« 七月の歌舞伎座 | トップページ | マジにヤバイ »

2008年4月24日

なんだか呼ばれているような気が...

先ほど、久々に日本芸術文化振興会のトップページをみたら、「アノ名作に影響を与えた能とは」という見だしが。なんだろう?とクリックしたら5月16日の定例公演のお知らせ。能「碇潜<いかりかづき>」は、碇知盛の原型となったと言われているお能だそうです。

「碇潜」は、観世流と金剛流だけに伝わるもので上演回数も少ない上に、今回は小書き「船出之習」つきで国立能楽堂では初めてだそうです。へぇ~と思いながら、どなたがなさるんでしょうと国立能楽堂のサイトに行ってみたら、大鼓に亀井忠雄さんのお名前が...なんか呼ばれているような気がしないでもないような(笑)同じ月に、お能から頂いた題材の歌舞伎と題材となったお能がかかることはめずらしくはないですが、あまりお能ではかからない演目となると考えてしまいます。うぅ~ん、しかし、どないしよう。5月はただでさえ手一杯なのに...

|

« 七月の歌舞伎座 | トップページ | マジにヤバイ »

「つぶやき」カテゴリの記事

コメント

kirigirisuさま
あたくしも、気になりましたわ。中正面があったら・・・と思ったのですが、ありませんでした。
我慢せよってことかしら?
でも、定例公演は、演者主催の公演と比べると、良心的なお値段設定ですものね。
悩ましい。

投稿: マイチィ☆ | 2008年4月24日 23:23

マイチィ☆さん、こんばんは

ネットで席がなくても、電話するとまだあるかもしれませぬ。と明日電話する気になっているわたしcoldsweats01国立能楽堂は良心的なお値段ですので、つい手を伸ばしたくなるのが玉にキズ?!気が付かなければよかったのですが(笑)

しかし、これに行くとなると歌舞伎座の夜の部と演舞場の昼の部をどこに入れるかが問題...はぁ~

投稿: kirigirisu | 2008年4月25日 00:00

あっ。わたくし行くことにしております。
あんまりかからない曲ですが、やはり歌舞伎の原曲とあれば観てみたい。それに大鼓の亀井忠雄さんには惹かれますものね。
チケット、とれるといいですね。

投稿: mami | 2008年4月25日 08:14

mamiさん、こんばんは

そもそもは国立劇場の催しでなにか新しい情報がないかなと思って、トップページに行ってみたのがウンのつき?!これこそまさしく「想定外」(笑)

めったにかからない曲ということもあるし、碇知盛の話が好きなので、やっぱり行くことにしました。(^^) 今日、歌舞伎座の昼の部の幕間に電話してゲットしました。

投稿: kirigirisu | 2008年4月25日 21:11

いつもブログを楽しみに拝見しております!!
このブログを見て、急遽、私も国立能楽堂へ行くことにしました!!!情報ありがとうございます。最近お能はすっかりご無沙汰してまして。地元の横浜能楽堂には狂言のお手頃な会が毎月催されていまして、たまに参っているのですが・・・
私も碇知盛は、好きなお話の一つですので、興味深く期待しています。
またまた、何かkirigirisuさんの心に響く情報があれば、ぜひぜひブログで紹介してください。

投稿: enachan | 2008年4月25日 22:41

enachanさん、はじめまして。

コメントありがとうございました。お役に立ててなによりです(^^) 

なにせお能超初心者なもので、色々と見逃すことが多いのですが、今回は、かろうじてアンテナにひっかかりました。

ほとんど自分が興味あることしか書いておりませんので、かなり偏っておりますが、今後ともどうぞよろしくお願いいたしますm(. .)m

投稿: kirigirisu | 2008年4月26日 21:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21013/40981985

この記事へのトラックバック一覧です: なんだか呼ばれているような気が...:

« 七月の歌舞伎座 | トップページ | マジにヤバイ »