« あら、いつのまに? | トップページ | 月遅れ »

2007年10月19日

錦秋演舞場祭り 昼の部

一番最初の「俊寛」には間に合わず。「連獅子」と「文七元結」を拝見。どこかは確認していませんが、撮影クルーが入っていました。

中村屋親子の「連獅子」は、テレビ番組で紹介されているのを見たことがあるだけで生を見るのは初めて。親獅子も子獅子も元気一杯。3人揃っての毛振りは、最初はきれいに揃っていましたけれど、途中から勘三郎さんと七之助くんが直線的に毛を前に持ってくるように変えたようでした。勘太郎くんだけが最後まで円を描くように毛を回していました。長唄もお囃子もバッチリで大満足の一幕でした。今回は、他にもあちこちと物いりのため3階席にしましたが、次の機会には、ぜひとも1階から見たいと思います。

「文七元結」は、山田洋次監督演出とのことですが、ちょっとテンポが遅いような気がしました。勘三郎さんの世話物って意外とウェットな感じがするので余計にそう感じたのかもしれません。こういうお話は、なんだか分からないけれど泣いて笑って面白いで良いのではないかと思うので、個人的な好みですが、もうちょっとカラっとテンポ良く進んだ方が面白かったのではないかと思います。そういう意味では、今回の扇雀さんのお兼さんはとても好きです。

小山三さんの花魁姿には脱帽でございます。綺麗なことも驚きですがそこに流れる空気が違いますものね。こういう雰囲気を出せる役者さんは本当に貴重ですよね。

「文七元結」のときは、大向こうはさほど気にならなかったのですが、「連獅子」のときは、「中村屋華左衛門」かと思うくらい(^^;;で、素晴らしい踊りであっただけに、あまり連発するとなんだかかえって逆効果なんじゃないでしょうか。お一人、大向こうというよりもヤジを飛ばしているように聞こえる方がいたので余計にそう感じました。

席:3F1列目下手寄り

|

« あら、いつのまに? | トップページ | 月遅れ »

「歌舞伎」カテゴリの記事

コメント

kirigirisuさん、ご無沙汰しています。
実は私も19日に演舞場の昼の部へ行っていたんですが、お目にかかれず残念でした。
扇雀さんのお兼、声も自然で良かったと思いました。
テレビ録画があったせいか、大向こうも滅茶苦茶はりきっていたようです。その中にまるで叱り付けるような調子の大声を掛ける方がいたのは、がっくりでしたね。

投稿: yuki | 2007年11月 2日 08:35

yukiさん、こんばんは。
こちらこそ、ご無沙汰しております。
19日は、お目にかかれずに残念でした。

踊りのときの怒声のような声は、ちょっと興ざめでした。
盛り上げようという気持ちは分かるのですが、
せっかくの踊りの雰囲気を壊すようでは本末転倒なの
では...。

投稿: kirigirisu | 2007年11月 2日 20:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21013/16810649

この記事へのトラックバック一覧です: 錦秋演舞場祭り 昼の部:

« あら、いつのまに? | トップページ | 月遅れ »