« 玲圓先生がかなくぎ惣三郎?! | トップページ | 嵐を呼ぶ女 »

2008年2月27日

2008年三響会@南座

5月27日(火)と28日(水)に京都南座で行われる三響会の出演者と演目が決定(→こちら)。歌舞伎美人のサイトにアップされました。

公演日時:27日(火)14時開演、18時開演
       28日(水)13時開演、17時開演

今年は、東京で三響会の公演はないそうなのでちと心が揺れるのですが、5月は、歌舞伎座、演舞場、コクーン(チケット入手済)、鼓童(チケット入手済)でたぶん手一杯。3月に獅子虎傳阿吽堂@世田パブの公演があるので、わたしは、このちらしは見なかったことに...happy01

|

« 玲圓先生がかなくぎ惣三郎?! | トップページ | 嵐を呼ぶ女 »

「伝統芸能」カテゴリの記事

コメント

もう、まったく、心惹かれる公演ばかりで、たまりませんねsmile。私もkirigirisuさんご同様、コクーンのチケットもゲットしましたし、ほかにも色々あって、5月は手一杯。やっぱりチラシは見なかったことにしますわ。
3月の世田パブ、スケジュールが合わなくて、涙をのみました。kirigirisuさんのご報告を期待しております。

投稿: SwingingFujisan | 2008年2月27日 15:04

SwingingFujisanさん、こんにちは

どうしてなんでしょうね。見たいものっていつも同じ月に固まっちゃうんですよね。お願いだから他の月にしてって言いたくなります(笑)

3月の下旬の世田パブは無理矢理入れちゃいました。本当に行かれるんでしょうかsweat01

4月も同じような感じですので、3月~5月は、結構綱渡り状態です。親知らずを抜かなくてはいけないのですが、歯医者さんには3月~5月は色々と忙しくて時間がとれないと言ってありますcoldsweats01

投稿: kirigirisu | 2008年2月27日 17:33

kirigirisuさん、こんばんは。

しっかりチラシ目に焼き付けました(笑)。
いや~~~楽しみですね~~。
1年前から私の予定表には「三響会」の文字があったので、
演目と出演者の発表が待ち遠しくて・・・・。
チケットが取れたら(^^;ぜひ行きたいのですが、
昼夜観たらうちに帰れません・・・そこが悩みです。

投稿: rika | 2008年2月27日 21:04

こんばんは~。私は松竹座の千穐楽でチラシを頂いてきました…。5月、というだけで、もう手一杯!(もちろん、各座千穐楽を迎えてはいるでしょうけど、お財布が…。)と思い、私もやはり「知らなかったこと」にしました。kirigirisu様、レポよろしくお願いしますwink
親知らずを抜かれるとのこと。大変ですね~…。

投稿: はなみずき | 2008年2月27日 21:41

どうしましょう!…って、5月に三響会があることはずいぶん前からインプット済みpunchなんですが…。確かに5月は観たい公演山盛りで迷ってしまうー。。。(でも行っちゃうような気がしますわ京都にcoldsweats01
獅子虎傅阿吽堂@世田谷パブ、私も参ります。こんどは昼の部…またすれちがいかしらん?

投稿: mami | 2008年2月27日 22:05

rikaさん、こんばんは

わたしはしっかりと目をつぶっていますbearing(笑)

>昼夜観たらうちに帰れません・・・そこが悩みです。
flair夜と昼を見たらいかがでそ?(笑)

投稿: kirigirisu | 2008年2月27日 22:48

はなみずきさん、こんばんは

4月にはこんぴら歌舞伎もあるので、5月の終わりまで行き着くかどうかcoldsweats02その頃は、時間も懐具合も青息吐息でしょう(笑)

親知らずは今のところ大丈夫なんですが、いずれ近いうちには抜かないといけないんですよねぇ...

投稿: kirigirisu | 2008年2月27日 22:59

mamiさん、こんばんは

5月の京都は青葉がきれいな季節ですので、4月に遠征予定がなければ行きたいところなんですが...今年は、京都はお花見cherryblossomでガマンすることになりそうです。

あはっ!わたしは今度は夜の部です。またすれ違っちゃいますね。レポよろしくです。って今から他力本願coldsweats01

投稿: kirigirisu | 2008年2月27日 23:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21013/40284976

この記事へのトラックバック一覧です: 2008年三響会@南座:

« 玲圓先生がかなくぎ惣三郎?! | トップページ | 嵐を呼ぶ女 »