« 2008年歌舞伎鑑賞教室@国立劇場 | トップページ | 新派120年記念公演 »

2008年2月 7日

映画『歌舞伎役者 片岡仁左衛門』の上映

いつもおじゃましているyaeさんのところで教えていただきました。久々に東京で『歌舞伎役者 片岡仁左衛門』が上映されます。ご存じの方も多いと思いますが、この映画は、十三代目片岡仁左衛門さんの晩年の84才から亡くなるまでの7年間を追ったドキュメンタリー。上演時間は、全部で約11時間と長いものですが、6部に分かれています。2~3年前に東中野の映画館で上演されたときに、諸々の都合で1巻と2巻だけしか見ることができなかったので、まさに「まってました!」という感じです。今回は、ぜひとも全編制覇したいと思っています。

【追記】2月9日
mamiさんのところで教えていただきました。この映画の問い合わせが非常に多く、2月25日から座席指定の予約が行われるようです。(各回につき15枚まで)。予約についての詳細は、映画館のサイトをご覧ください。

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

上映期間:3月8日(土)~3月28日(金)

場所:
短編映画館トリウッド
(タイムテーブルは映画館のサイトでご確認ください)
   

上映作品:(東京新聞のサイトにも紹介されています)

◆1巻『若鮎の巻』(102分)
  上方若手の自主公演で演技指導したときの記録。
    出し物は「一條大蔵譚」「傾城反魂香」。


◆2~4巻『人と芸の巻(上・中・下)』(上94分)(中101分)(下105分)
    84 才~88才までの舞台、芸談、生活の記録。
    「伊賀越道中双六」「紙子仕立両面鑑」「寿曽我対面」「菅原伝授手習鑑」「妹背山婦女庭訓」「堀川波の鼓」「鬼一法眼三略巻」
  

◆5巻『孫右衛門の巻』(86分)
 1989年歌舞伎座での「恋飛脚大和往来」の稽古と舞台。

◆6巻『登仙の巻』(158分)
  88才~90才までの舞台舞台、生活の記録。
  「楼門五三桐」「江戸絵図両国八景」「元禄忠臣蔵」「菅原伝授手習鑑」「寿曽我対面」「口上」「三略巻」「八陣守護城」。

<料金>
 1作品 一般1,300円 学生・シニア1,000円
 3作品チケット 一般3,000円(学生2,500円)

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

晩年の十三代目の舞台を拝見しているハズなのですが、なにせその頃は、わたしも若かったし、ついつい若い役者さんにばかり目がいってしまって(今も大して変わりませんがsweat01)ほとんど記憶に残っていません。映画を拝見して、なんてもったいないことをしたものか大後悔しました。また、画面を通して役者としてまた一人の人間として一本筋の通った生き様に触れ、背筋がシャンとする思いでした。プライベートで見せるお顔も、こう言っては失礼かもしれませんが、非常にチャーミングで魅力的。今や日本ではお目にかかることも少なくなった「ダンディ」とか「紳士」という言葉がぴったりと似合う方です。ぜひとも多くの方に見ていただきたい映画です。

|

« 2008年歌舞伎鑑賞教室@国立劇場 | トップページ | 新派120年記念公演 »

「映画」カテゴリの記事

「歌舞伎」カテゴリの記事

コメント

kirigirisuさん、こんばんは。

十三代目さんの映画、楽しみですね。
何度も見ているのですが、毎回色々な発見があります。

十三代目さんだけではなく、亡くなられてしまった懐かしい役者さん達との再会もこの映画の楽しみです。

十三代目さんの素顔のイメージは何故かずっと「英国紳士」で「伊左衛門」でした。
本当に大変失礼とは思いますが、格好良くて可愛らしくて。
そして誰よりも歌舞伎を愛してらして。
是非、多くの方にご覧頂きたい映画です。

投稿: yae | 2008年2月 7日 01:00

yaeさん、こんばんは

yaeさんのところで映画が上演されるという記事を拝見して思わずscissors

自主公演の「一條大蔵譚」のお稽古でお弟子さんに「いなしゃませ」を何べんも繰り返し教えていらしたのが今でも鮮明に記憶に残っています。

十三代目さん以外にも実川延若さんや助高屋小伝次さんの懐かしいお顔もありましたね。

普段は関西弁でお話されているのに、東京のご贔屓の方々との集まりでは、東京弁でお話されているのがとても微笑ましく感じました。本当に魅力的な方です。

今回、なんとか全編制覇したいと思っています。

投稿: kirigirisu | 2008年2月 7日 01:33

おはようございます。

とっても嬉しい情報、有難うございます!
東中野の時は全く見にいけなかったので
も~、絶対今回は全制覇します!
ふんが~~(→興奮の荒い鼻息)

教えてくださって有難うございました♪

投稿: よんたん | 2008年2月 7日 10:32

よんたんさん、こんにちは

なかなか上演される機会が少ないので
ホントに嬉しいです(^^)
平日午後8時からの上演もあるので
お勤めの方にも便利ですよね。

わたしも全制覇すべく作戦たてなくっちゃsign03

投稿: kirigirisu | 2008年2月 7日 13:53

私もひそかにチェックしていました。
一日3本観ても2日かかるんですよね。なんとかスケジュールをあけて、行くぞ〜!と、今から鼻息荒くしています。笑。
お互い、制覇できるといいですね。

投稿: mami | 2008年2月 9日 12:35

mamiさん、こんばんは

3月のシモキタ近辺は鼻息の嵐typhoonですね(笑)上演機会が少ないですので、ホントお互いになんとか全編制覇できると良いですね。

1日3本というのもなかなかキツイものがありますが、これだけの長編を見るには勢いが必要かもしれませんねhappy01

投稿: kirigirisu | 2008年2月 9日 20:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21013/40018239

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『歌舞伎役者 片岡仁左衛門』の上映:

« 2008年歌舞伎鑑賞教室@国立劇場 | トップページ | 新派120年記念公演 »