« 2008年壽初春大歌舞伎 | トップページ | 空耳「月も朧に...」 »

2007年11月17日

案ずるより産むが易し

かなり前から左上の奥歯の虫歯と右下の親知らずをなんとかしなければと思いながらも、なかなか歯医者さんに足が向かない。というのも数年前に左下の親知らずを抜いたときに、少々痛い目にあったのでつい二の足を踏んでしまう。抜く前は、真っすぐに上に生えているので簡単に抜けるという話だったのに、実際は1時間以上も悪戦苦闘...(--; 最後には顎の骨を削らなければならないかもしれないとか言い始めるし...思い出すだけでも痛くなる。

虫歯を治しに行くと右下の親知らずも抜くという話になるに決まっているので、グズグズしていたのだが、ここ2~3日虫歯がツクツクするので思い切って行くことにした。とはいえ、以前かかっていた歯医者さん(親知らずを抜いたところ)はどうも行く気がしない。と言っても、どこに行ってよいやら...。あれこれ迷った末、代替わりして結構丁寧に見てくれるという家の近くの歯医者さんに○十年ぶりに行ってきた。

いやぁ~この数年の間に歯医者さんの機械がかなり進歩していてびっくり。レントゲンを撮るのも簡単だし、撮った写真が目の前の液晶画面に表示される(なんでここに液晶画面があるんだろうと不思議に思っていた(^^;) そのレントゲン写真を見ながら、どういう治療をするのかを説明してくれるので、これから何をされるのかが分かるので安心する。

そして、やっぱり親知らずは早々に抜いた方が良いという話に(^^;  この歯医者さんならいいかなと思いながらも、以前の経験を話したところ、右も左と同じような感じになる可能性があるので、近くの大きい病院の口腔外科を紹介してくれることになった。

早めに行くにこしたことはないのだけれど、かなり切羽詰まらないとなかなか歯医者さんには足が向かないもの。でも行けば、それなりの道は開けるようだ(^^)

|

« 2008年壽初春大歌舞伎 | トップページ | 空耳「月も朧に...」 »

「つぶやき」カテゴリの記事

コメント

最近の歯医者は進歩してますよね。私の行っているところも、治療台に1台1台パソコンの液晶画面がくっついていて、自分の骨を見ることができます。
歯の治療って、やっぱりぎりぎりにならないと行かないものですよね~。

投稿: SwingingFujisan | 2007年11月22日 18:23

SwingingFujisanさん、こんばんは。

早く治療すれば痛い思いをしないで済むとは分かっているんですが、切羽詰まらないとなかなか歯医者さんに足が向かないですよね(^^; 

投稿: kirigirisu | 2007年11月22日 21:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21013/17101546

この記事へのトラックバック一覧です: 案ずるより産むが易し:

« 2008年壽初春大歌舞伎 | トップページ | 空耳「月も朧に...」 »