« 映画『歌舞伎役者 片岡仁左衛門』の上映 | トップページ | ご同朋に朗報 »

2008年2月 9日

新派120年記念公演

6月の演舞場は新派120年記念公演ということで、周知のとおり仁左衛門さんが昼の部の「婦系図」、團十郎さんが夜の部の「鹿鳴館」にそれぞれに出演されます。

新派というと、どうしてもおばさま方がご覧になるものというイメージが強く、これまで一度も見たことがありません。(わたしも世間一般には「おばさん」カテゴリーのど真ん中なんですが...coldsweats01) 単なる食わず嫌いという理由で新派を見たことがないので、6月はちょうど良い機会なので劇場に足を運んでみることにしました。(たぶん、鹿鳴館の方は大丈夫そうですが、婦系図は苦手系なので仁左衛門さんがご出演ですが、まだ迷ってます)

とうだうだ迷っていたらば、愛之助さんも、8月に三越劇場での新派120年記念花形新派公演「紙屋治兵衛」(8月10日~26日)に出演される模様(三越劇場のサイトより)。新派も「花形」っていうんですね(^^)

余談ですが、歌舞伎の場合、「花形役者」とは、若い人気役者のことを言うのだと認識しています。なので、サライの1月17日号の歌舞伎特集の中で、大看板のお歴々を「花形役者」と称しているのには仰天しました。言わんとしている意味は理解できますが、どこをどう考えても雀右衛門さん、藤十郎さん、芝翫さんは「花形」とは考えられませんぬ...coldsweats02

|

« 映画『歌舞伎役者 片岡仁左衛門』の上映 | トップページ | ご同朋に朗報 »

「歌舞伎」カテゴリの記事

「演劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21013/40060198

この記事へのトラックバック一覧です: 新派120年記念公演:

« 映画『歌舞伎役者 片岡仁左衛門』の上映 | トップページ | ご同朋に朗報 »