« はやばやと | トップページ | ちゅうちゅうたこかいな »

2007年10月 3日

10月歌舞伎座初日 夜の部

というわけで、さっそく、初日の夜の部に行ってきました。

『牡丹燈籠』平成15年の納涼歌舞伎で見て以来。すっかり忘れてしまっているので原作を読んでから行こうか見てから読もうかちと悩みましたけれど、大西バージョンは原作とはちょっと違うようなので一度見てから読むことにしました。

圓朝役の三津五郎さん、ちょっとかんだところもありますが、本職にもひけをとらないほどのなかなかの落語家ぶり。吉之丞さんのお米さんは、もう幽霊そのもの。って幽霊は見たことないですが(^^; 吉之丞さんのお米さんを見られただけで満足。(今回、ちょっと照明が暗いような気がしました)

玉三郎さんの白塗りでないお役は久々というよりも初めてかもしれません。とても新鮮。浴衣一枚だと仁左衛門さんよりもがっちりと見えます。仁左衛門さんの片足を持ってズルッと引っ張るところなどは、思わずニッとしてしまいました。(^^) 二幕目の夜更けの関口屋の夫婦げんかの場面で、玉三郎さんの喧嘩っぷりに周囲の奥様方が共感を持たれたようで、かなりウケていました(^^; 長年コンビを組まれているお二人ならではの息の合った掛け合いも見どころでしょうか。

もう一組の源次郎とお国コンビは、まだ、ちょっと息が合わないところもあるようです。お国の吉弥さんが少し遠慮されているのでしょうか、悪女の雰囲気が少し薄いような感じがします。

幕切れですが、新聞のインタビュー記事で、仁左衛門さんが最後の幕切れをどうするか迷っているということをおっしゃていましたが...今回は脚本どおりにされたようです。

初日なので、全体的に台詞や動きがちょっと??と思うところもありましたが、期待に違わず楽しむことができました。楽日近くにもう一度行く予定なので、それまでにどう練り上がっているかが楽しみです。

『奴道成寺』 三津五郎さんですので悪かろうはずがありません。所化のジュニアチームもそれぞれに一生懸命踊っていました。ただ、土曜日にお能の「安宅」での鼓(小鼓:大倉源次郎さん、大鼓:河村総一郎さん)がまだ耳に残っているせいか、囃子がちょっと間が抜けて聞こえてしまいました。所化の大人チームの玉雪さんと功一さん(玉三郎さんのお弟子さん)が名題昇進されたそうで、三津五郎さんからそのご披露がありました。ロビーにも写真とご挨拶が出ていました。

席:3F1列目ほぼ中央寄り

|

« はやばやと | トップページ | ちゅうちゅうたこかいな »

「歌舞伎」カテゴリの記事

コメント

>kirigirisuさま
早々の詳報ありがとうございます。素敵な3組のカップルが楽しみです。
>浴衣一枚だと仁左衛門さんよりもがっちりと見えます。
オホホホホです。
>悪女の雰囲気が少し薄いような感じがします。
錦之助丈は原作ではとことんヘタレのお役。お国は,おみねより若く妖艶という設定。楽しみです。

投稿: とみ(風知草) | 2007年10月 3日 01:20

おぉ~、初日おめでとうございます、ですね。1日に御園座、2日に歌舞伎、そして今日3日がいよいよ国立、と各座で開幕ですね。今月は更に6日から三越…と、大忙しですね(笑)。
初日情報、そして12月情報もありがとうございました。
「牡丹燈籠」はもちろんなのですが、「奴道成寺」もとっても楽しみです。(ジュニアチームが早く観たいっ!)

投稿: はなみずき | 2007年10月 3日 07:09

わたしも、幕見で「奴道成寺」拝見してました。
おっしゃる通り、お囃子さんが・・・。
朴清先生が旅立たれ、劇団音楽部も名古屋と別れているはずなので、やはり厳しいのかなぁ・・・と思いました。

三津五郎さまの踊り、悪いはずはないのですが、最初の能がかりのところが最近、お能を見始めたせいか、ちょっと・・・。
ま、初日ですので、地方さんとの息もまだでしょうし(他にもちょっとありましたし)、今後に期待したいと思います。
これは、幕見に通います!(笑)。

「牡丹燈籠」は、夜の部を通して拝見するのが月半ば過ぎなので、その前に、幕見しようかな?と考えております(Webに戻りでいいお席が出れば、その前に拝見したいのですが・・・)。

