきました。

さてさて、舞台写真が出ていました。海老蔵さんのは四枚。(与右衛門2枚。本物忠信と源九郎各1枚) 

☆補足☆ 「かさね」の菊之助さんと海老蔵さんのツーショットも1枚出ていました。写真は、幕間の間だけ販売しているようです。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007年10月 8日

『寿 初春大歌舞伎』@松竹座

来年お正月の松竹座の公演についてチケットホン松竹のインフォメールにお知らせが載っていました。近々歌舞伎美人のサイトにもアップされるとのこと。

<日  程>平成20年1月2日(水)~26日(土)
<開演時間>昼の部:11:00 開演  夜の部:16:40 開演
<料  金>一等席: 15,750円  二等席:  8,400円
       三等席:  4,200円
<出  演>坂田藤十郎、片岡我當、片岡秀太郎、
       坂東三津五郎、中村翫雀、中村扇雀、
       中村橋之助、片岡進之介

       坂東弥十郎、坂東秀調、坂東竹三郎、
       上村吉弥、坂東薪車
<演  目>
  (昼の部)一、芦屋道満大内鑑 葛の葉
        二、佐々木高綱
        三、芋堀長者

        四、伊賀越道中双六 沼津

  (夜の部)一、御所桜堀川夜討 弁慶上使
        二、義経千本桜 吉野山
        三、恋飛脚大和往来 封印切

今年のお正月も「封印切」がかかりましたので2年連ちゃんですね。藤十郎さんではなくて、他の方(翫雀さん?)でしょうか?わたしは、来年のお正月は東京だけの予定です。   

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年10月 6日

~市川海老蔵・宿命と苦悩の物語~

来週の日曜日、久々に海老蔵さんの密着ドキュメントがフジテレビで放映されます。題して、『名門に生まれるということ…~市川海老蔵・宿命と苦悩の物語~』(オンエア情報は→こちら

放送予定日時10月14日(日)22:00~23:15(フジテレビ)

オンエア情報の「SPOT MOVIE」をクリックすると、ちょこっとだけ映像が流れます。(なんか暴れているような映像が...(^^;)

3年前の襲名のときのフジTVのパリ密着ドキュメントは、他では見られなかった海老蔵さんの色々な表情を捕らえていて、なかなか見ごたえのある内容でした。(^^) 今度も期待しちゃおう~♪

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2007年10月 3日

ちゅうちゅうたこかいな

昨日の『牡丹燈籠』で、お峰が、畳に散らばった100両を数えるときに使っていた「ちゅうちゅうたこかいな」。なつかしぃ。久々に聞いた。わたしが子供の頃には、普段の生活の中(もしかしたらテレビ番組?)で、よく聞いていたような気がするけれど、最近は耳にすることもなくなってしまった。

「ちゅうちゅうたこかいな」の後に「はまぐり...」と聞こえてきたけれど、こちらは耳に馴染みがないため全部聞き取ることができなかった。なんて言っていたのか気になってネットで調べてみたら、どうやら「蛤は虫の毒」と言っていたようだ。「ちゅうちゅうたこかいな」と同じく物を数えるときに使う言葉とのこと。(参照→こちら

子供の頃は、語感がおもしろいので意味も分からずに使っていたけれど、「ちゅうちゅうたこかいな」は、広辞苑によると、『(「ちゅうちゅう」はすごろくの用語「ぢゅうに(重二)」が清音化して「ちゅうに」と発音されたものを重ねた語。重二は4を意味し、それを二つ合せて8となり、蛸の足の8本を連想して「たこ」とならべたもの) 子供が2、4、6、8、10という代りに、おはじきなどの数を数えるときに用いる語』 とのこと。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

10月歌舞伎座初日 夜の部

というわけで、さっそく、初日の夜の部に行ってきました。

『牡丹燈籠』平成15年の納涼歌舞伎で見て以来。すっかり忘れてしまっているので原作を読んでから行こうか見てから読もうかちと悩みましたけれど、大西バージョンは原作とはちょっと違うようなので一度見てから読むことにしました。

続きを読む "10月歌舞伎座初日 夜の部"

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2007年10月 2日

はやばやと

はやばやと
歌舞伎座の大間に12月の公演の演目が掲載されていました。ポスターも何カ所か張られていましたので、近々サイトにも掲載されると思いますが、自分用のメモとして記載しておきます。

12月2日(日)初日~12月26日(水)千穐楽
【昼の部 】

1.鎌倉三代記
  佐々木高綱・・・三津五郎
  三浦之助・・・橋之助
  時姫・・・福助

2.鬼揃紅葉狩
  鬼女・・・玉三郎
  山神・・・勘太郎
  鬼女・・・門之助、吉弥、 笑也 、笑三郎、春猿
  従者・・・猿弥 、右近
  平維茂・・・海老蔵

3.筆屋幸兵衛
  筆屋幸兵衛・・・勘三郎
  車夫三五郎・・・橋之助
  巡査民尾保守・・・獅童
  おむら・・・福助

【夜の部 】
1.寺子屋
  松王丸・・・勘三郎
  源蔵・・・海老蔵
  戸浪・・・勘太郎
  千代・・・福助

2.粟餅
  杵造・・・三津五郎
  臼造・・・橋之助

3.ふるあめりかに袖はぬらさじ
  お園・・・玉三郎
  藤吉・・・獅童
  亀遊・・・七之助
  マリア・・・福助
  イリウス・・・弥十郎
  多賀谷・・・段治郎
  飯塚・・・勘太郎
  松本・・・門之助
  小山・・・橋之助
  岡田・・・三津五郎
  岩亀楼主人・・・勘三郎

歌舞伎衣装模様絵師さんのブログ「きままに写楽」さんのところに、海老蔵さんの松王丸の衣装を作ることになったという記事が載っていたので、来年か再来年に寺子屋がどこかでかかるんだろうなとは思っていたのですが、その前に源蔵さんでした。

個人的には、昼の部の「鬼揃紅葉狩」が一番気になります(^^)。玉三郎さんとは久々の共演ですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年10月 1日

待てば日より その2

Photo_2 1年以上前から探していた『観世寿夫 世阿弥を読む 』をやっと手に入れました。「観世寿夫著作集」から世阿弥について書かれたものを再編集したもの。一度図書館で借りて読んだけれど、手元において少しずつ時間をかけて読みたかったので探していました。

たまにAmazonのユーズドで見かけるものの定価の数倍の値段。そこまで欲しい本ではないけれど、できれば手元においておきたいので、普通の単行本くらいの値段だったら購入するつもりでした。

ちょうど一年前にやはり絶版だった「能楽囃子方五十年-亀井忠雄聞き書き-」を気長に探して手に入れることができたので、こちらも時間をかけて探すことにしました。待てば日より。最近、ほぼ新品の本をほぼ定価で購入することができました。(^^)v 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »