« ちょこっと演舞場 | トップページ | 三月大歌舞伎の演目 »

2008年1月11日

朧夜ノ桜

Photo 昨日、「居眠り磐音 江戸双紙」の最新巻「朧夜ノ桜」と「居眠り磐音 江戸双紙読本」を購入。東銀座への道中往復を含めて並行してざっと読み終えました。これから、じっくり読み返します。「読本」の中で佐伯泰英さんがおっしゃっているように、この巻から磐音さんの新たな第二の人生がスタートしたようです。タの字さんが失脚するまで、まだまだ間がありますから前途多難の日々が続くんでしょうか。

「読本」は地図付きなので、地図好きとしては、それを見ているだけでも楽しいです。地図を見るにつけ時代小説を読むにつけ、江戸の町は、非常に水路が発達していた町なんですね。

|

« ちょこっと演舞場 | トップページ | 三月大歌舞伎の演目 »

「本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21013/17658251

この記事へのトラックバック一覧です: 朧夜ノ桜:

« ちょこっと演舞場 | トップページ | 三月大歌舞伎の演目 »