投稿: おまさ | 2007年10月 3日 08:48

とみさん、こんにちは。

錦之助さん、情けなくヘタレていました。お国さんは、吉弥さんのお人柄が出てしまうせいでしょうか、とても気の良い人に見えてしまいました。あくまでも初日に拝見した印象ですので、これからどんどん変わっていくことと思います。若いカップルの方は、ついついお米さんに目がいってしまって...(^^; 

個々の初日のグダグダ感は否めないものの、枠組はかっちりしているので日ならずして完成度の高いものになると期待しています。(^^)

投稿: kirigirisu | 2007年10月 3日 12:37

はなみずきさん、こんにちは。

今月は、東京で4座。お正月なみにあっちもこっちも初日続きでおめでたいことですね。でも、見に行くと決めたもの以外に目移りしないようにできるだけ目をつぶっているようにしないと、懐具合がめでたくなくなっちゃいそうです(笑)

奴道成寺の所化のジュニアチームの一生懸命さが良いですよ(^^)

投稿: kirigirisu | 2007年10月 3日 12:51

おまささん、こんにちは。

踊りのことはよく分からないのですが、囃子がなんだか気が抜けたような感じがしました。朴清さんがいらっしゃらなくなったことも大きいと思いますし、名古屋、歌舞伎座、演舞場を初めとして今月はあちらこちらで歌舞伎公演があるため地方さんが手薄になっていることもあるんでしょうね。

まだ初日ですので、これからに期待ですね(^^)

投稿: kirigirisu | 2007年10月 3日 13:12

こんばんは、拙ブログへの早速のコメントありがとうございました。
実は、昨日すれちがっていました・・・お声掛けしたのですが、気が小さくて(^^;気付いていただけず・・・失礼しました。

ワタシはあんまりにも期待しすぎていたので、今日になれば「初日だし・・」と牡丹燈籠については思えるのですが、個人的にぜひどうにかしていただきたいのは源次郎お国の死ぬ場面の蛍、それと最後の殺し場にぜひ附けの音がほしいこと・・・でございます。かなわぬ夢かも(^^;

道成寺はどうなることでしょうか。音が上に響く歌舞伎座の三階で聞いていてもヘタレ道成寺でしたよね(←超辛口でスミマセン)。あの、三味線の聞かせ場でも一ミリも拍手が起きなかったのもある意味すごいことかと思いました。土曜日、再確認してきます。

投稿: coco | 2007年10月 3日 23:00

ひょえぇ~!!cocoさんと昨日すれ違ってお声をかけていただいたんですね。全く気が付かずに大変失礼をいたしました(滝汗) 
時々というかよくというか(^^;、他のことに気を取られているとこのような失礼なことをしでかします。本当に申し訳ありませんm(. .)m

初日は、多少のことはしょうがないかなという気持ちで見ているのですが。長唄さんが全体的にちょっとお疲れモードというか気が抜けているというか...ド素人のわたしでも?でしたものね。あちこちで小屋を開けるのは結構なことですが、地方さん達のことも考慮した狂言立てを考えていただきたいものですね。

それにしても、昨日は本当に失礼しました。m(. .)m 重ねてお詫びいたします。

投稿: kirigirisu | 2007年10月 3日 23:53

初めまして。いつも情報を愉しませて頂いております。
4日の道成寺、立長唄のあまりのひどさに腹が立ち
帰途、受付の男性に文句を言ってしまいました。
演舞場で連獅子を観た後でしたので、囃子を含め
レベルの低さが気になり、踊りに集中できず残念でした。
三津五郎さんがお気の毒です。もう一度行くのは
あの演奏では?です。
「ちゅうちゅうたこかいな」は笑いました。

投稿: ユキ | 2007年10月 5日 11:21

ユキさん、はじめまして。コメントありがとうございました。

4日にご覧になった「奴道成寺」も、初日と同じようだったんですね...(^^;
ド素人のわたしでさえ?と思ったのですから、
よくご存じの方は、さぞかし...とお察しします。
そういう環境の中で踊られている三津五郎さんもお気の毒ですね。

投稿: kirigirisu | 2007年10月 5日 18:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21013/16643727

この記事へのトラックバック一覧です: 10月歌舞伎座初日 夜の部:

« はやばやと | トップページ | ちゅうちゅうたこかいな »