« ヲヒヤリその16 一噌幸弘笛づくし第に夜 | トップページ | 来年こそ改めたいこと »

2007年12月28日

駅前の本屋さん

駅前に2軒あった本屋さんのうちの1軒が2~3年前に店じまいしたのに続いて、もう1軒が今年一杯で閉店することになった。町の小売書店の経営が厳しいとは聞いてはいたけれど、まさか、2軒とも駅前から姿を消すことになるとは...。特に、今回閉店するお店は、町の本屋さんにしてはなかなかの品揃えで、わたしも長年利用していたし、地元にしっかり根付いている本屋さんだとばかり思っていただけに残念。

残念といいながらも、考えてみれば、わたしも最近はもっぱら大型書店やアマゾンなどで購入することが多くなっている。売上に対する貢献度はしれているにしても、もう少し利用していればとは良かったかな。とは、思うものの、ベストセラー、文庫本や雑誌以外は大型書店でなければ手に入らないことも多いし、急ぎで必要なものは取り寄せてもらうのを待っている時間もないし...。

駅前の本屋さんは、目的があって買い物をするというよりも、電車から降りて、あるいは近所の買い物のついでにふらっと入ってなにかないかなと物色するのが楽しみだった。これからは、そういうことができなくなくなってしまうので、ちと寂しい。

|

« ヲヒヤリその16 一噌幸弘笛づくし第に夜 | トップページ | 来年こそ改めたいこと »

「つぶやき」カテゴリの記事

コメント

町の書店は本当にきびしいようですね。書店に限らず、大型店での値引き、ポイント制には、一般小売店は太刀打ちできませんものね。薬局なんかもよくやっているものだと思います(調剤薬局も大型店が進出していますから)。
地元の一般小売店への貢献度は私も低いのですが、長年目に馴染んでいた店が消えるのは寂しいですね(地域経済上はもっと深刻なことだと思いますが)。

投稿: SwingingFujisan | 2007年12月29日 23:12

SwingingFujisanさん、こんにちは

書店や薬局もそうですが、近所の八百屋さんと魚屋さんも相次いで店じまいしました。両方とも高齢になって体力的厳しいことと後継者がいないためということでした。スーパーに行けば一つの場所でいっぺんに買い物ができるのは便利ですけれど、対面で買い物する個人商店が姿を消していくのは寂しいですねぇ...

投稿: kirigirisu | 2007年12月30日 11:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21013/17503765

この記事へのトラックバック一覧です: 駅前の本屋さん:

« ヲヒヤリその16 一噌幸弘笛づくし第に夜 | トップページ | 来年こそ改めたいこと »