« バイオリンロボット | トップページ | 来年のこんぴら歌舞伎 »

2007年12月 8日

語り初め

6日の海老蔵さんのお誕生日に出演された『めざましテレビ』 録画するのをすっかり忘れていて見損なってしまったので、その代わりというわけではないけれど、海老蔵さんのインタビュー記事が載っている『婦人画報1月号』を購入。

内容は、お正月の『雷神不動北山櫻』のことが中心。これまでのインタビュー記事と比べて、伝統を継承し、それを次代に渡すことを強く意識し始めていることが言葉の端々にうかがえる。ご本人の弁によると、市川宗家を継ぐ者としての自覚は、時期がくると突然そういうことを考えるように本能にプログラミングされているのかもしれないとのこと。これまでは伝統を受け継ぐ者としての重圧のようなものを語ることはあっても、次代につなげるとか受け渡すということを言うことはほとんどなかったように思う。やはり、お年頃ですし、30代に突入して先々のことを考えるようになったんでしょうかしらん (^^) 

記事の終わりに『雷神不動北山櫻』についての見どころなど5つのポイントに分けてを紹介されている。海老蔵さんが言うように歌舞伎は筋が分かっていても面白いというか、あらかじめ筋が分かった方が分かりやすい。わたしは、ネタバレは全然気にしない方なのだけれど、実際にどうなるかはまだ分からないようだが、それは書いて欲しくなかったということがちょっと書かれていたのが残念。(とワケが分からないことを書いているが、たぶん書かない方が良いと思うので省略(^^;)

|

« バイオリンロボット | トップページ | 来年のこんぴら歌舞伎 »

「つぶやき」カテゴリの記事

「歌舞伎」カテゴリの記事

コメント

なるほど~
婦人画報は、要注意なのですね。買っておいて、みてから読もうっと。ご忠告感謝です。

投稿: マイチィ | 2007年12月 8日 23:59

マイチィさん、こんばんは。

人によってはあまり気にならないことなのかもしれないんですが、わたしとしては、その場で「あら?そうなの」という感じで見たかったのでした。(^^;

投稿: kirigirisu | 2007年12月 9日 00:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21013/17312406

この記事へのトラックバック一覧です: 語り初め:

« バイオリンロボット | トップページ | 来年のこんぴら歌舞伎 »